information / インフォメーション

company pfofile / 会社概要

Blog / ブログ

works / ワークス

1961 – 1970

Toll Gates on Highway

高速道路トールゲート

February 27th, 1997

concept:

日本の高速道路の黎明期、弊社は土木・建築・工業デザインの融合ともいえるトールゲートを一手に手がけた。
1964年に最初に開通した名神高速道路のプレキャストコンクリートのタイプがその後標準化され全国で造られた。

information:

竣工年: 1964-1997年
所在地: 名神/東名/中央高速道路
用途: トールゲート
建築面積: ---
延床面積: ---
階: ---
構造: RC造/S造

(photograph)
新建築社写真部 荒井政夫



concept:

In the dawning era of expressways in Japan, Sakakura was entrusted with the design of toll gates – a function that combines civil engineering, architecture, and industrial design.
The precast concrete design for toll gates on the Toh-mei Highway, which opened in 1964 as Japan’s first expressway, later served as a standard for the entire country.

information:

year: 1964-1997
location: Tollgate
building type: Apartment/Library/City hall
BA: ---
GFA: ---
floor: ---
structure: RC/S

(photograph)
Shinkentiku-sha Photo Department Masao Arai

Minoo Kanko Hotel

箕面観光ホテル

December 1st, 1970

concept:

急傾斜の地形を積極的に平面や断面計画の中にとり入れ、リゾートホテルとして自然との密着度を高めた。
雁行する平面によりスケール感を和らげ、内装にも木を積極的に使い、モダンの中に和風を表現している。

information:

竣工年: 1970年
所在地: 大阪府 箕面市
用途: ホテル
建築面積: ---
延床面積: 14,449㎡
階: 地上7階、地下1階
構造: SRC造

(photograph)
村井修



concept:

The steep slope of the site was adopted into both the plan and section of the design, to increase the intimacy between this resort hotel and nature.
The planes lain in echelon soften the impression of scale, and wood is used liberally in the interior to create a typically Japanese atmosphere.

information:

year: 1970
location: Osaka, Japan
building type: Hotel
BA: ---
GFA: 14,449㎡
floor: 7F/B1F
structure:SRC

(photograph)
Osamu Murai

Ookurayama Ski-Jump Facilities

札幌オリンピック大倉山ジャンプ競技場

December 1st, 1970

concept:

1972年に札幌で行われた冬季オリンピックの90m級ジャンプ競技会場として世界中に知られた施設。
現在はラージヒル用に改修されているが大倉山シャンツェとして親しまれ続けている。

information:

竣工年: 1970年
所在地: 北海道 札幌市
用途: 1972年冬季オリンピック90級ジャンプ競技場
建築面積: ---
延床面積: 1,161㎡
階: ---
構造: RC造

(photograph)
坂倉建築研究所



concept:

A venue that became world famous as the 90m ski jump of the 1972 Winter Olympics in Sapporo.
Currently it has been revamped as a large hill, and is also known as the Ookurayama Schanze.

information:

year: 1970
location: Hokkaido, Japan
building type: Ski Jumping Stadium
BA: -
GFA: 1,161㎡
floor: -
structure: RC

(photograph)
Sakakura Associates

Shinjuku Station West Building and Odakyu Department Store

新宿駅西口ビル・小田急百貨店本館

November 8th, 1970

concept:

新宿西口広場建設に合わせ計画された、駅および鉄道の軌道上を立体的に活用した商業建築物である。
外観はアルミのプレス成型パネルが使われており、建築主も設計者も異なる隣接するビルも同一のファサードとすることで西口広場とともに印象的な駅前空間を生み出している。

information:

竣工年: 1967年
所在地: 東京都 新宿区
用途: 駅/百貨店
建築面積: 6,206㎡
延床面積: 69,630㎡
階: 地上14階、地下2階
構造: SRC造

(photograph)
吉村行雄写真事務所:1/
新建築社写真部 荒井政夫:2/中村保:3



concept:

