information / インフォメーション

company pfofile / 会社概要

Blog / ブログ

works / ワークス

education

education

教育

February 4th, 2021

       

Nishinomiya Harukaze
Elementary School
 

 

Gakuen-no-mori School
 
 

 

Nishinomiya Koroen Elementary School
 

 

Kamitsutsui
Elementary school
Tsutsuidai Junior high school

 

Arimanomori Cosmos Nursery School
 

       

Prime Maison
Egotanomori
 

 

Isuzu Motors Manufacturing Service Training Center
 

 

Nakano Campus Bld. No.2
Tokyo Polytechnic University
 

 

Nakano Campus Bld. No.3
Tokyo Polytechnic University
 

 

Osaka University Bioengineering International Exchange Center

       

Shohei Junior and Senior High School

 

Osaka University Hall
 

 

Nishinomiya Yougai Elementary school

 

Bunka Gakuin / BS11
 

 

Osaka University of Arts
 

       

Seijo Kindergarten
 
 

 

Ichikawa Child Consultation Center of Chiba Prefecture
 

 

No.1 Dinning Hall,
Rikkyo University
 

 

University of Tokyo,
General Research and Experiment Building

 

Gifu College of Nursing
 
 

       

Saitama Prefecture Chichibu Special Support School

 

University of Shizuoka for Culture and Arts

 

Kobe City Nagisa Junior High School 

 

The University of Shiga Prefecture

 

Keio University Information Technology Center

       

Osaka Prefecture College of Nursing

 

Tokyo Salesian Boy's Home
 

 

Tokyo Salesian Boys Home Gymnasium 

 

Tokyo Metropolitan University Arakawa Campus

 

Watarase Children's Development Home

       

Naniwa Junior college, Itami Campus

 

Gunma Prefectural Women's College

 

St. Joseph Home
 

 

 

Nishinomiya Harukaze Elementary School

西宮市立春風小学校

December 10th, 2020




旧校舎の老朽化、児童数増加による教室不足、運動場の広さを改善するための改築事業。

新校舎配置計画から工事手順まで、近隣住民との丁寧に対話を重ねながら、「豊かな教育環境」と「地域に愛される学校」を目指した。

新校舎は公園に面する敷地北側に配置し、旧校舎と運動場との関係を変えることで、運動場の日当たりを確保した。また、新校舎東側には緩衝スペースを設置する等、近隣に配慮した。
新校舎は中庭を囲む「ロの字」型配置とし、回遊動線や採光、通風といった優れた学習環境を生み出している。
屋上に配置したプールは火災時、災害時に消火用、生活用水として利用する計画としている。

information:

竣工年:2020年12月
所在地:兵庫県西宮市
用途:小学校
建築面積:3,899 ㎡
延床面積:9,899 ㎡
階数:地上4階
構造:RC造一部S造

collaboration:
株式会社 三弘建築事務所(JV)

(photograph)
SS大阪 ( 1,2,4,5,6 )
坂倉建築研究所 (3)


information:

year: 2020. 12
location: Hyogo, Japan
building type: Elementary School
BA: 3,899 m2
GFA: 9,899 m2
floor: 4F
structure: RC / S

collaboration:
Sanko Architectural Engineering Co., Ltd. (JV)

(photograph)
SS Osaka ( 1,2,4,5,6 )
Sakakura Associates (3)

Nishinomiya Koroen Elementary School

西宮市立香櫨園小学校

December 19th, 2019




旧校舎の老朽化、児童増加による教室不足、教育環境を改善するための改築事業。
閑静な住宅地にあり、新校舎の配置計画から工事手順まで、近隣との合意形成を丁寧に重ねながら、「地域との共生」と「豊かな教育環境」の両立を目指した。
新校舎は中庭を囲むコンパクトな「ロの字」型配置とし、行き止まりのない回遊動線や、豊かな採光、通風といった優れた内部環境を生みだしている。

