information / インフォメーション

company pfofile / 会社概要

Blog / ブログ

works / ワークス

works

Kaigan 2-chome Project

海岸2丁目計画

May 5th, 2018

concept:

都心の運河に面した唯一無二の立地。
メゾネット住戸・ファミリータイプ住戸等のバリエーションを、単に階別に水平展開するのではなく、立体展開する。
運河対岸の引きの視線に対して「都心特有のとても小さな賃貸住戸の反復」を感じさせてしまうのではなく、立面の複雑性が住戸同士の境目を消失させるような効果を生み出す。
運河側の大梁を千鳥状に抜き、2層分のスケールのストラクチャーとした点が設計の最大の特徴である。
意匠と構造が統合された設計により、新たな水辺の景観とライフスタイルを実現する空間構築の、合理的なプロトタイプの提案を目指した。

information:

竣工年:2018年
所在地:東京都港区
用途:集合住宅
建築面積:459㎡
延床面積:4198㎡
階数:地上12階
構造:RC造

(photograph)
SS東京

concept:

A housing complex project on a rare location which faces a canal in the middle of Tokyo.
The intentional removal of girders on the canal side makes the most notable characteristic of this project and made it possible to integrate its design with the structure.
The habitats are not simply arranged in a monotonous manner, but instead, each of them fills the floors not only horizontally but also vertically to create a rather complex composition that almost as if to blur the boundary lines between the units and avoids to have a look of a repeating pattern of elements in its outward appearance.
This apartment building could be a prototype of a space composition of varied unit types for various residents and their lifestyles as well as being a new part of the waterside scenery.

information:

year: 2018
location: Tokyo, Japan
building type: housing complex
BA: 459 m2
GFA: 4198 m2
floor: 12F
structure: RC

(photograph)
SS Tokyo

Seismic Isolation Retrofit of The Kanagawa Prefecture Government New Building

神奈川県庁新庁舎 免震改修+増築

April 28th, 2018

concept:

本計画の目的は、災害時における事業継続性の強化である。東日本大震災を機に耐震・津波対策として、既存3庁舎共に地下の電気関係室を地上に再配置した。新庁舎は地上にエネルギーセンター棟を増築した後、地下1階柱頭免震化を行い駐車場に改変した。併せて地上階の既存不適格分改修及び設備更新を行った。これらを居ながら工事で業務を継続し引越しを繰返す複雑な計画となった。
エネルギーセンター棟は電気関係室を3,4階に新設、下部に津波の避難場所となるぺデストリアンデッキを設置、本庁舎キングの塔を正面に望む新たな都市景観が生まれた。
このたび、仮に1棟が被災しても他庁舎からの電源がバックアップ可能となった。横浜の歴史的景観の継承と同時に、非常時の冗長性を備える庁舎に改変することも本計画の特徴である。

information:

竣工年:2018年
所在地:神奈川県
用途:県庁舎
建築面積:4,257㎡
延床面積:42,081㎡
階数:地下1階 地上13階 塔屋2階
構造:SRC造一部S造(エネルギーセンター棟:S造一部SRC造)

collaboration:
構造計画研究所

press:
新建築 2018年 4月号

>> *神奈川県庁本庁舎・第二分庁舎 改修 (2018)
>> *神奈川県庁第二分庁舎 (1993)
>> *神奈川県庁新庁舎 (1966)

(photograph)
小川重雄

concept:

information:

year: 2018
location: Kanagawa, Japan
building type: Prefectural office building
BA: 4,257 sqm
GFA: 42,081 sqm
floor: B1F/13F/Penthouse2F
structure: SRC+S (Energy Center Building: S+SRC)

collaboration:
KOZO KEIKAKU ENGINEERING Inc.

press:
SHINKENCHIKU April. 2018.