Planned together with the West Plaza of Shinjuku Station, a commercial building to utilize the space above the station and railway lines.
The exterior uses pressed aluminum panels for a uniform facade with the neighboring building, built by a different owner and designer.
Together with the West Plaza, the result is an impressive public space for Shinjuku Station.

information:

year: 1967
location: Tokyo, Japan
building type: Station/Department Store
BA: 6,206㎡
GFA: 69,630㎡
floor: 14F/B2F
structure: SRC

(photograph)
Yoshimura Yukio Photography Office:1/Shinkentiku-sha Photo Department Masao Arai:2/Tamotsu Nakamura:3

Gifu Civic Auditorium

岐阜市民会館

November 8th, 1970

concept:

岐阜市の中心地に昭和初期に建てられた公会堂の跡地に計画された、直径40mの円錐型の大ホールを中心とした総合文化施設である。
スクエアな基壇のように見える低層部の1階はピロティと各部へのエントランスが入り組むようにレイアウトされ、内外の領域が相互に溶け合う豊かな都市の街路空間をつくり出している。

information:

竣工年: 1967年
所在地: 岐阜県 岐阜市
用途: 市民会館
建築面積: 3,045㎡ 
延床面積: 8,196㎡ 
階: 地上4階、地下1階
構造: RC造一部S造

award:

建築業協会賞(1968)

(photograph)
吉村行雄写真事務所



concept:

A culture complex centered on conical large hall, 40 meters in diameter, in the center of the city of Gifu, formerly the site of a public hall built in the prewar period.
The first floor of the low-rise section, which gives the impression of a square pedestal, is laid out with alternating pilotis and entrances to the various sections in the building.
The interweaving between interior and exterior creates a rich, urban street space.

information:

year: 1967
location: Gifu, Japan
building type: City Hall
BA: 3,045㎡
GFA: 8,196㎡ 
floor: 4F/B1F
structure:RC/S

award:

Building Contractors Society Prize(1968)

(photograph)
Yoshimura Yukio Photography Office

New Administration Office of Kanagawa Prefecture

神奈川県新庁舎

November 7th, 1970

concept:

新庁舎は高度成長下の執務環境の過密・分散化の解消を目指し計画された。
直線基調の構成で、37,000㎡に及ぶヴォリュームを青紺色のタイルで包み、
表面材をアルミとしたバルコニーにより、鋭く彫りの深いデザインとしている。

information:

竣工年: 1966年
所在地: 神奈川県横浜市
用途: 県庁舎
建築面積: 2,927㎡
延床面積: 37,036㎡
階: 地上13階、地下1階
構造: SRC造

award:

建築業協会賞(1968)
神奈川県建築賞(1967)

press:

新建築 1966/08
建築文化 1966/08
近代建築 1966/08
建築界 1966/08
建築界 1967/06

>> *神奈川県庁新庁舎 免震改修+増築 (2018)
>> *神奈川県庁本庁舎・第二分庁舎 改修 (2018)
>> *神奈川県庁第二分庁舎 (1993)

(photograph)
北村紀史



concept:

The new administration office was planned during the years of rapid economic growth to relieve the overconcentration and dispersion of administrative work.
With a configuration based on straight lines, the 37,000 m2 volume is clad in blue tiles with aluminum clad balconies, for a deep cut design.

information:

year: 1966
location: Kanagawa, Japan
building type: Prefectural Office
BA: 2,927㎡
GFA: 37,036㎡
floor: 13F/B1F
structure: SRC

award:

Building Contractors Society Prize(1968)
Kanagawa Architecture Award(1967)

press:

SHINKENCHIKU 1966/08
KENCHIKU BUNKA 1966/08
KINDAIKENCHIKU 1966/08
KENCHIKUKAI 1966/08
KENCHIKUKAI 1967/06

>> *Seismic Isolation Retrofit and Extension of the Kanagawa Prefecture Government New Building (2018)
>> *Renewal of the Kanagawa Prefecture Government Main Building and The Second Annex (2018)
>> *Kanagawa New Prefectural Offices (1993)