information:
竣工年:2019年
所在地:兵庫県西宮市
用途:小学校
建築面積:3,094 ㎡
延床面積:9,249 ㎡
階数:地上4階
構造:RC造一部S造

collaboration:
株式会社 三弘建築事務所(JV)

media:
日経アーキテクチュア 2019/01/24

(photograph)
SS大阪


information:
year: 2019
location: Hyogo, Japan
building type: Elementary School
BA: 3,094 m2
GFA: 9,249 m2
floor: 4F
structure: RC / S

collaboration:
Sanko Architectural Engineering Co., Ltd. (JV)

media:
NIKKEI ARCHITECTURE 2019/01/24

(photograph)
SS Osaka

Prime Maison Egotanomori

プライムメゾン江古田の杜

December 30th, 2018




江古田の森公園に隣接した敷地における、まちづくりのプロジェクト。子育て世帯向け住宅、高齢者向け住宅、単身者向け住宅、老人ホームといった多種多様な住居に、保育所、学童クラブ、地域開放型レストラン、子育て支援施設、コンビニ、薬局を併設している。
豊かな緑地を有する江古田の杜を保全、拡充させ、まちの外周に環状緑地帯を形成し、「緑のリング」と位置づけた。「緑のリング」は、まちの暮らしを豊かにする地域の共有財産となる。また、地域に開放した共用空間「リブインラボ」をまちの中心に計画。「リブインラボ」は、地域住民の食堂、イベント活動の場、防災時の屋内避難場所等としての機能を担い、エリアマネジメントの拠点となる。人と人、人とまちの結び付きを育み、江古田の杜と共に永く愛されるまちを目指した。

information:
竣工年:2018年8月 / 所在地:東京都中野区
用途:子育て世帯向け住宅、サービス付き高齢者向け住宅、単身者向け住宅、老人ホーム、保育所、学童クラブ、子育て支援施設、店舗、薬局
建築面積: 6,884 ㎡ / 延床面積:41,548 ㎡
階数:地下1階、地上14階 / 構造:S造一部RC造

awards:
* 都市景観大賞2019 都市空間部門 優秀賞 (「都市景観の日」実行委員会 国土交通省 後援)
* 第39回 緑の都市賞 国土交通大臣賞 (都市緑化機構, 国土交通省 環境省 東京都 後援)
* GOOD DESIGN AWARD 2019 - BEST100 / 特別賞 / グッドフォーカス賞 [地域社会デザイン]

press:
* 新建築 2020/02
* 建築ジャーナル 東日本版 2019/08

photograph :
川澄・小林研二写真事務所 (1,2,3,5,6,7,8,9,10) / 坂倉建築研究所 (4)


information:
year: 2018/8
location: Tokyo, Japan
building type: condominiums (for childcare household, elderlies, and singles) , nursing homes, restaurant, childcare support facility, convenience store, pharmacy
BA: 6,884 m2 / GFA: 41,548 m2
floor: B1F, 14F / structure: S+RC

awards:
* The Townscape Award 2019 Urban space category:Excellence Award (Minister of Land, Infrastructure, Transport and Tourism)
* 39th Green City Award 2019 "Minister of Land, Infrastructure, Transport and Tourism Award" (Organization for Landscape and Urban Green Infrastructure)
* GOOD DESIGN AWARD 2019 - Best 100 / Special Award / Good Focus Award [Design of Community Development]

press:
* SHINKENCHIKU 2020/02
* KENCHIKU JOURNAL (East Japan Edition) 2019/08

photograph:
Kawasumi - Kobayashi Kenji Photograph Office (1,2,3,5,6,7,8,9,10) / Sakakura Associates (4)


