information / インフォメーション

company pfofile / 会社概要

Blog / ブログ

works / ワークス

public building

public building

公共建築

February 1st, 2021

     

THE TOKYO TOILET
Nishihara Park Toilet
 

 

Kanagawa Prefecture Government New Building
 

 

Kanagawa Prefecture Government Main Building and The Second Annex

 

Gunma Kaikan Hall Renovation
 

 

Sakura City Museum of Art Entrance Hall (Kawasaki Bank Sakura Branch) 

       

Osaka Municipal Tsurumi Complex Facility
 

 

Ichikawa Child Consultation Center of Chiba Prefecture
 

 

Tokorozawa Municipal Gymnasium
 

 

Central Public Hall, Osaka
 
 

 

National Olympic Memorial Youth Center
 

       

Osaka National Research Institute
 

 

Kimitsu City Health Welfare Center, Fureai Hall
 

 

Higashiyamato Civic Center (humming hall)
 

 

Tsukuba International Congress Center
 

 

Kiryu City Performing Art Center
 

       

Okayama Southern Institute of Health

 

Kazusa Academia Hall
 

 

Odawara Sports Center Gymnasiums

 

Inami Culture Center
 

 

Hitachi Civic Center
 

       

Kitazawa Townhall
 

 

Chigasaki Pool
 

 

Mie children's Castle
 

 

Ashiya City Library
 

 

Gifu City Culture Center
 

       

Higashiyamato Municipal Central Library

 

Tokoname Municipal Culture Hall, Cultural Activity Center 

 

Maebashi Municipal Office
 

 

Tokyo Metropolitan Gymnasium Complex

 

New Administration Office of Kanagawa Prefecture

 

 

   

Ashiya Municipal Grand Hall
LUNA HALL

 

Hiraoka Municipal Office
 

 

Ueno Municipal Office
 

 

Ichimura-Kinen Gymnasium
  

 

Kure Municipal Office and Municipal Culture Center

       

Hashima Municipal Office
 

 

West Plaza of Shinjuku Station and Parking Lots

 

Toll Gates on Highway
 

 

 
 

 

  

THE TOKYO TOILET Nishihara Park Toilet

THE TOKYO TOILET 西原一丁目公園トイレ

December 30th, 2020

従前の西原一丁目トイレは、環境として薄暗く、近寄りがたい印象すらありました。
明るく開放的で、誰もが快適に、平等に使える、「利用したいと思う」トイレを創出すること、またトイレ単体ではなく、この公園全体のイメージを改善することを目指しました。限られた敷地に、オストメイトを設置した多目的ブースと、その左右に、大便器と小便器両方を設けた男女兼用ブースをコンパクトに配置しました。

昼間は樹木のシルエットをプリントしたガラスを通して、柔らかい光がブースを満たし、夜は “行燈” としてのトイレが公園を明るく照らし出すことで、誰もが気軽に訪れる公共空間として望ましい姿になることを願っています。

information:
竣工年:2020年 8月
所在地:東京都渋谷区
用途:公衆便所
建築面積:21.45 ㎡
延床面積:21.45 ㎡
階数:地上1階
構造:RC造一部S造

collaboration:
大和ハウス工業

press:
THE TOKYO TOILET (日本財団)
新建築 2020/10
Casa BRUTUS vol.249 2021/01
TOTO通信 vol.526 2021/01新春号
SWITCH Vol.39 2021/04
ELLE DECOR JAPAN No.169 2021/04
dezeen 2020/09/15
TECTURE MAG 2020/09/06
Nipponcom日本网 2020/10/14

(photograph)
永禮賢 (1, 2, 4, 5, 6) / 株式会社エスエス 黒沼芳人 (3, 7)


The former restroom in Nishihara 1-chome park was gloomy and rather unapproachable.
The new design was aimed to create a well-lighted desirable restroom equally open to any users and also to make the park more attractive along with it.