>> *Renewal of The Kanagawa Prefecture Government Main Building and The Second Annex (2018)
>> *Kanagawa New Prefectural Offices (1993)
>> *New Administration Office of The Kanagawa Prefecture (1966)

(photograph)
Shigeo Ogawa

Renewal of the Kanagawa Prefecture Government Main Building and The Second Annex

神奈川県庁本庁舎・第二分庁舎 改修

April 28th, 2018

concept:
(第二分庁舎改修工事)
本建物は平成2年に弊社にて設計された県庁舎である。耐震・津波対策として地下電気関係室と受水槽を地上へ再配置し、耐震性を強化するため制振ダンパーの設置を行った。また、内装改修、サッシ改修なども併せて行う計画となった。
(本庁舎電気室棟・受水槽棟新築工事)
津波対策として本庁舎中庭内に設備棟を別棟で増築し、電気関係室、受水槽を想定浸水高さより上へ配置する計画。また、本庁舎建物についても衛生設備(便所)、空調設備の改修を行った。

information:
竣工年:2018年
所在地:神奈川県
用途:県庁舎
建築面積:3,151㎡ / 1,248㎡
延床面積:18,388㎡ / 14,244㎡
階数:地下1階 地上5階 塔屋4階 / 地下2階 地上9階 塔屋1階
構造:SRC造、一部RC造 / SRC造、一部S造

collaboration:
構造計画研究所

press:
新建築 2018年 4月号

>> *神奈川県庁新庁舎 免震改修+増築 (2018)
>> *神奈川県庁第二分庁舎 (1993)
>> *神奈川県庁新庁舎 (1966)

(photograph)
神奈川県
小川重雄

concept:

information:
year: 2018
location: Kanagawa, Japan
building type: Prefectural office building
BA: 3,151 sqm / 1,248 sqm
GFA: 18,388 sqm / 14,244 sqm
floor: B1F, 5F, Penthouse4F / B2F, 9F, Penthouse1F
structure: SRC, RC / SRC, S

collaboration:
KOZO KEIKAKU ENGINEERING Inc.

>> *Seismic Isolation Retrofit and Extension of The Kanagawa Prefecture Government New Building (2018)
>> *Kanagawa New Prefectural Offices (1993)
>> *New Administration Office of The Kanagawa Prefecture (1966)

(photograph)
Kanagawa Prefecture
Shigeo Ogawa

Gunma Kaikan Hall Renovation

群馬会館ホール改修

December 13th, 2017

concept:

佐藤功一の設計による公会堂建築(昭和5年 / 1930年竣工)の2階ホール部分等の内装・設備の全面改修。
設計・監理担当の協同組合群馬県建築設計センター(株式会社石井設計ほか)に協力し意匠監修を行った。
また、竣工当初のホール内装のイメージの復原を図っている。
1983年の改修部分(設計監理:坂倉建築研究所・群馬県建築設計センターJV)の1階広間や3階貴賓室等の内装は継承し、設備機器の改修を行った。

information:

竣工年:2017年
所在地:群馬県前橋市
用途:公会堂
建築面積:1,318 ㎡
延床面積:4,473 ㎡
階数:地下1階 地上4階
構造:RC造

award:

第27回 BELCA賞 ロングライフ部門

(photograph)
川澄・小林研二写真事務所 (内観)
坂倉建築研究所 (外観)

concept:

information:

year: 2017
location: Gunma, Japan
building type: Public Hall
BA: 1,318 sqm
GFA: 4,473 sqm
floor: B1F / 4F
structure: RC

award:

The 27th BELCA Award (Building and Equipment Long-life Cycle Association Award) " Long-life Field "

(photograph)
Kawasumi - Kobayashi Kenji Photograph Office (interior)
Sakakura Associates (exterior)

The Garden Oriental Osaka The Music Hall West / Waiting Room

ザ・ガーデンオリエンタル大阪 ザ ミュージックホール ウェスト / 待合棟

November 1st, 2017

concept:

