information / インフォメーション

company pfofile / 会社概要

Blog / ブログ

works / ワークス

public building

Nishinomiya Koroen Elementary School

西宮市立香櫨園小学校

December 19th, 2019

concept:

旧校舎の老朽化、児童増加による教室不足、教育環境を改善するための改築事業。
閑静な住宅地にあり、新校舎の配置計画から工事手順まで、近隣との合意形成を丁寧に重ねながら、「地域との共生」と「豊かな教育環境」の両立を目指した。
新校舎は中庭を囲むコンパクトな「ロの字」型配置とし、行き止まりのない回遊動線や、豊かな採光、通風といった優れた内部環境を生みだしている。

information:

竣工年:2019年
所在地:兵庫県西宮市
用途:小学校
建築面積:3,094 ㎡
延床面積:9,249 ㎡
階数:地上4階
構造:RC造一部S造

collaboration:
株式会社 三弘建築事務所(JV)

media:
日経アーキテクチュア 2019/01/24

(photograph)
SS大阪


concept:

information:

year: 2019
location: Hyogo,Japan
building type: Elementary School
BA: 3,094 m2
GFA: 9,249 m2
floor: 4F
structure: RC / S

collaboration:
Sanko Architectural Engineering Co., Ltd. (JV)

media:
NIKKEI ARCHITECTURE 2019/01/24

(photograph)
SS Osaka

Seismic Isolation Retrofit of The Kanagawa Prefecture Government New Building

神奈川県庁新庁舎 免震改修+増築

April 28th, 2018

concept:

本計画の目的は、災害時における事業継続性の強化である。東日本大震災を機に耐震・津波対策として、既存3庁舎共に地下の電気関係室を地上に再配置した。新庁舎は地上にエネルギーセンター棟を増築した後、地下1階柱頭免震化を行い駐車場に改変した。併せて地上階の既存不適格分改修及び設備更新を行った。これらを居ながら工事で業務を継続し引越しを繰返す複雑な計画となった。
エネルギーセンター棟は電気関係室を3,4階に新設、下部に津波の避難場所となるぺデストリアンデッキを設置、本庁舎キングの塔を正面に望む新たな都市景観が生まれた。
このたび、仮に1棟が被災しても他庁舎からの電源がバックアップ可能となった。横浜の歴史的景観の継承と同時に、非常時の冗長性を備える庁舎に改変することも本計画の特徴である。

information:

竣工年:2018年
所在地:神奈川県
用途:県庁舎
建築面積:4,257㎡
延床面積:42,081㎡
階数:地下1階 地上13階 塔屋2階
構造:SRC造一部S造(エネルギーセンター棟:S造一部SRC造)

collaboration:
構造計画研究所

press:
新建築 2018年 4月号

>> *神奈川県庁本庁舎・第二分庁舎 改修 (2018)
>> *神奈川県庁第二分庁舎 (1993)
>> *神奈川県庁新庁舎 (1966)

(photograph)
小川重雄

concept:

information:

year: 2018
location: Kanagawa, Japan
building type: Prefectural office building
BA: 4,257 sqm
GFA: 42,081 sqm
floor: B1F/13F/Penthouse2F
structure: SRC+S (Energy Center Building: S+SRC)

collaboration:
KOZO KEIKAKU ENGINEERING Inc.

press:
SHINKENCHIKU April. 2018.

>> *Renewal of The Kanagawa Prefecture Government Main Building and The Second Annex (2018)
>> *Kanagawa New Prefectural Offices (1993)
>> *New Administration Office of The Kanagawa Prefecture (1966)