The bathroom is equipped with unisex toilet cubicles and a multipurpose booth with an ostomate-accessible sink unit between them in a compact footprint.
The volume is filled with soft light filtered through glass printed with tree silhouettes during the day and it illuminates the park like an ANDON, an oriental lamp, at night to be a part of preferable public space.

information:
year: 2020/08
location: Tokyo, Japan
building type: Public Toilet
BA: 21.45 m2
GFA: 21.45 m2
floor: 1F
structure: RC / S

collaboration:
DAIWA HOUSE INDUSTRY CO., LTD.

press:
THE TOKYO TOILET (THE NIPPON FOUNDATION)
SHINKENCHIKU 2020/10
Casa BRUTUS vol.249 2021/01
TOTO Tsushin vol.526 2021/01
SWITCH Vol.39 2021/04
ELLE DECOR JAPAN No.169 2021/04
dezeen 2020/09/15
TECTURE MAG 2020/09/06
Nipponcom日本网 2020/10/14



(photograph)
Satoshi Nagare (1, 2, 4, 5, 6) / SS .inc (3, 7)


日本财团为了建设任何人都可以舒适使用的公共厕所而实施的“THE TOKYO TOILET”项目之一。

从前的西原一丁目厕所由于环境很阴暗,给人一种难以接近的印象。
因此,该设计的目标是通过创建一个明亮、开放、人人都能舒适并平等使用的卫生间,从而使得公园整体的形象得到改善。在有限的用地上,公共洗手间的内部设置了人工肛门洗盆的无障碍空间,并在其左右设置了带有座便器和小便池的男女兼用卫生间。
白天透过印有树木剪影的玻璃,使卫生间内充满柔和的阳光,夜晚作为“灯笼”将公园照得明亮,并指引人们自由且愉悦地使用此公共空间。

information:
完成 : 2020年8月
地址 : 东京都渋谷区 西原一丁目公园
用途 : 公厕
建筑面积 : 21.45平米 / 总建筑面积 : 21.45平米
规模 : 一层 / 结构 : 钢筋混凝土结构 + 钢结构

collaboration:
DAIWA HOUSE INDUSTRY CO., LTD.

press:
THE TOKYO TOILET(日本财团)
新建筑 2020/10
Casa BRUTUS vol.249 2021/01
TOTO通信 vol.526 2021/01新春号
SWITCH Vol.39 2021/04
ELLE DECOR JAPAN No.169 2021/04
dezeen 2020/09/15
TECTURE MAG 2020/09/06
Nipponcom日本网 2020/10/14



(photograph)
Satoshi Nagare (1, 2, 4, 5, 6) / SS .inc (3, 7)

Nishinomiya Harukaze Elementary School

西宮市立春風小学校

December 10th, 2020




旧校舎の老朽化、児童数増加による教室不足、運動場の広さを改善するための改築事業。

新校舎配置計画から工事手順まで、近隣住民との丁寧に対話を重ねながら、「豊かな教育環境」と「地域に愛される学校」を目指した。

新校舎は公園に面する敷地北側に配置し、旧校舎と運動場との関係を変えることで、運動場の日当たりを確保した。また、新校舎東側には緩衝スペースを設置する等、近隣に配慮した。
新校舎は中庭を囲む「ロの字」型配置とし、回遊動線や採光、通風といった優れた学習環境を生み出している。
屋上に配置したプールは火災時、災害時に消火用、生活用水として利用する計画としている。

information:

竣工年:2020年12月
所在地:兵庫県西宮市
用途:小学校
建築面積:3,899 ㎡
延床面積:9,899 ㎡
階数:地上4階
構造:RC造一部S造

collaboration:
株式会社 三弘建築事務所(JV)

(photograph)
SS大阪 ( 1,2,4,5,6 )
坂倉建築研究所 (3)


information:

year: 2020. 12
location: Hyogo, Japan
building type: Elementary School
BA: 3,899 m2
GFA: 9,899 m2
floor: 4F
structure: RC / S

collaboration:
Sanko Architectural Engineering Co., Ltd. (JV)

(photograph)
SS Osaka ( 1,2,4,5,6 )
Sakakura Associates (3)