(photograph)
Noribumi Kitamura

West Plaza of Shinjuku Station and Parking Lots

新宿西口広場及び駐車場

November 7th, 1970

concept:

新宿副都心に集中する様々な交通機関の利用者と、日々膨張する駅周辺の流動人口に対応することを目的として新宿西口広場が計画された。
地下駐車場に導く螺旋状の斜路とともに設けた吹抜け空間は、多くの人が行き来する地下広場に光と風を導く。

information:

竣工年: 1966年
所在地: 東京都 新宿区
用途: 駅コンコース/公共広場/駐車場/店舗
建築面積: -
延床面積: 70,610㎡
階: 地上3階、地下1階
構造: RC造

award:

昭和42年度 日本建築学会賞(業績)
日本都市計画学会石川賞(1968)
SDA賞
DOCOMOMO JAPAN

(photograph)
新建築社写真部 荒井政夫



concept:

The West Plaza was planned to respond the ever increasing mobile population around Shinjuku, a dense point of convergence for many transit lines.
The design creates a spiral slope to underground parking, and opens up a void to admit light and air for the underground plaza used by many pedestrians.

information:

year: 1966
location: Tokyo, Japan
building type: Station Concourse/Plaza/Parking /Shop
BA: -
GFA: 70,610㎡
floor: 3F/B1F
structure: RC

award:

Architectural Institute of Japan Award 1967
The City Planning Institute of Japan Award, Ishikawa Award (1968)
SDA Award
DOCOMOMO JAPAN

(photograph)
Shinkentiku-sha Photo Department Masao Arai

Hotel Sanai (Sapporo Park Hotel)

ホテル三愛(札幌パークホテル)

November 5th, 1970

concept:

1964年の東京オリンピックを控えホテルの需要が高まる中、札幌市内の中島公園の池のほとりに計画されたホテル。
青藍色のタイルを張り詰め、ランダムな印象を与える吹き寄せ窓を配したファサードが、公園の木々に調和する。

information:

竣工年: 1964年
所在地: 北海道 札幌市
用途: ホテル
建築面積: -
延床面積: 28,400㎡
階: 地上11階、地下3階
構造: SRC造

(photograph)
北村紀史



concept:

Amid the rising demand for hotel accommodations following the 1964 Tokyo Olympics, this hotel was planned beside the shores of a lake in Nakajima Park in Sapporo.
The facade is clad with indigo tiles and pierced by windows in a seemingly random pattern, to harmonize with the trees of the park.

information:

year: 1964
location: Hokkaido, Japan
building type: Hotel
BA: ---
GFA: 28,400㎡
floor: 11F/B3F

(photograph)
Noribumi Kitamura

Hiraoka Municipal Office (Higashiosaka Municipal Office Asahimachi)

枚岡市庁舎(東大阪市旭町庁舎)

November 5th, 1970

concept:

建物全体にかかる、大きく反った屋根には、
枚岡の自然と人とが織りなす環境の中で、市街の雑踏から、山の中腹から、
さまざまな表情を持って語りかけてくるような存在でありたいとう設計意図による。
後に東大阪市の分庁舎となっている。

information:

竣工年: 1964年
所在地: 大阪府 東大阪市
用途: 市庁舎
建築面積: 5,761㎡
延床面積: 4,380㎡
階: 地上3階、地下1階
構造: RC造

(photograph)
吉村行雄写真事務所



concept:

The upsweeping roof that covers the entire building indicates the design intention – the building should be a presence that speaks with various expressions amid the interplay between human society and the natural environment of Hiraoka, from the bustle of the city, and from the hillsides.
The building was later used as a branch facility of Higashiosaka City.