此城市规模的开发项目相邻与江古田森林公园。内有面向育儿家庭,高龄老人,单身者,养老院等多类型的住宅,并设有托儿所,上学儿童托管机构,地区开放型餐厅空间,育儿支援设施,便利店,药店等。
在保护江古田之林原有的丰富绿地的基础上加以扩充,在街道外围形成环状绿地带,定位为社区的“绿环”。“绿环”会成为丰富城市生活的社区共有财产。

information:
竣工年:2018年8月 / 所在地:东京都中野区
用途:面向育儿家庭的住宅,有服务的面向老年人的住宅,面向单身者的住宅,老人院,保育所,托管班,育儿支援设施,商店,药店
建筑面积 :6884平米 / 总建筑面积 :41548平米
规模 :地下1层,地上14层 / 结构 :S造一部分RC造

awards:
* 都市景观大奖 2019 都市空间部门优秀奖
* 第39届绿都市奖 国土交通大臣奖
* GOOD DESIGN AWARD 2019 - BEST100奖 / 特别奖 / Good Focus奖 [Design of Community Development]

press:
* 新建筑 2020/02
* 建筑杂志 东日本版 2019/08

photograph: 川澄・小林研二写真事务所 ( 1,2,3,5,6,7,8,9,10 ) / 坂仓建筑研究所 (4)

GAKUEN NO MORI SCHOOL

学園の森義務教育学校

May 4th, 2018

つくばエクスプレス沿線開発に伴う人口増に対応し、2校同時に設計・建設を進め、2018年4月に開校した新設小中一貫校のひとつ。
南北二棟の直線状校舎のあいだに図書室、多目的室、体育館と三つの屋外空間を配置し、シンプルな校舎配置の中に豊かな学習環境を創りだしている。学校と併せて児童クラブ棟も設計した。

information:
竣工年:2018年
所在地:茨城県つくば市
用途:義務教育学校
建築面積: 7,847.35 ㎡
延床面積:14,453.44 ㎡
階数:地上3階
構造:RC造一部S造

press:
近代建築 2019/07
建築ジャーナル 東日本版 2019/06

(photograph)
川澄・小林研二写真事務所


information:
year: 2018
location: Tsukuba city Ibaraki, Japan
building type: Compulsory education school
BA : 7,847.35 m2
GFA: 14,453.44 m2
floor: 3F
structure: RC + S

press:
KINDAI KENCHIKU 2019/07
KENCHIKU JOURNAL (East Japan Edition) 2019/06

(photograph)
Kawasumi - Kobayashi Kenji Photograph Office

Kobe Kamitsutsui Elementary school / Kobe Tsutsuidai Junior high school

上筒井小学校・筒井台中学校

July 1st, 2016

concept:
隣接する小・中学校を建替えにより一体的に合築した。小・中学校、異なる年齢の児童や生徒が程よい関係を保つための「共用・交流ゾーン」を設定し、小・中学校の独立性を保ちながらも一体施設としてのメリットを最大限に生かせる計画とした。また、敷地の5mの高低差を利用し、昇降口と吹抜けでつながる開放的な図書メディアスペースを計画した。

information:
竣工年:2016年7月
所在地:兵庫県神戸市
用途:小学校、中学校(小中連携校)
建築面積:4,243㎡
延床面積:1,2803㎡
階:地上6階
構造:RC造、一部PRC造、S造

collaboration:
本保アトリエ一級建築士事務所

media:
近代建築 2016/08

(photograph)
近代建築社
上田写真事務所 上田出日児

concept:

Collaborated adjoining elementary and junior high school together by rebuilding. Setting up a "shared / exchange zone" for elementary and junior high school, which is to maintain reasonable relationship with children and students of different ages, and make plans to maximize the merit of a single facility while maintaining independence of elementary and junior high school. In addition, the open space of library and media is connected with hatch and high ceiling utilizing the height difference of 5m of the site.

information:
year: 2016/7
location: Hyogo,Japan
building type: Elementary school / Junior high school
BA: 4,243㎡
GFA: 1,2803㎡
floor: 6F
structure: RC/PRC/S

collaboration:
HOMBO ATELIER

media:
KINDAI KENCHIKU 2016/08

(photograph)
KINDAIKENCHIKU
Ueda Photo Office

Arimanomori Cosmos Nursery School

有馬の杜コスモス保育園

March 1st, 2015

concept:

閑静な住宅街の中に建つ保育園。園児が外でのびのびと遊べ、安全を確保しながらも街に開かれる保育園を目指した。
園庭側の大開口により保育室と園庭やテラスとの連続感を確保し、屋上テラスは園児の姿が街からよく見えるように道路側に配置した。
室内には事業主の故郷の高知県の木材を床や腰壁などに多用し、木の温もりを感じる空間とした。

information:

竣工年:2015年3月
所在地:神奈川県 川崎市
用途:保育所
建築面積:471.25㎡
延床面積:657.97㎡
階:地上2階
構造:木造

(photograph)
川澄・小林研二写真事務所

concept:

It is a nursery school in a quiet residential area. We made good environment that children play outside very well while ensuring the security. The children’s rooms have a big window and continue smoothly with a garden and terrace. The people who walk the town can see the children playing on a terrace of the second floor. Such as the floor and the spandrel wall, we use Tosa wood at the point that children can touch.This nursery school has the warmth of the wood.

information:

year: 2015/3
location: Kanagawa, Japan
building type: Nursery School
BA: 471.25㎡
GFA: 657.97㎡
floor: 2F
structure: Wood

(photograph)
Kawasumi Kobayashi Kenji Photograph Office

Isuzu Motors Manufacturing Service Training Center

いすゞ自動車ものづくりサービストレーニングセンター

December 1st, 2014

concept:

いすゞ自動車の自社工場隣接地に設けた、教育・研修の拠点施設。
実地訓練を主体とした「実習棟」と、座講を行う「教育厚生棟」の2棟を繋いだ構成。
様々な内部空間に対して求められる開口部を、機能と周辺環境に合わせて高さを変え、水平連続窓の形式で四周に廻し、2棟を外観上統合させている。
実習場は2層吹抜とし、イベント時等には観覧スペースとしての使い方も想定した2階通路を開放的な構成で組み込んだ。
教育厚生棟1階は、設備機器のレイアウトとリンクしたストライプパターンを天井全体に通し、エントランスホール・受付・ラウンジが一体感を持った開放的な空間となるようにデザインした。

information:

竣工年:2014年12月
所在地:神奈川県 藤沢市
用途:研修施設
建築面積:4,243㎡
延床面積:11,546㎡
階:地上4階
構造:SRC造一部RC造/S造

>> *ISUZU PLAZA (2017)
>> *PLAZA annex (2017)
>> ISUZU KENPO SQUARE (2018)

(photograph)
川澄・小林研二写真事務所

concept:

-

information:

year: 2014/12
location: Kanagawa, Japan
building type: Training Facilities
BA: 4,243㎡
GFA: 11,546㎡
floor: 4F
structure: S/RC/SRC

>> *ISUZU PLAZA (2017)
>> *PLAZA annex (2017)
>> ISUZU KENPO SQUARE (2018)

(photograph)
Kawasumi Kenji Kobayashi Photo Office

Nakano Campus Building No.2, Tokyo Polytechnic University

東京工芸大学中野キャンパス2号館

March 1st, 2014

concept:

住宅密集地に建つ大学校舎。エントランス部には近隣に開かれたゲートとして、上部を緑化した大きな庇を設けた。その下に置かれたガラス張りのメディアラウンジは、大学の活動を見せるショーケースとして機能する。地下1 階に設けた、中庭と一体となった「プレイス」は、学生が食事、展示、創作活動などの様々な活動に利用できる空間である。

information:

竣工年:2014年3月
所在地:東京都 中野区
用途:大学
建築面積:992.37㎡
延床面積:3,622㎡
階:地上4階、地下1階
構造:S/RC/SRC造

>> *東京工芸大学中野キャンパス3号館 (2011)

(photograph)
川澄・小林研二写真事務所

concept:

A university located in a densely-built residential area. Large eaves covered with greenery at the entrance is provided as an open gate to the neighborhood, and the glazed Media Lounge under the eaves behaves as a "show case" of university's activity. The "Place", integrated with the Court Yard, on the basement floor is a space which prepared for the various student activities such like dining, exhibitions, and creations.