Nishinomiya Koroen Elementary School

西宮市立香櫨園小学校

December 19th, 2019




旧校舎の老朽化、児童増加による教室不足、教育環境を改善するための改築事業。
閑静な住宅地にあり、新校舎の配置計画から工事手順まで、近隣との合意形成を丁寧に重ねながら、「地域との共生」と「豊かな教育環境」の両立を目指した。
新校舎は中庭を囲むコンパクトな「ロの字」型配置とし、行き止まりのない回遊動線や、豊かな採光、通風といった優れた内部環境を生みだしている。

information:
竣工年:2019年
所在地:兵庫県西宮市
用途:小学校
建築面積:3,094 ㎡
延床面積:9,249 ㎡
階数:地上4階
構造:RC造一部S造

collaboration:
株式会社 三弘建築事務所(JV)

media:
日経アーキテクチュア 2019/01/24

(photograph)
SS大阪


information:
year: 2019
location: Hyogo, Japan
building type: Elementary School
BA: 3,094 m2
GFA: 9,249 m2
floor: 4F
structure: RC / S

collaboration:
Sanko Architectural Engineering Co., Ltd. (JV)

media:
NIKKEI ARCHITECTURE 2019/01/24

(photograph)
SS Osaka

Seismic Isolation Retrofit of The Kanagawa Prefecture Government New Building

神奈川県庁新庁舎 免震改修+増築

April 28th, 2018




本計画の目的は、災害時における事業継続性の強化である。東日本大震災を機に耐震・津波対策として、既存3庁舎共に地下の電気関係室を地上に再配置した。新庁舎は地上にエネルギーセンター棟を増築した後、地下1階柱頭免震化を行い駐車場に改変した。併せて地上階の既存不適格分改修及び設備更新を行った。これらを居ながら工事で業務を継続し引越しを繰返す複雑な計画となった。
エネルギーセンター棟は電気関係室を3,4階に新設、下部に津波の避難場所となるぺデストリアンデッキを設置、本庁舎キングの塔を正面に望む新たな都市景観が生まれた。
このたび、仮に1棟が被災しても他庁舎からの電源がバックアップ可能となった。横浜の歴史的景観の継承と同時に、非常時の冗長性を備える庁舎に改変することも本計画の特徴である。

information:
竣工年:2018年
所在地:神奈川県
用途:県庁舎
建築面積:4,257㎡
延床面積:42,081㎡
階数:地下1階 地上13階 塔屋2階
構造:SRC造一部S造(エネルギーセンター棟:S造一部SRC造)

collaboration:
構造計画研究所

press:
新建築 2018/04

>> *神奈川県庁本庁舎・第二分庁舎 改修 (2018)
>> *神奈川県庁第二分庁舎 (1993)
>> *神奈川県庁新庁舎 (1966)

(photograph)
小川重雄


information:
year: 2018
location: Kanagawa, Japan
building type: Prefectural office building
BA: 4,257 sqm
GFA: 42,081 sqm
floor: B1F/13F/Penthouse2F
structure: SRC+S (Energy Center Building: S+SRC)

collaboration:
KOZO KEIKAKU ENGINEERING Inc.

press:
SHINKENCHIKU 2018/04

>> *Renewal of The Kanagawa Prefecture Government Main Building and The Second Annex (2018)
>> *Kanagawa New Prefectural Offices (1993)
>> *New Administration Office of The Kanagawa Prefecture (1966)

(photograph)
Shigeo Ogawa

Renewal of the Kanagawa Prefecture Government Main Building and The Second Annex

神奈川県庁本庁舎・第二分庁舎 改修

April 28th, 2018




(第二分庁舎改修工事)
本建物は平成2年に弊社にて設計された県庁舎である。耐震・津波対策として地下電気関係室と受水槽を地上へ再配置し、耐震性を強化するため制振ダンパーの設置を行った。また、内装改修、サッシ改修なども併せて行う計画となった。
(本庁舎電気室棟・受水槽棟新築工事)
津波対策として本庁舎中庭内に設備棟を別棟で増築し、電気関係室、受水槽を想定浸水高さより上へ配置する計画。また、本庁舎建物についても衛生設備(便所)、空調設備の改修を行った。

information:
竣工年:2018年
所在地:神奈川県
用途:県庁舎
建築面積:3,151㎡ / 1,248㎡
延床面積:18,388㎡ / 14,244㎡
階数:地下1階 地上5階 塔屋4階 / 地下2階 地上9階 塔屋1階
構造:SRC造、一部RC造 / SRC造、一部S造

collaboration:
構造計画研究所

press:
新建築 2018/04

>> *神奈川県庁新庁舎 免震改修+増築 (2018)
>>*神奈川県庁第二分庁舎 (1993)
>>*神奈川県庁新庁舎 (1966)