(photograph)
Shigeo Ogawa

Renewal of the Kanagawa Prefecture Government Main Building and The Second Annex

神奈川県庁本庁舎・第二分庁舎 改修

April 28th, 2018

concept:
(第二分庁舎改修工事)
本建物は平成2年に弊社にて設計された県庁舎である。耐震・津波対策として地下電気関係室と受水槽を地上へ再配置し、耐震性を強化するため制振ダンパーの設置を行った。また、内装改修、サッシ改修なども併せて行う計画となった。
(本庁舎電気室棟・受水槽棟新築工事)
津波対策として本庁舎中庭内に設備棟を別棟で増築し、電気関係室、受水槽を想定浸水高さより上へ配置する計画。また、本庁舎建物についても衛生設備(便所)、空調設備の改修を行った。

information:
竣工年:2018年
所在地:神奈川県
用途:県庁舎
建築面積:3,151㎡ / 1,248㎡
延床面積:18,388㎡ / 14,244㎡
階数:地下1階 地上5階 塔屋4階 / 地下2階 地上9階 塔屋1階
構造:SRC造、一部RC造 / SRC造、一部S造

collaboration:
構造計画研究所

press:
新建築 2018年 4月号

>> *神奈川県庁新庁舎 免震改修+増築 (2018)
>> *神奈川県庁第二分庁舎 (1993)
>> *神奈川県庁新庁舎 (1966)

(photograph)
神奈川県
小川重雄

concept:

information:
year: 2018
location: Kanagawa, Japan
building type: Prefectural office building
BA: 3,151 sqm / 1,248 sqm
GFA: 18,388 sqm / 14,244 sqm
floor: B1F, 5F, Penthouse4F / B2F, 9F, Penthouse1F
structure: SRC, RC / SRC, S

collaboration:
KOZO KEIKAKU ENGINEERING Inc.

>> *Seismic Isolation Retrofit and Extension of The Kanagawa Prefecture Government New Building (2018)
>> *Kanagawa New Prefectural Offices (1993)
>> *New Administration Office of The Kanagawa Prefecture (1966)

(photograph)
Kanagawa Prefecture
Shigeo Ogawa

Gunma Kaikan Hall Renovation

群馬会館ホール改修

December 13th, 2017

concept:

佐藤功一の設計による公会堂建築(昭和5年 / 1930年竣工)の2階ホール部分等の内装・設備の全面改修。
設計・監理担当の協同組合群馬県建築設計センター(株式会社石井設計ほか)に協力し意匠監修を行った。
また、竣工当初のホール内装のイメージの復原を図っている。
1983年の改修部分(設計監理:坂倉建築研究所・群馬県建築設計センターJV)の1階広間や3階貴賓室等の内装は継承し、設備機器の改修を行った。

information:

竣工年:2017年
所在地:群馬県前橋市
用途:公会堂
建築面積:1,318 ㎡
延床面積:4,473 ㎡
階数:地下1階 地上4階
構造:RC造

award:

第27回 BELCA賞 ロングライフ部門

(photograph)
川澄・小林研二写真事務所 (内観)
坂倉建築研究所 (外観)

concept:

information:

year: 2017
location: Gunma, Japan
building type: Public Hall
BA: 1,318 sqm
GFA: 4,473 sqm
floor: B1F / 4F
structure: RC

award:

The 27th BELCA Award (Building and Equipment Long-life Cycle Association Award) " Long-life Field "

(photograph)
Kawasumi - Kobayashi Kenji Photograph Office (interior)
Sakakura Associates (exterior)

Sakura City Museum of Art Entrance Hall (Seismic Retrofit of Kawasaki Bank Sakura Branch)

佐倉市立美術館エントランスホール(旧川崎銀行佐倉支店 耐震改修)

November 1st, 2017

concept:

旧川崎銀行佐倉支店は矢部又吉の設計で1918年に建てられた。その後1937年以降は佐倉市の施設とされ、1994年に隣接して佐倉市立美術館(設計:坂倉建築研究所)が建設された際に、そのエントランスホールとされた。
2013年に耐震診断を行い、2017年に煉瓦壁を内側からRC補強する工事を実施した。補強のために内装は一旦すべて撤去し、工事前と同じ意匠を復旧している。
千葉県指定有形文化財

information:

竣工年:2017年
所在地:千葉県佐倉市
用途:美術館
建築面積:96 ㎡
延床面積:96 ㎡
階数:1階
構造:煉瓦造(RC補強)

>> *佐倉市立美術館 (1994)

