information / インフォメーション

company pfofile / 会社概要

Blog / ブログ

works / ワークス

office

Shionogi Pharmaceutical Central Laboratory

塩野義製薬中央研究所

November 2nd, 1970

concept:

この研究所が竣工した1961年という年は、各所に中央研究所が建設された「中研ブーム」があった時期に当たる。
しかし、この時期に建てられた研究所のなかで最先端の研究所として今尚、機能しているものは他に例をみない。
現在サスティナブルな建築が社会的テーマになっているが、
塩野義製薬中央研究所では40年前に階高設定、設備展開スペースの設定、
ドラフトチャンバーなどの構造設定など、建築を永く使うサスティナブルデザインを行っている。

information:

竣工年: 1961年
所在地: 大阪府 大阪市
用途: 研究施設
建築面積: 2,249㎡
延床面積: 18,378㎡
階: 地上7階、地下1階
構造: SRC造

(photograph)
吉村行雄写真事務所



concept:

This laboratory was completed in 1961, a year that saw a boom in the construction of central research laboratories.
Among those buildings, this laboratory offers advanced functions that to this day are found nowhere else.
Sustainable architecture is currently an important social theme, but 40 years ago the Shionogi Pharmaceutical Central Laboratory provided a model for sustainable design that allows buildings to be used for many years, such as floor height, design of equipment spaces, and structural design of draft chambers.

information:

year: 1961
location: Osaka, Japan
building type: Research Institute
BA: 2,249㎡
GFA: 18,378㎡
floor: 7F/B1F
structure: SRC

(photograph)
Yoshimura Yukio Photography Office