(photograph)
神奈川県
小川重雄


information:
year: 2018
location: Kanagawa, Japan
building type: Prefectural office building
BA: 3,151 sqm / 1,248 sqm
GFA: 18,388 sqm / 14,244 sqm
floor: B1F, 5F, Penthouse4F / B2F, 9F, Penthouse1F
structure: SRC, RC / SRC, S

collaboration:
KOZO KEIKAKU ENGINEERING Inc.

press:
SHINKENCHIKU 2018/04

>> *Seismic Isolation Retrofit and Extension of The Kanagawa Prefecture Government New Building (2018)
>> *Kanagawa New Prefectural Offices (1993)
>> *New Administration Office of The Kanagawa Prefecture (1966)

(photograph)
Kanagawa Prefecture
Shigeo Ogawa

Gunma Kaikan Hall Renovation

群馬会館ホール改修

December 13th, 2017

佐藤功一の設計による公会堂建築(昭和5年 / 1930年竣工)の2階ホール部分等の内装・設備の全面改修。
設計・監理担当の協同組合群馬県建築設計センター(株式会社石井設計ほか)に協力し意匠監修を行った。
また、竣工当初のホール内装のイメージの復原を図っている。
1983年の改修部分(設計監理:坂倉建築研究所・群馬県建築設計センターJV)の1階広間や3階貴賓室等の内装は継承し、設備機器の改修を行った。

information:
竣工年:2017年
所在地:群馬県前橋市
用途:公会堂
建築面積:1,318 ㎡
延床面積:4,473 ㎡
階数:地下1階 地上4階
構造:RC造

award:
第27回 BELCA賞 ロングライフ部門

(photograph)
川澄・小林研二写真事務所 (内観)
坂倉建築研究所 (外観)


information:
year: 2017
location: Gunma, Japan
building type: Public Hall
BA: 1,318 sqm
GFA: 4,473 sqm
floor: B1F / 4F
structure: RC

award:
The 27th BELCA Award (Building and Equipment Long-life Cycle Association Award) " Long-life Field "

(photograph)
Kawasumi - Kobayashi Kenji Photograph Office (interior)
Sakakura Associates (exterior)

Sakura City Museum of Art Entrance Hall (Seismic Retrofit of Kawasaki Bank Sakura Branch)

佐倉市立美術館エントランスホール(旧川崎銀行佐倉支店 耐震改修)

November 1st, 2017




旧川崎銀行佐倉支店は矢部又吉の設計で1918年に建てられた。その後1937年以降は佐倉市の施設とされ、1994年に隣接して佐倉市立美術館(設計:坂倉建築研究所)が建設された際に、そのエントランスホールとされた。
2013年に耐震診断を行い、2017年に煉瓦壁を内側からRC補強する工事を実施した。補強のために内装は一旦すべて撤去し、工事前と同じ意匠を復旧している。
千葉県指定有形文化財

information:
竣工年:2017年
所在地:千葉県佐倉市
用途:美術館
建築面積:96 ㎡
延床面積:96 ㎡
階数:1階
構造:煉瓦造(RC補強)

>> *佐倉市立美術館 (1994)

(photograph)
坂倉建築研究所


information:
year: 2017
location: Sakura Chiba
building type: Museum
BA: 96 sqm
GFA: 96 sqm
floor: 1F
structure:

>> *Sakura City Museum of Art (1994)

(photograph)
Sakakura Associates

Kobe Kamitsutsui Elementary school / Kobe Tsutsuidai Junior high school

上筒井小学校・筒井台中学校

July 1st, 2016

concept:
隣接する小・中学校を建替えにより一体的に合築した。小・中学校、異なる年齢の児童や生徒が程よい関係を保つための「共用・交流ゾーン」を設定し、小・中学校の独立性を保ちながらも一体施設としてのメリットを最大限に生かせる計画とした。また、敷地の5mの高低差を利用し、昇降口と吹抜けでつながる開放的な図書メディアスペースを計画した。

information:
竣工年:2016年7月
所在地:兵庫県神戸市
用途:小学校、中学校(小中連携校)
建築面積:4,243㎡
延床面積:1,2803㎡
階:地上6階
構造:RC造、一部PRC造、S造

collaboration:
本保アトリエ一級建築士事務所

media:
近代建築 2016/08

(photograph)
近代建築社
上田写真事務所 上田出日児

concept:

Collaborated adjoining elementary and junior high school together by rebuilding. Setting up a "shared / exchange zone" for elementary and junior high school, which is to maintain reasonable relationship with children and students of different ages, and make plans to maximize the merit of a single facility while maintaining independence of elementary and junior high school. In addition, the open space of library and media is connected with hatch and high ceiling utilizing the height difference of 5m of the site.

information:
year: 2016/7
location: Hyogo,Japan
building type: Elementary school / Junior high school
BA: 4,243㎡
GFA: 1,2803㎡
floor: 6F
structure: RC/PRC/S

collaboration:
HOMBO ATELIER

media:
KINDAI KENCHIKU 2016/08

(photograph)
KINDAIKENCHIKU
Ueda Photo Office

Oiso Town Museum of History Exhibition Renewal

大磯町郷土資料館 展示リニューアル

June 30th, 2016

concept:

2013年、県立大磯城山公園(旧三井別邸跡地)に旧吉田茂邸跡地が統合されたのを機に、1988年に開館した大磯町郷土資料館の展示リニューアルを行った。大磯の別荘文化を軸に展示内容のキュレーションに踏み込んだ提案として「三井別邸 城山荘」の欄間部材が京都・安井杢工務店に保管されていることを発掘、同社とのコラボレーションによりエントランスホールに復元展示を実現した。

information:

竣工年:2016年6月
所在地:神奈川県大中郡大磯町
用途:展示施設
建築面積:-
延床面積:-
階:地上2階、地下2階
構造:RC造

collaboration
空環計画研究所

>> *大磯町郷土資料館 (1988)

(photograph)
小川重雄写真事務所

concept:

The merge of the site for Yoshida Shigeru's old residence into Ooisojoyama Park in 2013 occasioned Oiso Municipal Museum (opened in 1988) to renew its exhibits and layout.
The proposal for its exhibits of the history in Oiso-machi as a villa distinct led to a discovery of a partial piece of a RANMA (an openwork screen above openings), which originally decorated "Jouzansou" the second house of Mitsui`s, at YASUIMOKU KOUMUTEN in Kyoto and made the display on the RANMA restoration in the entrance hall happen in cooperation with the company.

information:

year: 2016/6
location: Kanagawa, Japan
building type: Museum
BA: -
GFA: -
floor: 2F/B2F
structure: RC

collaboration
SPACE ENVIRONMENT PLANNING INSTITUTE

>> *Oiso Town Museum of History (1988)

(photograph)
Shigeo Ogawa

Ofunato Public Restoration Housing

大船渡災害公営住宅

May 31st, 2014

concept:

東日本大震災の被災者のための住宅。
UR都市機構が宇津野沢・平林の2地区まとめてプロポーザルを行い、設計者に選定された。
岩手県におけるUR災害公営住宅の第一号として、基準住戸プランの見直しや基本仕様の策定を行い、
以後の設計施工物件のためのプロトタイプを設計した。
2地区共に軒下空間のある共用玄関を設け、外部空間と一体となった居住者の交流の場を実現している。

information:

竣工年:2014年5月
所在地:岩手県 大船渡市
用途:災害公営住宅
建築面積:624 ㎡ (U)、370 ㎡ (T)
延床面積:1,436 ㎡ (U)、854 ㎡ (T)
階:地上3階
構造:RC造
協同設計:SOY source 建築設計事務所

U=宇津野沢地区(写真右4枚)
T=平林地区(写真左4枚)

concept:

Public restoration housings for people who lost their houses to the Great East Japan Earthquake in the form of a proposal for both Utsunosawa and Tairabayashi area by the Urban Renaissance Agency (UR).
As the first UR's disaster public housing project, the apartment buildings were designed by Sakakura Associates to be prototypes for the following development of recovery in Iwate through the process of revising their general plans and decisions on specifications.
The entrances were designed to be open to the outside, with notable eaves above, to let the residents have comfortable spaces to socialize with each other.

