information / インフォメーション

company pfofile / 会社概要

Blog / ブログ

works / ワークス

company profile

Company History

会社沿革

坂倉建築研究所は、2020年に創立80年を迎えた歴史ある建築設計事務所です。
創設者である故坂倉準三は、近代建築の巨匠として世界的に著名な建築家ル・コルビュジェのアトリエで建築を学びました。帰国後、1937年にパリで開催された万国博覧会に於いて、日本館の設計で建築部門グランプリを受賞し、日本を代表する建築家として世界にその名前が知られることになります。

その後1940年に前身である「坂倉準三建築研究所」を創設し、「神奈川県立近代美術館」などの近代建築の歴史に残る作品をはじめ、渋谷や新宿などの都市開発から個人住宅まで多くの実績を残しました。

1969年の準三の死去にともない、その弟子達は「株式会社坂倉建築研究所」と組織を改め今日に至ります。準三に続き所長を務めた西澤文隆、阪田誠造はともに日本芸術院賞や日本建築学会賞をはじめ多くの賞を受賞しております。また独立したOBの活躍もめざましく、建築家を育てる「坂倉スクール」と評されてきました。

坂倉建築研究所の建築デザインは、準三以来のモダニズムのもつ合理性への探究心を継承しつつ、大規模な都市施設から住宅まで、一貫して人間へのまなざしをもってデザインに取り組む姿勢を堅持しております。

 

1940年3月1日
坂倉準三建築研究所を創立

1948年9月1日
坂倉準三建築研究所大阪支所(現大阪事務所)を開設

1967年8月7日
合資会社坂倉建築研究所設立

1969年11月20日
代表者坂倉準三の死去により、株式会社坂倉建築研究所を設立

2012年5月22日
Sakakura Associates Hong Kong Limited 坂倉建築研究所(香港)有限公司を設立

-

Sakakura Associates is an architectural design office
that celebrated its 80th anniversary in 2020.
It was founded by Junzo Sakakura,
who studied in the Paris atelier of Le Corbusier,
one of the great masters of modern architecture.

After returning to Japan, Sakakura designed the Japanese Pavilion
at the 1937 Paris Exposition of Art and Technology,
which received the architectural Grand Prix,
gaining him worldwide recognition as one of Japan’s leading architects.

In 1940, Sakakura established his own office
and went on to design many masterpieces of modern architecture,
ranging in scale from houses to public architecture such as
The Museum of Modern Art, Kamakura and major urban development projects in Tokyo.

After the passing of Junzo Sakakura in 1969,
his followers reestablished the office as Sakakura Associates.
The office has been led by architects such as Fumitaka Nishizawa and Seizo Sakata,
whose work has been recognized by prizes
from the Japan Art Academy and the Architectural Institute of Japan.
It is also known as the office where many of Japan’s most prominent independent architects
began their careers, earning it a reputation as “the Sakakura School”.

While continuing to explore the rational modernism embodied in the work of Junzo Sakakura,
the architectural designs of Sakakura Associates are grounded in regard for the human,
in projects ranging from houses to large-scale urban development.

 

*March 1, 1940
Establishment of Junzo Sakakura architects and engineers.

*September 1, 1948
Establishment of Osaka Branch Office of Junzo Sakakura architects and engineers.
(currently Osaka Branch Office of Sakakura Associates)

*August 7, 1967
Establishment of Sakakura Architectural Office as unlimited partnership.

*November 20, 1969
After passing of Junzo Sakakura, establishment of Sakakura Associates architects and engineers.

*May 22, 2012
Establishment of Sakakura Associates Hong Kong Limited.

-

公司历程

坂仓建筑研究所在2020年迎来了创建80周年,是具有历史的建筑设计事务所。
已故创始人坂仓凖三先生曾在世界著名建筑大师勒・柯布西耶的工作室求学。
归国后,在1937年巴黎举办的世博会上,日本馆的设计获得了建筑部门最高奖,作为日本代表性建筑家而闻名世界。

后来,他在1940年创立了前身“坂仓准三建筑研究所”, 以「神奈川县立近代美术馆」等载入近代建筑历史的作品为首,从渋谷、新宿等城市开发到个人住宅都留下了很多成就。

1969年凖三先生过世后,其弟子们把组织改为「株式会社坂仓建筑研究所」直到今天。
继准三之后,担任所长的西泽文隆、阪田诚造都获得了日本艺术院奖和日本建筑学会奖等多个奖项。
另外,自立门户的OB也活跃惊人,被评为培养建筑师的“坂仓学校”。

坂仓建筑研究所的建筑设计继承了准三以来对现代主义所具有的合理性的探究心,
并从大规模的城市设施到住宅,始终保持以对人为主的态度来进行设计。

*1940年3月1日
创立坂仓准三建筑研究所

*1948年9月1日
开设坂仓准三建筑研究所大阪分所(现大阪事务所)

*1967年8月7日
设立合资公司坂仓建筑研究所

*1969年11月20日
代表坂仓准三去世后,设立了株式会社坂仓建筑研究所

*2012年5月22日
设立坂仓建筑研究所(香港)有限公司( Sakakura Associates Hong Kong Limited )