information:

year: 1964
location: Osaka, Japan
building type: City Office
BA: 5,761㎡
GFA: 4,380㎡
floor: 3F/B1F
structure: RC

(photograph)
Yoshimura Yukio Photography Office

Ashiya Municipal Grand Hall / LUNA HALL

芦屋市民センター(芦屋市民会館)・ルナホール

November 5th, 1970

concept:

芦屋川沿いに、ナツヅタで覆われたルナホールの外壁の四季折々の表情の変化は、今や芦屋の風物である。
'68以来、ひとつひとつのゆっくりと時間をかけて計画を進めていったことが、市民に愛される施設につながった。

information:

竣工年: 1964 / 1970
所在地: 兵庫県 芦屋市
用途: 市民会館/ホール/公民館/老人福祉会館
建築面積: 2,283㎡
延床面積: 6,913㎡
階: 地上4階、地下1階
構造: RC造

award:
日本建築家協会25年賞(1998)
DOCOMOMO

(photograph)
ナトリ光房:1,2
吉村行雄写真事務所:3,4



concept:

Located along the Ashiya River and covered in Japanese Ivy, the Grand Hall displays expressions that change with each season, making it a familiar landmark in the city of Ashiya.
Since 1968, careful planning of all that takes place here has made the hall one of the city’s best-loved facilities.

information:

year: 1964 / 1970
location: Hyogo, Japan
building type: City Hall/Hall/City Hall/Welfare Facilities
BA: 2,283 sqm
GFA: 6,913 sqm
floor: 4F/B1F
structure:RC

award:
JIA 25 Year Award(1998)
DOCOMOMO

(photograph)
Natori Kobou:1,2
Yoshimura Yukio Photography Office:3,4

Ueno Municipal Office

上野市庁舎

November 4th, 1970

concept:

上野市中心部の公共建築群設計の集大成として1964年に完成した。
4.6mごとに均等配置した東西方向の壁柱により2階のヴォリュームを支え、
中庭を配置した「日」形の平面の2階から、中庭のトップライトを通して1階に光を導いている。

information:

竣工年: 1963年
所在地: 三重県伊賀市
用途: 市庁舎/消防署
建築面積: ---
延床面積: 6,422㎡
階: 地上2階
構造: RC造

伊賀市指定有形文化財 (2019)

(photograph)
吉村行雄写真事務所



concept:

Completed in 1964, this building was the crowning piece of the public architecture in the center of Ueno City.
Pillars along the east and west walls, evenly spaced at intervals of 4.6 m, support the volume on the second floor.
Natural light is admitted to the first floor through toplights aligned with garden courts on the second floor, which is divided into two sections.

information:

year: 1963
location: Mie, Japan
building type: City Office/Fire Department
BA: -
GFA: 6,422㎡
floor: 2F
structure: RC

Intangible Cultural Properties Designated by Iga City (2019)

(photograph)
Yoshimura Yukio Photography Office

Ichimura-Kinen Gymnasium

市村記念体育館(佐賀県体育館)

November 4th, 1970

concept:

旧城址佐賀県立城内公園の一画に建つ体育館。
2つの放物線を向い合せた馬鞍状のHPシェルの屋根形状は、南北でステージとロビーに必要な階高を確保し、体育館兼文化会館の機能に対応した形状となっている。

information:

竣工年: 1963年
所在地: 佐賀県 佐賀市
用途: 体育館
建築面積: 2,084㎡
延床面積: 4,318㎡
階: 地上4階
構造: RC造/PCa吊屋根構造

award:

第19回佐賀市景観賞「市村記念体育館とその周辺」

(photograph)
吉村行雄写真事務所



concept:

A gymnasium in a park on the site of the former Saga Castle in Saga Prefecture.
The saddle-shaped roof consists of a pair of facing hyperbolic paraboloid shells, securing the necessary height for a stage and lobby on the north and south sides.
This configuration allows the building to be used as both a gymnasium and culture center.