旧大阪市公館をブライダル施設等へ改修した「ザ・ガーデンオリエンタル大阪」に新たに独立型チャペル「ミュージックホールウェスト」と待合棟を計画した。
チャペルは池の上に大きな屋根が浮いたような外観とした。この軒の低い切妻屋根により、別棟や周囲の散策路への視線をカットし、プライベート感を確保しつつも、池や周囲の緑といった豊かな外部環境を感じられる内部空間となっている。また、ホール正面には耐風材を兼ねた集成材の格子と特注の工芸ガラスを採用し、結婚式にふさわしい象徴的な内部空間を演出した。
待合棟はチャペルと外部仕上げを揃え、スケール感を調整することで、2棟で一体的な場所になるよう計画した。

information:

竣工年:2017年11月
所在地:大阪府大阪市
用途:ブライダル施設
建築面積:105㎡/155㎡
延床面積:147㎡/185㎡
階数:1階
構造:RC+S併用造

(photograph)
志摩大輔

concept:

THE GARDEN ORIENTAL OSAKA, a wedding facility rebuilt in the original Osaka City mansion, has built newly independent chapel ”MUSIC HALL WEST” and waiting room. The church looks like a large roof that floats above the pond. With the low roof of the triangular roof, the outside sight can be cut off to ensure privacy and be experienced the rich external environment of the ponds and plants. In addition, in the front of the lobby, the laminated wood latticework, which is also a wind-resistant material and custom glass process makes the interior space symbolic for a wedding. The outside wall of waiting room wall and church use the same material, adjust the scale of feeling, so that the two buildings can be formed a complete view.

information:

year: 2017/11
location: Osaka, Japan
building type: Bridal
BA: 105 sqm / 155 sqm
GFA: 147 sqm / 185 sqm
floor: 1F
structure: RC/S

(photograph)
Daisuke Shima

ISUZU PLAZA

ISUZU PLAZA

October 18th, 2017

concept:

いすゞ自動車創立80周年記念事業の一環として計画された企業ミュージアム。
敷地はいすゞ自動車藤沢工場の隣接地。
当方設計の ものづくりサービストレーニングセンターとPLAZA annexの3棟を同一敷地に配置している。
「運ぶを支える」「くるまづくり」「歴史」の3つのテーマゾーンを有機的に関連付けるため、2層の展示室中央に大きな吹抜けを設け、スキップフロアの断面形式を採用。
3階には来客をもてなすための質感の高い会議室と応接室を大きな屋上緑化に開いた形で設けた。
大空間が求められる建物構成に対して鉄骨V字柱を採用し、合理的架構とダイナミックな外観を実現。
工場の歴史と共にこの地を見守ってきた桜の大樹を残した外部空間と相まって、いすゞと地域がつながるオープンな環境を創出した。

information:

竣工年:2017年4月
所在地:神奈川県藤沢市
用途:展示場
建築面積:3163.95㎡
延床面積:5884.43㎡
階:地上3階
構造:S造

award:

神奈川建築コンクール優秀賞 (2017)
SDA賞入選 (2017)
DSA日本空間デザイン賞銀賞 (2017)
JCDデザインアワード2017 Best100 (2017)

>> *PLAZA annex (2017)
>> *いすゞ自動車ものづくりサービストレーニングセンター (2014)

(photograph)
川澄・小林研二写真事務所

concept:

This is a corporate museum planned as one part for Isuzu Motors’80th anniversary commemoration project.
The site is adjacent to Isuzu Fujisawa factory.
It is on the same site with Isuzu Motors Manufacturing Service Training Center and PLAZA annex.
In order to organically attach three theme zones of “Support for Carrying”, “Car-making” and “History” we adopted open spaces centering on the void and cross-sectional form of the skip floor on the 2nd floor of the exhibition space.
The conference room and the reception on the 3rd floor are designed with highquality texture and opened to the large rooftop landscape for entertaining the guests.
V-shaped Steel columns are adopted for the building structure for providing large space.
Realizing rational structure and dynamic external appearance at the same time.
Our design left the existed big cherry that has guarded this region with the history of the factory. An open environment is created by connecting with Isuzu and this region.

