information / インフォメーション

company pfofile / 会社概要

Blog / ブログ

works / ワークス

convention

Seismic Isolation Retrofit of The Kanagawa Prefecture Government New Building

神奈川県庁新庁舎 免震改修+増築

April 28th, 2018

concept:

本計画の目的は、災害時における事業継続性の強化である。東日本大震災を機に耐震・津波対策として、既存3庁舎共に地下の電気関係室を地上に再配置した。新庁舎は地上にエネルギーセンター棟を増築した後、地下1階柱頭免震化を行い駐車場に改変した。併せて地上階の既存不適格分改修及び設備更新を行った。これらを居ながら工事で業務を継続し引越しを繰返す複雑な計画となった。
エネルギーセンター棟は電気関係室を3,4階に新設、下部に津波の避難場所となるぺデストリアンデッキを設置、本庁舎キングの塔を正面に望む新たな都市景観が生まれた。
このたび、仮に1棟が被災しても他庁舎からの電源がバックアップ可能となった。横浜の歴史的景観の継承と同時に、非常時の冗長性を備える庁舎に改変することも本計画の特徴である。

information:

竣工年:2018年
所在地:神奈川県
用途:県庁舎
建築面積:4,257㎡
延床面積:42,081㎡
階数:地下1階 地上13階 塔屋2階
構造:SRC造一部S造(エネルギーセンター棟:S造一部SRC造)

collaboration:
構造計画研究所

press:
新建築 2018年 4月号

>> *神奈川県庁本庁舎・第二分庁舎 改修 (2018)
>> *神奈川県庁第二分庁舎 (1993)
>> *神奈川県庁新庁舎 (1966)

(photograph)
小川重雄

concept:

information:

year: 2018
location: Kanagawa, Japan
building type: Prefectural office building
BA: 4,257 sqm
GFA: 42,081 sqm
floor: B1F/13F/Penthouse2F
structure: SRC+S (Energy Center Building: S+SRC)

collaboration:
KOZO KEIKAKU ENGINEERING Inc.

press:
SHINKENCHIKU April. 2018.

>> *Renewal of The Kanagawa Prefecture Government Main Building and The Second Annex (2018)
>> *Kanagawa New Prefectural Offices (1993)
>> *New Administration Office of The Kanagawa Prefecture (1966)

(photograph)
Shigeo Ogawa

Renewal of the Kanagawa Prefecture Government Main Building and The Second Annex

神奈川県庁本庁舎・第二分庁舎 改修

April 28th, 2018

concept:
(第二分庁舎改修工事)
本建物は平成2年に弊社にて設計された県庁舎である。耐震・津波対策として地下電気関係室と受水槽を地上へ再配置し、耐震性を強化するため制振ダンパーの設置を行った。また、内装改修、サッシ改修なども併せて行う計画となった。
(本庁舎電気室棟・受水槽棟新築工事)
津波対策として本庁舎中庭内に設備棟を別棟で増築し、電気関係室、受水槽を想定浸水高さより上へ配置する計画。また、本庁舎建物についても衛生設備(便所)、空調設備の改修を行った。

information:
竣工年:2018年
所在地:神奈川県
用途:県庁舎
建築面積:3,151㎡ / 1,248㎡
延床面積:18,388㎡ / 14,244㎡
階数:地下1階 地上5階 塔屋4階 / 地下2階 地上9階 塔屋1階
構造:SRC造、一部RC造 / SRC造、一部S造

collaboration:
構造計画研究所

press:
新建築 2018年 4月号

>> *神奈川県庁新庁舎 免震改修+増築 (2018)
>> *神奈川県庁第二分庁舎 (1993)
>> *神奈川県庁新庁舎 (1966)

(photograph)
神奈川県
小川重雄

concept:

information:
year: 2018
location: Kanagawa, Japan
building type: Prefectural office building
BA: 3,151 sqm / 1,248 sqm
GFA: 18,388 sqm / 14,244 sqm
floor: B1F, 5F, Penthouse4F / B2F, 9F, Penthouse1F
structure: SRC, RC / SRC, S

collaboration:
KOZO KEIKAKU ENGINEERING Inc.