(photograph)
坂倉建築研究所



concept:

information:

year: 2017
location: Sakura Chiba
building type: Museum
BA: 96 sqm
GFA: 96 sqm
floor: 1F
structure:

>> *Sakura City Museum of Art (1994)

(photograph)
Sakakura Associates

Kobe Kamitsutsui Elementary school / Kobe Tsutsuidai Junior high school

上筒井小学校・筒井台中学校

July 1st, 2016

concept:
隣接する小・中学校を建替えにより一体的に合築した。小・中学校、異なる年齢の児童や生徒が程よい関係を保つための「共用・交流ゾーン」を設定し、小・中学校の独立性を保ちながらも一体施設としてのメリットを最大限に生かせる計画とした。また、敷地の5mの高低差を利用し、昇降口と吹抜けでつながる開放的な図書メディアスペースを計画した。

information:
竣工年:2016年7月
所在地:兵庫県神戸市
用途:小学校、中学校(小中連携校)
建築面積:4,243㎡
延床面積:1,2803㎡
階:地上6階
構造:RC造、一部PRC造、S造

collaboration:
本保アトリエ一級建築士事務所

media:
近代建築 2016/08

(photograph)
近代建築社
上田写真事務所 上田出日児

concept:

Collaborated adjoining elementary and junior high school together by rebuilding. Setting up a "shared / exchange zone" for elementary and junior high school, which is to maintain reasonable relationship with children and students of different ages, and make plans to maximize the merit of a single facility while maintaining independence of elementary and junior high school. In addition, the open space of library and media is connected with hatch and high ceiling utilizing the height difference of 5m of the site.

information:
year: 2016/7
location: Hyogo,Japan
building type: Elementary school / Junior high school
BA: 4,243㎡
GFA: 1,2803㎡
floor: 6F
structure: RC/PRC/S

collaboration:
HOMBO ATELIER

media:
KINDAI KENCHIKU 2016/08

(photograph)
KINDAIKENCHIKU
Ueda Photo Office

Oiso Town Museum of History Exhibition Renewal

大磯町郷土資料館 展示リニューアル

June 30th, 2016

concept:

2013年、県立大磯城山公園(旧三井別邸跡地)に旧吉田茂邸跡地が統合されたのを機に、1988年に開館した大磯町郷土資料館の展示リニューアルを行った。大磯の別荘文化を軸に展示内容のキュレーションに踏み込んだ提案として「三井別邸 城山荘」の欄間部材が京都・安井杢工務店に保管されていることを発掘、同社とのコラボレーションによりエントランスホールに復元展示を実現した。

information:

竣工年:2016年6月
所在地:神奈川県大中郡大磯町
用途:展示施設
建築面積:-
延床面積:-
階:地上2階、地下2階
構造:RC造

collaboration
空環計画研究所

>> *大磯町郷土資料館 (1988)

(photograph)
小川重雄写真事務所

concept:

The merge of the site for Yoshida Shigeru's old residence into Ooisojoyama Park in 2013 occasioned Oiso Municipal Museum (opened in 1988) to renew its exhibits and layout.
The proposal for its exhibits of the history in Oiso-machi as a villa distinct led to a discovery of a partial piece of a RANMA (an openwork screen above openings), which originally decorated "Jouzansou" the second house of Mitsui`s, at YASUIMOKU KOUMUTEN in Kyoto and made the display on the RANMA restoration in the entrance hall happen in cooperation with the company.

information:

year: 2016/6
location: Kanagawa, Japan
building type: Museum
BA: -
GFA: -
floor: 2F/B2F
structure: RC

collaboration
SPACE ENVIRONMENT PLANNING INSTITUTE

>> *Oiso Town Museum of History (1988)

(photograph)
Shigeo Ogawa

Ofunato Public Restoration Housing

大船渡災害公営住宅

May 31st, 2014

concept:

東日本大震災の被災者のための住宅。
UR都市機構が宇津野沢・平林の2地区まとめてプロポーザルを行い、設計者に選定された。
岩手県におけるUR災害公営住宅の第一号として、基準住戸プランの見直しや基本仕様の策定を行い、
以後の設計施工物件のためのプロトタイプを設計した。
2地区共に軒下空間のある共用玄関を設け、外部空間と一体となった居住者の交流の場を実現している。

information:

竣工年:2014年5月
所在地:岩手県 大船渡市
用途:災害公営住宅
建築面積:624 ㎡ (U)、370 ㎡ (T)
延床面積:1,436 ㎡ (U)、854 ㎡ (T)
階:地上3階
構造:RC造
協同設計:SOY source 建築設計事務所

U=宇津野沢地区(写真右4枚)
T=平林地区(写真左4枚)

concept:

Public restoration housings for people who lost their houses to the Great East Japan Earthquake in the form of a proposal for both Utsunosawa and Tairabayashi area by the Urban Renaissance Agency (UR).
As the first UR's disaster public housing project, the apartment buildings were designed by Sakakura Associates to be prototypes for the following development of recovery in Iwate through the process of revising their general plans and decisions on specifications.
The entrances were designed to be open to the outside, with notable eaves above, to let the residents have comfortable spaces to socialize with each other.

information:

year: 2014/5
location: Iwate, Japan
building type: Public Restoration Housing
BA : 624 sqm (U)、370 sqm (T)
GFA: 1,436 sqm (U)、854 sqm (T)
floor: 3F
structure: RC
collaboration: SOY source architects

U=Utunozawa
T=Tairabayashi

International Center for Biotechnology, Osaka University

大阪大学 生物工学国際交流センター

March 1st, 2013

concept:

大阪大学の生物工学の研究施設。老朽化した施設棟の改修及び、新営棟の計画。研究分野の特性上、多くの留学生が研究しており、国際交流センターとしても位置づけられている。1階に交流スペース、上階の研究室には、リフレッシュバルコニーを計画しており、日々の研究活動の中で、ちょっとした交流やリフレッシュの場を盛り込んだ。外観は既存との調和を計りながら、西日を遮る奥行きの深いポツ窓をベースとし、自然エネルギーの活用にも配慮した。

information:

竣工年:2013年 3月
所在地:大阪府吹田市
用途:大学
建築面積:1,010㎡
延床面積:4,184㎡
階数:地上5階
構造:RC造

(photograph)
大阪大学

concept:

The biotechnology research facility of Osaka University. Refurbishment of old building and project of new buildings. Due to the characteristics of the study field, many foreign students are studying and positioning it as an international exchange center. A communication space is designed on the first floor, and planned a refreshment balcony in the upper laboratory. The place for exchange and recovery are incorporated into the daily research activities. The appearance seek harmony with the existing looking and based on the deep sunken window that can cover the westering sun, taking into account the use of natural energy.

information:

year: 2013 /3
location: Osaka, Japan
building type: University
BA: 1,010㎡
GFA: 4,184㎡
floor: 5F
structure: RC

(photograph)
Osaka University

Housing for Government Workers Sakai Housing

公務員宿舎堺住宅

March 1st, 2011

concept:

PFI事業にて整備した、492戸からなる公務員宿舎。家族向けを南向き、単身者向けを東向きに集約し、L形に組み合わせた住棟を2棟配置した。公務員宿舎に求められる、華美とならない清潔感のあるイメージに応え、白基調のシンプルな外観とした。

information:

竣工年:2011年3月
所在地:大阪府堺市
用途:集合住宅
建築面積: 5,499㎡
延床面積:26,212㎡
階数:14階
構造:RC造

(photograph)
エスエス大阪

concept:

A civil servant lodging house consists of 492 houses, in the PFI developed project. The south towards are suitable for all families and the east towards are for single people which two buildings are placed in L shape. In order to response to the image of cleanliness which not become spectacular and requires by civil servant lodgings, it show a simple appearance with white color tone.

information:

year: 2011/3
location: Osaka, Japan
building type: housing complex
BA: 5,499㎡
GFA: 26,212㎡
floor: 14F
structure: RC

(photograph)
SS Osaka