information:

year: 1963
location: Saga, Japan
building type: Gymnasium
BA: 2,084㎡
GFA: 4,318㎡
floor: 4F
structure: RC/PCa Hanging Roof Structure

award:

19th Saga City Landscape Design Award

(photograph)
Yoshimura Yukio Photography Office

CHUSANREN BUILDING

中産連ビル

November 4th, 1970

concept:

名古屋市東区に建つ、一般社団法人中部産業連盟の研修施設兼貸しオフィスビル。規則性を持ちつつランダムに配置された2層のポツ窓群は、建物固有のファサードをかたちづくりながら、内部で大小様々な大きさの会議室に呼応する表裏一体のデザインとなっている。外壁の大仏タイル、階段の造形、木製の手摺、波模様のテラゾ―床、反り上がった庇、ラウンジ椅子などが半世紀を経て尚、竣工当時の姿を保ったまま今も大切に使い続けられており、坂倉建築のディテールに触れることができる建物となっている。

information:

竣工年:1963年3月
所在地:愛知県名古屋市
用途:オフィスビル
建築面積:―㎡
延床面積:3152.5㎡
階数:地上4階地下1階
構造:RC造

media:
近代建築 1963/07

(photograph)
船戸和広


concept:

information:

year: 1963/3
location: Aichi,Japan
building type: Office Building
BA: - m2
GFA: 3152.5㎡
floor: 4F/B1F
structure: RC

media:
KINDAI KENCHIKU 1963/07

(photograph)
Kazuhiro Funado

Idemitsu Filing Stations

出光興産給油所

November 3rd, 1970

concept:

今までの形態にとらわれず、皆それぞれ独自なものに、という施主の要望により全国各地の給油所53件を設計。
車の動線を考慮して柱や事務スペースを配置し、屋根をHPシェルや折板状とするなど、一つひとつを異なるデザインとした。

information:

竣工年: 1956-1962年
所在地: 豊島区/広島市/大阪市/尼崎市他
用途: 給油所
建築面積: ---
延床面積: ---
階: ---
構造: RC造

(photograph)
坂倉建築研究所



concept:

Responding to the client’s wish for unique designs untrammeled by conventions, 53 filling stations were designed for locations all over Japan.
Pillars and office spaces were arranged to facilitate entrance and exit by autos, and roofs were designed in unique shapes such as hyperbolic paraboloids and folded plates.

information:

year: 1956-1962
location: Tokyo/Hiroshima,/Osaka/Hyogo etc, Japan
building type: Gas Station
BA: -
GFA: -
floor: -
structure: RC

(photograph)
Sakakura Associates

Hirano Residence

平野卓司邸(正面のない家/H)

November 3rd, 1970

concept:

周囲に2階建の家々が建て混んでいることから、内側に開いたコート・ハウスとした。
少ない敷地面積に多くの部屋を設けているが、庭園との空間的融合と、トップライトによる上下の広がりで狭さを感じさせなくしている。

information:

竣工年: 1962年
所在地: 兵庫県 西宮市
用途: 個人住宅
建築面積: ---
延床面積: 158㎡
階: ---
構造: CB造+木造

award:

DOCOMOMO

(photograph)
新建築社写真部 多比良敏雄



concept:

Because the residence is surrounded by dense two-story houses, the plan is a court house open to the inner side.
The residence has a large number of rooms on a relatively small site, but the spatial integration with the garden and the vertical expanse with toplights make it seem spacious.

information:

year: 1962
location: Hyogo, Japan
building type: Private Residence
BA: -
GFA: 158 sqm
floor: -
structure: CB+Timber

award:

DOCOMOMO

(photograph)
Shinkentiku-sha Photo Department Toshio Taira

Kure Municipal Office and Municipal Culture Center

呉市庁舎・市民会館

November 3rd, 1970

concept:

敷地は中央公園に隣接し、
行政と文化が集約することでまちのコアを形成している。
都市的なスケールをもつブリッジにより
市民会館や公園へ連結することで、
移動動線の短縮と歩車分離を図っている。
市民会館は2つの円錐の組み合わせにより、
特徴的なシルエットとなっている。

information:

竣工年: 1962年
所在地: 広島県 呉市
用途: 市庁舎/市民会館
建築面積: ---
延床面積: 市庁舎:11,283㎡/市民会館:3,162㎡
階: 市庁舎:地上9階/市民会館:地上5階
構造: 市庁舎:SRC造/市民会館:RC造

(photograph)
吉村行雄写真事務所



concept:

Located on a site that adjoins the central park, this complex concentrates government and cultural functions and forms the core of the city.
The culture center and park are linked by an urban-scale bridge, to shorten the circulation route and separate pedestrian and vehicle traffic.
With its double cone configuration, the culture center has a distinctive silhouette.

information:

year: 1962
location: Hiroshima, Japan
building type: City Office/City Hall
BA: -
GFA: City Office:11,283㎡/City Hall:3,162㎡
floor: City Office:9F City Hall:5F
structure: City Office:SRC/City Hall:RC

(photograph)
Yoshimura Yukio Photography Office

Toray Basic Research Laboratory

東洋レーヨン基礎研究所

November 3rd, 1970

concept:

広大な敷地の高低差を生し、建物を敷地北側に配置し、
南側に広がる緩やかな斜面からの見上げが
研究所の景観を特徴づけている。
排気用ファンルームが屋上中央部に突出して配され、
この屋根が妻側に長く延び、
食堂の大きく反った屋根とともにスカイラインを特徴づけている。

information:

竣工年: 1962年
所在地: 神奈川県 鎌倉市
用途: 研究施設/独身寮
建築面積: ---
延床面積: 12,028㎡
階: 地上5階
構造: RC造

(photograph)
吉村行雄写真事務所



concept:

Taking advantage of differences in elevation on the spacious site, the building is located on the north side to present a striking view when seen from the gently descending slope on the south side.
The fan rooms for exhaust ventilation rise up from the center of the roof.
The roof is extended on its short sides, and together with the upsweeping roof of the cafeteria is a prominent feature in the skyline.

information:

year: 1962
location: Kanagawa, Japan
building type: Research Institute/Dormitory
BA: -
GFA: 12,028㎡
floor: 5F
structure: RC

(photograph)
Yoshimura Yukio Photography Office

Shionogi Pharmaceutical Central Laboratory

塩野義製薬中央研究所

November 2nd, 1970

concept:

この研究所が竣工した1961年という年は、各所に中央研究所が建設された「中研ブーム」があった時期に当たる。
しかし、この時期に建てられた研究所のなかで最先端の研究所として今尚、機能しているものは他に例をみない。
現在サスティナブルな建築が社会的テーマになっているが、
塩野義製薬中央研究所では40年前に階高設定、設備展開スペースの設定、
ドラフトチャンバーなどの構造設定など、建築を永く使うサスティナブルデザインを行っている。

information:

竣工年: 1961年
所在地: 大阪府 大阪市
用途: 研究施設
建築面積: 2,249㎡
延床面積: 18,378㎡
階: 地上7階、地下1階
構造: SRC造

(photograph)
吉村行雄写真事務所



concept:

This laboratory was completed in 1961, a year that saw a boom in the construction of central research laboratories.
Among those buildings, this laboratory offers advanced functions that to this day are found nowhere else.
Sustainable architecture is currently an important social theme, but 40 years ago the Shionogi Pharmaceutical Central Laboratory provided a model for sustainable design that allows buildings to be used for many years, such as floor height, design of equipment spaces, and structural design of draft chambers.

information:

year: 1961
location: Osaka, Japan
building type: Research Institute
BA: 2,249㎡
GFA: 18,378㎡
floor: 7F/B1F
structure: SRC

(photograph)
Yoshimura Yukio Photography Office