>> *Seismic Isolation Retrofit and Extension of The Kanagawa Prefecture Government New Building (2018)
>> *Kanagawa New Prefectural Offices (1993)
>> *New Administration Office of The Kanagawa Prefecture (1966)

(photograph)
Kanagawa Prefecture
Shigeo Ogawa

Gunma Kaikan Hall Renovation

群馬会館ホール改修

December 13th, 2017

concept:

佐藤功一の設計による公会堂建築(昭和5年 / 1930年竣工)の2階ホール部分等の内装・設備の全面改修。
設計・監理担当の協同組合群馬県建築設計センター(株式会社石井設計ほか)に協力し意匠監修を行った。
また、竣工当初のホール内装のイメージの復原を図っている。
1983年の改修部分(設計監理:坂倉建築研究所・群馬県建築設計センターJV)の1階広間や3階貴賓室等の内装は継承し、設備機器の改修を行った。

information:

竣工年:2017年
所在地:群馬県前橋市
用途:公会堂
建築面積:1,318 ㎡
延床面積:4,473 ㎡
階数:地下1階 地上4階
構造:RC造

award:

第27回 BELCA賞 ロングライフ部門

(photograph)
川澄・小林研二写真事務所 (内観)
坂倉建築研究所 (外観)

concept:

information:

year: 2017
location: Gunma, Japan
building type: Public Hall
BA: 1,318 sqm
GFA: 4,473 sqm
floor: B1F / 4F
structure: RC

award:

The 27th BELCA Award (Building and Equipment Long-life Cycle Association Award) " Long-life Field "

(photograph)
Kawasumi - Kobayashi Kenji Photograph Office (interior)
Sakakura Associates (exterior)

The Garden Oriental Osaka The Music Hall West / Waiting Room

ザ・ガーデンオリエンタル大阪 ザ ミュージックホール ウェスト / 待合棟

November 1st, 2017

concept:

旧大阪市公館をブライダル施設等へ改修した「ザ・ガーデンオリエンタル大阪」に新たに独立型チャペル「ミュージックホールウェスト」と待合棟を計画した。
チャペルは池の上に大きな屋根が浮いたような外観とした。この軒の低い切妻屋根により、別棟や周囲の散策路への視線をカットし、プライベート感を確保しつつも、池や周囲の緑といった豊かな外部環境を感じられる内部空間となっている。また、ホール正面には耐風材を兼ねた集成材の格子と特注の工芸ガラスを採用し、結婚式にふさわしい象徴的な内部空間を演出した。
待合棟はチャペルと外部仕上げを揃え、スケール感を調整することで、2棟で一体的な場所になるよう計画した。

information:

竣工年:2017年11月
所在地:大阪府大阪市
用途:ブライダル施設
建築面積:105㎡/155㎡
延床面積:147㎡/185㎡
階数:1階
構造:RC+S併用造

(photograph)
志摩大輔

concept:

THE GARDEN ORIENTAL OSAKA, a wedding facility rebuilt in the original Osaka City mansion, has built newly independent chapel ”MUSIC HALL WEST” and waiting room. The church looks like a large roof that floats above the pond. With the low roof of the triangular roof, the outside sight can be cut off to ensure privacy and be experienced the rich external environment of the ponds and plants. In addition, in the front of the lobby, the laminated wood latticework, which is also a wind-resistant material and custom glass process makes the interior space symbolic for a wedding. The outside wall of waiting room wall and church use the same material, adjust the scale of feeling, so that the two buildings can be formed a complete view.

information:

year: 2017/11
location: Osaka, Japan
building type: Bridal
BA: 105 sqm / 155 sqm
GFA: 147 sqm / 185 sqm
floor: 1F
structure: RC/S

(photograph)
Daisuke Shima

Saito Area #54 Green Space Administration Building

彩都地区54号緑地管理棟

November 1st, 2014

concept:

山間に開発されたニュータウン、彩都地区における緑地管理を目的とした公園施設。また、管理機能にとどまらず、地域のコミュニティ施設、集会所、子育て支援施設等、フレキシブルな機能に対応する事がもとめられた。斜面すれすれ、三角形の敷地に戸建住宅を思わせる2方片流れの三角屋根を3つ並べ、リズミカルなシルエットでまとめる事で、背景の山並みに調和させながら、住宅地域からの眺望確保にも配慮している。室内からは大阪平野が一望できるよう、南側は雁行したガラス開口と、ガラス手摺のバルコニーで構成され、建物が丘の上に浮かんでいるかのように持ち出した形状とした。

information:

竣工年:2014年11月
所在地:大阪府箕面市
用途:緑地管理棟
建築面積:620㎡
延床面積:583㎡
階数:地上1階
構造:S造

(photograph)
UR

concept:

This is a park facility designed to manage the green areas in the newly developed town areas of the mountains. It attempts to respond the flexible features such as local community facilities, meeting venues, childcare facilities and more. Tilted slopes and three shed roofs give the impression that it is a detached house on a triangular site, through a rhythmic silhouette, reconciled with the background mountains and considered securing views from residential areas. You can browse on the view of the Osaka Plain from inside. The flying-geese glass openings and a glass handrail balcony are on the south side. The building looks like floating on the mountains.

information:

year: 2014/11
location: Osaka, Japan
building type: Administration Building
BA: 620 sqm
GFA: 583 sqm
floor: 1F
structure: S

(photograph)
UR

Osaka University Hall

大阪大学会館 改修

February 28th, 2011

concept:

大阪大学のシンボルとなる、旧制浪速高校時代のイ号館(1928年竣工)を大学創立80周年記念として保存・再生。
講堂は創建当初の意匠を再現しながら光天井に改修し、明るく機能的な空間として再生した。
登録有形文化財(2004年)

information:

竣工年: 2011年
所在地: 大阪府 豊中市
用途: 大学施設
建築面積: ---
延床面積: 4,352㎡
階: 地上5階
構造: RC造

award:

BELCA賞ベストリフォーム部門

(photograph)
大阪大学:1-3/ヤマギワ:4



concept:

The hall was originally constructed in 1928 as the main hall of Naniwa Senior High School, the predecessor of Osaka University.
In commemoration of the 80th anniversary of the founding of the university, this symbolic building was preserved and restored.
While recreating the original design of the lecture hall, the ceiling was renewed to add top lighting for a bright and functional space.
Registered tangible cultural property (2004).

information:

year: 2011
location: Osaka, Japan
building type: University
BA: ---
GFA: 4,352㎡
floor: 5F
structure:RC

award:

Building and Equipment Long-life Cycle Association Award, Best Revovation

(photograph)
Osaka University:1,2,3/Yamagiwa:4

Osaka Municipal Tsurumi Complex Facility

鶴見区民センター

February 28th, 2005

concept:

大小2つのホール、図書館、集会室・研修室をもつ区民センターと、賃貸集合住宅を一体的に整備。
地下鉄駅に直結し、バスターミナルも隣接する交通至便な位置にあり、区民の気軽な交流の場として親しまれている。

information:

竣工年: 2005年
所在地: 大阪府 大阪市
用途: 集合住宅/図書館/区民センター
建築面積: 2,919㎡
延床面積: 10,169㎡
階: 地上8階、地下1階
構造: SRC造

(photograph)
千里工業写真事業部



concept:

A civic center contains a large hall, small hall, library, and meeting rooms, with rental housing in the same complex.
Transportation is extremely convenient – the complex is connected directly to the subway and adjoins a bus terminal.
It is established in the community as a convenient place for friendly exchanges.

information:

year: 2005
location: Osaka, Japan
building type: Apartment/Library/City hall
BA: 2,919㎡
GFA: 10,169㎡
floor: 8F/B1F
structure:SRC

(photograph)
Senri Kougyou Photo Department

Central Public Hall, Osaka

大阪市中央公会堂

February 27th, 2002

concept:

1918年完成した大阪の近代を代表する建築の保存・再生。
既存建物を仮設杭で持ち上げ、その下に免震装置を設置することで、建物本体の耐震補強を最小限に抑え、歴史的意匠を損なうことなく耐震性能を確保した。
機能上のリニューアルも、当初意匠を保存しつつ、現代のホールとして十分な機能をもつよう整備した。
重要文化財(2002年)

information:

竣工年: 2002年
所在地: 大阪府大阪市
用途: 公会堂
建築面積: 2,330㎡
延床面積: 9,461㎡
階: 地上3階、地下2階
構造: RC造+Sレンガ造

設計JV:坂倉・平田・青山・新日設設計共同企業体

award:

公募型プロポーザル (入選1995.11)
日本建築学会賞(業績) (2006)
建築業協会賞特別賞 (2004)
日本建築協会特別賞 (2004)
日本免震構造協会賞特別賞 (2004)
読者と選ぶ「建築と社会」賞大賞 (2003)
照明普及賞 (2002)
全建賞 (2004)
公共建築賞特別賞 (2008)

collaboration:

設計JV:坂倉・平田・青山・新日設設計共同企業体

(photograph)
多比良誠: 1
伸和: 2-5



concept:

Preservation and restoration of one of the most important examples of early modern architecture in Osaka, completed in 1918.
The existing building was lifted up with temporary piles and seismic isolation equipment was installed underneath.
This allowed seismic reinforcement to be held to a minimum, securing seismic performance without impairing the historical design of the building.
A functional renewal was also carried out, allowing the building to function as a contemporary hall while preserving its original design.
The building is an important cultural property (2002).

information:

year: 2002
location: Osaka, Japan
building type: Public Hall
BA: 2,330 sqm
GFA: 9,461 sqm
floor: 3F/B2F
structure: RC+S Brick

award:

Japan Institute of Architecture Award(2006)
Building Contractors Society Prize, Special Prize(2004)
Architecture Associates of Japan Award, Special Prize(2004)
Japan Sciety of Seismic Isolation, Special Prize(2004)
Lighting Installation Award(2002)
Japan Construction Engineers Association Award(2004)
Public Buildings Award, Special Prize(2008)

(photograph)
Makoto Taira: 1
SHINWA: 2-5

Higashiyamato Civic Center (humming hall)

東大和市民会館 ハミングホール

February 28th, 1999

concept:

714席の音楽ホールと300席の多目的ホールからなる公営住宅との合築施設。
バブル期に多くみられた著名音楽家の演奏を「聴く」ための施設から、市民自らが「利用する」施設として配慮した計画を行なっている。

information:

竣工年: 1999年
所在地: 東京都 東大和市
用途: ホール
建築面積: 3,871㎡
延床面積: 9,447㎡
階: 地上3階、地下1階
構造: RC造+S造

(photograph)
永石写真事務所



concept:

A 714-seat music hall and a 300-seat multi-purpose hall are housed on a site that also includes public housing.
During the bubble economy period, many facilities were built for the purpose of “listening” to performance by famous musicians.
This facility was designed for citizens to “use”.

information:

year: 1999
location: Tokyo, Japan
building type: Hall
BA: 3,871㎡
GFA: 9,447㎡
floor: 3F/B1F
structure:RC+S

(photograph)
Nagaishi Photo Office

Tsukuba International Congress Center

つくば国際会議場

February 28th, 1999

concept:

筑波研究学園都市に計画された国際会議場。
1280名収容の大ホールから小さな分科会会場まで4層吹き抜けのアトリウムを中心として配置し、知的交流が活発かつスムースに行われるよう配慮している。

information:

竣工年: 1999年
所在地: 茨城県 つくば市
用途: 国際会議場
建築面積: 9,134㎡
延床面積: 23,053㎡
階: 地上3階、地下1階
構造: SRC造+S造+RC造

award:

茨城建築文化賞特別賞

(photograph)
SSグループ



concept:

An international congress center for Tsukuba Science City.
Conference halls ranging from the large hall seating 1,280 to small committee rooms are arranged around the 4-story void of the atrium, with particular attention paid to enabling lively and smooth intellectual exchanges.

information:

year: 1999
location: Ibaraki, Japan
building type: International Conference Center
BA: 9,134㎡
GFA: 23,053㎡
floor: 3F/B1F
structure:SRC+S+RC

award:

Ibaraki Architecture and Culture Award, Special Prize

(photograph)
SS Group