information:

year: 2014/5
location: Iwate, Japan
building type: Public Restoration Housing
BA : 624 sqm (U)、370 sqm (T)
GFA: 1,436 sqm (U)、854 sqm (T)
floor: 3F
structure: RC
collaboration: SOY source architects

U=Utunozawa
T=Tairabayashi

International Center for Biotechnology, Osaka University

大阪大学 生物工学国際交流センター

March 1st, 2013

concept:

大阪大学の生物工学の研究施設。老朽化した施設棟の改修及び、新営棟の計画。研究分野の特性上、多くの留学生が研究しており、国際交流センターとしても位置づけられている。1階に交流スペース、上階の研究室には、リフレッシュバルコニーを計画しており、日々の研究活動の中で、ちょっとした交流やリフレッシュの場を盛り込んだ。外観は既存との調和を計りながら、西日を遮る奥行きの深いポツ窓をベースとし、自然エネルギーの活用にも配慮した。

information:

竣工年:2013年 3月
所在地:大阪府吹田市
用途:大学
建築面積:1,010㎡
延床面積:4,184㎡
階数:地上5階
構造:RC造

(photograph)
大阪大学

concept:

The biotechnology research facility of Osaka University. Refurbishment of old building and project of new buildings. Due to the characteristics of the study field, many foreign students are studying and positioning it as an international exchange center. A communication space is designed on the first floor, and planned a refreshment balcony in the upper laboratory. The place for exchange and recovery are incorporated into the daily research activities. The appearance seek harmony with the existing looking and based on the deep sunken window that can cover the westering sun, taking into account the use of natural energy.

information:

year: 2013 /3
location: Osaka, Japan
building type: University
BA: 1,010㎡
GFA: 4,184㎡
floor: 5F
structure: RC

(photograph)
Osaka University

Housing for Government Workers Sakai Housing

公務員宿舎堺住宅

March 1st, 2011

concept:

PFI事業にて整備した、492戸からなる公務員宿舎。家族向けを南向き、単身者向けを東向きに集約し、L形に組み合わせた住棟を2棟配置した。公務員宿舎に求められる、華美とならない清潔感のあるイメージに応え、白基調のシンプルな外観とした。

information:

竣工年:2011年3月
所在地:大阪府堺市
用途:集合住宅
建築面積: 5,499㎡
延床面積:26,212㎡
階数:14階
構造:RC造

(photograph)
エスエス大阪

concept:

A civil servant lodging house consists of 492 houses, in the PFI developed project. The south towards are suitable for all families and the east towards are for single people which two buildings are placed in L shape. In order to response to the image of cleanliness which not become spectacular and requires by civil servant lodgings, it show a simple appearance with white color tone.

information:

year: 2011/3
location: Osaka, Japan
building type: housing complex
BA: 5,499㎡
GFA: 26,212㎡
floor: 14F
structure: RC

(photograph)
SS Osaka

Osaka University Hall

大阪大学会館 改修

February 28th, 2011

concept:

大阪大学のシンボルとなる、旧制浪速高校時代のイ号館(1928年竣工)を大学創立80周年記念として保存・再生。
講堂は創建当初の意匠を再現しながら光天井に改修し、明るく機能的な空間として再生した。
登録有形文化財(2004年)

information:

竣工年: 2011年
所在地: 大阪府 豊中市
用途: 大学施設
建築面積: ---
延床面積: 4,352㎡
階: 地上5階
構造: RC造

award:

平成25年度 第23回BELCA賞 ベストリフォーム部門 (公益社団法人ロングライフビル推進協会)

(photograph)
大阪大学:1-3 / ヤマギワ:4



concept:

The hall was originally constructed in 1928 as the main hall of Naniwa Senior High School, the predecessor of Osaka University.
In commemoration of the 80th anniversary of the founding of the university, this symbolic building was preserved and restored.
While recreating the original design of the lecture hall, the ceiling was renewed to add top lighting for a bright and functional space.
Registered tangible cultural property (2004).

information:

year: 2011
location: Osaka, Japan
building type: University
BA: ---
GFA: 4,352㎡
floor: 5F
structure:RC

award:

23rd BELCA Award 2013: Best Renovation (Building and Equipment Long-life Cycle Association)

(photograph)
Osaka University:1,2,3 / Yamagiwa:4

Nishinomiya Yougai Elementary School

用海小学校

October 1st, 2010

concept:

限られた敷地内で、囲み型平面でコンパクトにまとめ、新校舎を配置した。教室だけにとどまらず、屋上緑化や木製デッキで仕上げた各所のテラスを、新たな教育活動の場として計画している。読書活動が盛んなこの学校で、児童が毎日通る昇降口脇に、吹抜けのある開放的な「まんなか図書館」を設け、児童にとって「本」をより身近なものにする工夫をした。

information:

竣工年:2010年10月
所在地:兵庫県西宮市
用途:小学校
建築面積:3,116㎡
延床面積:8,145㎡
階数:4階
構造:RC造、一部S造

(photograph)
SS大阪

concept:

On a limited place, the new school buildings are efficiently arranged on a flat surface, not only classrooms but also green roofs and wood decks as places for educational activities. In this flourishing of reading activity school, there is an expansive "hollow library" of an open ceiling apace next to the hatch where students pass each day, which can let children become more familiar with "books".

information:

year: 2010/10
location: Hyogo, Japan
building type: Bridal
BA: 3,116㎡
GFA: 8,145㎡
floor: 4F
structure: RC/S

(photograph)
SS Osaka

KYOTO UTANO Youth Hostel

京都市宇多野ユースホステル

February 28th, 2008

concept:

風致地区に建つユースホステルの建替え。
低層の建物を中庭を囲む形で配し、瓦屋根の深い軒と木製サッシ、木を多用した内装等により京都らしさを表現した。

information:

竣工年: 2008年
所在地: 京都府 京都市
用途: ユースホステル
建築面積: 1,925㎡
延床面積: 2,710㎡
階: 地上2階
構造: RC造

award:

簡易プロポーザル(入選2005.7)
HI HOSTEL AWARDS - Most Comfortable Hostel 2009, 2011, 2012

(photograph)
京都市



concept:

Reconstruction of a youth hostel in a scenic area.
Low-rise buildings are arranged around a central courtyard.
A typical Kyoto atmosphere is seen in the tile roofs with deep eaves, the wooden sashes, and the liberal use of wood in the interior.

information:

year: 2008
location: Kyoto, Japan
building type: Youth Hostel
BA: 1,925㎡
GFA: 2,710㎡
floor: 2F
structure:RC

award:

HI HOSTEL AWARDS - Most Comfortable Hostel 2009, 2011, 2012

(photograph)
Kyoto City

Osaka Municipal Tsurumi Complex Facility

鶴見区民センター

February 28th, 2005

concept:

大小2つのホール、図書館、集会室・研修室をもつ区民センターと、賃貸集合住宅を一体的に整備。
地下鉄駅に直結し、バスターミナルも隣接する交通至便な位置にあり、区民の気軽な交流の場として親しまれている。

information:

竣工年: 2005年
所在地: 大阪府 大阪市
用途: 集合住宅/図書館/区民センター
建築面積: 2,919㎡
延床面積: 10,169㎡
階: 地上8階、地下1階
構造: SRC造

(photograph)
千里工業写真事業部



concept:

A civic center contains a large hall, small hall, library, and meeting rooms, with rental housing in the same complex.
Transportation is extremely convenient – the complex is connected directly to the subway and adjoins a bus terminal.
It is established in the community as a convenient place for friendly exchanges.

information:

year: 2005
location: Osaka, Japan
building type: Apartment/Library/City hall
BA: 2,919㎡
GFA: 10,169㎡
floor: 8F/B1F
structure:SRC

(photograph)
Senri Kougyou Photo Department

Ichikawa Child Consultation Center of Chiba Prefecture

千葉県市川児童相談所

March 6th, 2004

concept:

本施設は、複雑化し多様化する児童問題に対応出来るこれからの児童相談所の一指針となることを目指した。
「安心」「プライバシー」「癒し」を設計のテーマとし、中庭形式や開口部ルーバー等の採用により周辺環境との調和も図った。

information:

竣工年: 2004年
所在地: 千葉県市川市
用途: 児童相談所
建築面積: 1,220㎡
延床面積: 2,298㎡
階: 地上3階
構造: RC造+S造

(photograph)
川澄・小林研二写真事務所



concept:

This facility aims to become a model for the child consultation centers of the future, responding to the increasingly diverse and complex issues faced by children.
The themes of the design were “Reassurance”, “Privacy”, and “Healing”.
Harmony with the surrounding environment were secured through features such as the inner courtyard plan and the use of louvers over openings.

information:

year: 2004
location: Chiba, Japan
building type: Child Consultation Center
BA: 1,220㎡
GFA: 2,298㎡
floor: 3F
structure: RC+S

(photograph)
Kawasumi Kenji Kobayashi Photo Office

Tokorozawa Municipal Gymnasium

所沢市民体育館

February 28th, 2004

concept:

平成16年埼玉国体9人制バレーボール会場となった総合体育館。
秩父産の無垢の杉材をアリーナの屋根架構に使用。
国際大会から日常の市民利用まで柔らかく対応できる、明るくのびやかな空間を目指した。

information:

竣工年: 2004年
所在地: 埼玉県 所沢市
用途: 体育館
建築面積: 10,947㎡
延床面積: 14,692㎡
階: 地上3階、地下1階
構造: RC造、一部木造+S造

media:
新建築2004/09
GAJAPAN 70 2004/09-10
日経アーキテクチュア 2003/09/01号
近代建築 2004/12
ディテール 2005/01
ディテール 2004/10

award:
木質建築空間デザインコンテスト最優秀賞
木材活用コンクール最優秀賞(林野庁長官賞)
木の建築賞(ハイブリッドアーキテクチュア賞)
照明普及賞
優良木造施設農林水産大臣賞
グッドデザイン賞 2005

(photograph)
川澄・小林研二写真事務所



concept:

A municipal gymnasium built as the 9-player volleyball arena for the 2004 National Sports Festival hosted by Saitama Prefecture.
The roof of the arena uses solid sugi (Japanese cedar) wood from the Chichibu district of the prefecture.
The building is flexible enough to be used for everything from international sporting events to everyday citizen athletics.
The design aimed for a bright, unobstructed space.

information:

year: 2004
location: Saitama, Japan
building type: Gymnasium
BA: 10,947㎡
GFA: 14,692㎡
floor: 3F/B1F
structure: RC / Timber + S

media:
SHINKENCHIKU 2004/09
GAJAPAN 70 2004/09-10
NIKKEI ARCHITECTURE 2003/09/01
KINDAIKENCHIKU 2004/12
DETAIL 2005/01
DETAIL 2004/10

award:
Wooden Architecture Space Design Competition, First Prize
Practical Use of Wood Competition, First Prize/Hybrid Architecture Award
Lighting Installation Award
Excellent Wooden Building, Minister of Agriculture, Forestry and Fisheries Award
Good Design Award 2005

(photograph)
Kawasumi Kenji Kobayashi Photo Office

University of Tokyo, Kashiwa Campus, General Research and Experiment Building

東京大学大学院新領域創成科学研究科基盤科学系研究棟

April 1st, 2002

concept:

東京大学の本郷、駒場の2つのキャンパスに続く柏新キャンパスに計画された、新領域の研究・実験施設である。
新物質系専攻、先端エネルギー工学専攻、情報基盤学専攻、複雑理工学専攻の研究・実験施設と事務部門をもつ施設として計画されている。

information:

竣工年: 2002年
所在地: 千葉県 柏市
用途: 研究施設
建築面積: 500㎡
延床面積: 16,900㎡
階: 地上7階地下1階
構造: RC造+SRC造+S造

(photograph)
不詳



concept:

A project for the Kashiwa campus of the University of Tokyo, following projects for the university’s Hongo and Komaba campuses.
The facility support research and experiments in fields such as new materials, advanced energy engineering, information systems, and complexity engineering, with spaces for both research and administration.

information:

year: 2002
location: Chiba, Japan
building type: Research Institute
BA: 500㎡
GFA: 16,900㎡
floor: 7F/B1F
structure:RC+SRC+S

(photograph)
Unknown