information:

year: 2017/4
location: Kanagawa, Japan
building type: Museum
BA: 3163.95㎡
GFA: 5884.43㎡
floor: 3F
structure: S

award:

Kanagawa Architectural Competition, Excellent Award (2017)
Japan Sign Design Association Award ,selected (2017)
DSA DESIGN AWARD GRAND PRIX , SILVER PRIZE (2017)
JCD INTERNATIONAL DESIGH AWARDS ,Best100 (2017)

>> *PLAZA annex (2017)
>> *Isuzu Motors Manufacturing Service Training Center (2014)

(photograph)
Kawasumi・Kobayashi Kenji Photograph Office

PLAZA annex

PLAZA annex

October 10th, 2017

concept:

いすゞの教育研修拠点であるものづくりサービストレーニングセンター(当方設計)に世界各地、日本全国から訪れるいすゞグループの研修生に宿泊してもらうための施設であり、一般向けのビジネスホテルとしても機能する宿泊施設。
隣接するISUZU PLAZA(当方設計)からも利用できるランドスケープに開かれたカフェと食堂を1階に設け活気ある場を形成。
客室はツインルーム39室で構成し、快適な二人使いのために3点セットのユニットバスでは無くセパレートされた水廻りとし勉強のしやすいロングカウンターを設けた。
最上階(7階)にはシャワーブースのみの客室を補完する共同の浴場を設け、懇親に使える畳敷きの「富士の間」を配置。ここからは隣接するいすゞの工場と富士山を望むことが出来る。

information:

竣工年:2017年4月
所在地:神奈川県藤沢市
用途:ホテル
建築面積:531.73㎡
延床面積:2009.89㎡
階:地上7階
構造:S造

>> *ISUZU PLAZA (2017)
>> *いすゞ自動車ものづくりサービストレーニングセンター (2014)

award:
神奈川建築コンクール優秀賞 (2017)

(photograph)
川澄・小林研二写真事務所

concept:

This accommodation is a facility not only open to Isuzu group world-wide trainees from Isuzu Motors Manufacturing Service Training Center (designed by SAKAKURA ASSOCIATES), but also open to general public as a business hotel.
A café and cafeteria are on the 1st floor sharing the same landscape view with the corporate museum, ISUZU PLAZA (designed by SAKAKURA ASSOCIATES). The site provides a dynamic ambience for users.
Guest rooms are consisted of 39 twin-room type rooms. All of them have separate toilet with bathroom instead of “unit bath”. The long counter for each room is easy for users as a learning space.
Large shared bathroom is situated on the top floor (7th floor) to complement the rooms with only shower booths. Also here has a room with spread tatami mats can also be used for social gathering and relaxation. We call this place “Fuji no ma” where users can get a panoramic view of the neighboring Isuzu Fujisawa factory and Mt. Fuji from here.

information:

year: 2017/4
location: Kanagawa, Japan
building type: Hotel
BA: 531.73㎡
GFA: 2009.89㎡
floor: 7F
structure: S

award:
Kanagawa Architectural Competition, Excellent Award (2017)

>> *ISUZU PLAZA (2017)
>> *Isuzu Motors Manufacturing Service Training Center (2014)

(photograph)
Kawasumi・Kobayashi Kenji Photograph Office

House A in Karuizawa

軽井沢A邸

July 1st, 2017

concept:

木立ちの中の平屋建て別荘。
コの字型の平面計画とし、リビングと寝室を東西に分け、その間に中庭を配した。
連続する大屋根の軒が周囲の高木へ向けて伸び、ヒューマンスケールと環境のスケールを緩やかに繋いでいる。

information:

竣工年:2017年7月
所在地:長野県 北佐久郡
用途:個人住宅
建築面積:346㎡
延床面積:268㎡
階数:地上1階
構造:木造

(photograph)
小川重雄

concept:

A one-story weekend house surrounded by trees.
Its U-shaped plan is composed of a living room wing, a bedroom wing and a courtyard between them.
The roof extends, rising with a reasonable incline, toward the highness of pines and firs so that it intervenes between the scale of humans and of trees to achieve a living space which sits harmoniously in the scenery.

information:

year: 2017/7
location: Nagano, Japan
building type: Private Residence
BA: 346 sqm
GFA: 268 sqm
floor: 1F
structure: Timber

(photograph)
Shigeo Ogawa

Grande Maison Yamaashiya

グランドメゾン山芦屋

May 1st, 2017

concept:

六甲山系の麓、大阪湾を望む斜面地に、かつて沢山の木々に囲まれた1軒の御屋敷があり、そのいかにも芦屋らしい従前の佇まいを継承しながら、なるべく地形に手を加えない方針で計画した22戸の集合邸宅。造成は最小限に、地上に見える建物ボリュームを抑え、出来るだけ既存の植栽を残すようにした。残念ながらこれらの木々はあまり残らなかったが、道路沿いや敷地内空地には至る所に植栽を施し、南側のファサード(基壇部)やアプローチ部分には石積みと植栽と御影の石段等でその佇まいを演出した。敷地南東側の道路沿いにある一際大きな石積みは従前からここにあったもの、西側道路沿いの石積みも既存の積み石を再利用して再現したものである。

information:

竣工年:2017年5月
所在地:兵庫県芦屋市
用途:集合住宅
建築面積:1,045㎡
延床面積:3,901㎡
階:地上3階、地下2階
構造:RC造

media:

近代建築 2018年3月号

(photograph)
伸和

concept:

At the foot of Mt. Rokko, you can look out on the slopes of Osaka Bay. There is an apartment surrounded by lots of trees. It inherits the former Ashiya style as much as possible and plans to develop 22 houses without terrain damage. In order to minimized development and suppress the visibility of the building volume on the ground, it leaves the existing plants as much as possible. Unfortunately, these trees won’t be left too much, but it will be planted along empty spaces in roads and open spaces, with stonework, plantation and granite steps on the southern façade and entrance. The large-scale stonework on the southeastern side of the block has been from the past and the stonework on the west side was reproduced by reusing existing stones.
information:

year: 2017/5
location: Hyogo,Japan
building type: Housing complex
BA: 1,045 sqm
GFA: 3,901 sqm
floor: 3F/B2F
structure: RC

media:

KINDAIKENCHIKU 2018/03

(photograph)
Shinwa

URAWA TAKASAGO PROJECT (SONARE URAWA)

浦和高砂計画 (介護付き有料老人ホーム ソナーレ浦和)

April 1st, 2017

concept:

敷地は浦和駅から近く、代々この地の医療を担ってきた診療所と自宅のある、高台の土地である。
それらを建て替えて、介護付き有料老人ホーム+診療所+自宅(2世帯)の複合施設をつくる計画である。
この地に多く残る樹木や築100年を超える蔵、解体される建物の材料等を活用して、豊かな環境を活かし、この地の記憶を継承する建築をつくることがテーマである。

information:

竣工年:2017年4月
所在地:埼玉県さいたま市
用途:有料老人ホーム/診療所/集合住宅
建築面積:1084.50 ㎡
延床面積:3690.07 ㎡
階:地上5階
構造:RC造一部S

(photograph)
川澄・小林研二写真事務所

concept:

The site is located on a high ground close to Urawa station.
This complex facility consisted of assisted fee-based nursing home, clinic, and owner’s housing for two generations. It was reconstructed from existing clinic and owner’s housing which played the role of the medical care in this region for years.
We made use of the rich environmental resources (existing trees, and warehouse which built over 100 years in this area.). We also reserved materials of the existing building.
Our theme is to inherit the memory of this place.

information:

year: 2017/4
location: Saitama, Japan
building type: Nurcing Home/Clinic/Condominium
BA: 1084.50 sqm
GFA: 3690.07 sqm
floor: 5F
structure: RC/S

(photograph)
Kawasumi・Kobayashi Kenji Photograph Office