information:

year: 2014/3
location: Tokyo, Japan
building type: University
BA: 992.37㎡
GFA: 3,622㎡
floor: 4F/B1F
structure: S/RC/SRC

>> *Nakano Campus Building No.3, Tokyo Polytechnic University (2011)

(photograph)
Kawasumi Kenji Kobayashi Photo Office

International Center for Biotechnology, Osaka University

大阪大学 生物工学国際交流センター

March 1st, 2013

concept:

大阪大学の生物工学の研究施設。老朽化した施設棟の改修及び、新営棟の計画。研究分野の特性上、多くの留学生が研究しており、国際交流センターとしても位置づけられている。1階に交流スペース、上階の研究室には、リフレッシュバルコニーを計画しており、日々の研究活動の中で、ちょっとした交流やリフレッシュの場を盛り込んだ。外観は既存との調和を計りながら、西日を遮る奥行きの深いポツ窓をベースとし、自然エネルギーの活用にも配慮した。

information:

竣工年:2013年 3月
所在地:大阪府吹田市
用途:大学
建築面積:1,010㎡
延床面積:4,184㎡
階数:地上5階
構造:RC造

(photograph)
大阪大学

concept:

The biotechnology research facility of Osaka University. Refurbishment of old building and project of new buildings. Due to the characteristics of the study field, many foreign students are studying and positioning it as an international exchange center. A communication space is designed on the first floor, and planned a refreshment balcony in the upper laboratory. The place for exchange and recovery are incorporated into the daily research activities. The appearance seek harmony with the existing looking and based on the deep sunken window that can cover the westering sun, taking into account the use of natural energy.

information:

year: 2013 /3
location: Osaka, Japan
building type: University
BA: 1,010㎡
GFA: 4,184㎡
floor: 5F
structure: RC

(photograph)
Osaka University

Shohei Junior and Senior High School

学校法人昌平学園 昌平中学校・高等学校

February 28th, 2011

concept:

既存の中学校・高校の敷地の一部に新校舎を計画。
教室棟と体育館をV字に配置し、囲われた中庭がグラウンドに連続する構成。
また、外構は、既存校舎周りも含めた3つの庭を、連続するストライプの舗装パターンで再構成し、学校全体としての一体感を生んでいる。

information:

竣工年: 2011年
所在地: 埼玉県 北葛飾郡 杉戸町
用途: 中学校/高等学校
建築面積: :2,138㎡
延床面積: 3,725㎡
階: 地上4階
構造: S造+RC造

(photograph)
ナカサアンドパートナーズ



concept:

An addition of new buildings on the existing site of a junior and senior high school.
Classrooms and a gymnasium were arranged in a V configuration, creating a courtyard between them that continues onto the main school ground.
Courtyards, including three around existing buildings, were reconfigured with a striped paving pattern to create a continuous, unified feeling throughout the school.

information:

year:2011
location: Saitama, Japan
building type: Junior High School/High School
BA: 2,138㎡
GFA: 3,725㎡
floor: 4F
structure:S+RC

(photograph)
Nacasa & Partners

Nakano Campus Building No.3, Tokyo Polytechnic University

東京工芸大学中野キャンパス3号館

February 28th, 2011

concept:

都心の狭小地に立地する大学のため、日影規制や斜線制限で生まれるセットバック部を共用空間として立体的に構成する「都市型立体キャンパス」を提案。
外装には、ひねり加工をしたアルミルーバーにより、熱環境負荷の低減と、隣地への視線の制御を行っている。

information:

竣工年: 2011年
所在地: 東京都 中野区
用途: 大学
建築面積: 1,532㎡
延床面積: 5,815㎡
階: 地上5階、地下1階
構造: S造一部SRC造

award:

グッドデザイン賞 2011

>> *東京工芸大学中野キャンパス2号館 (2014)

(photograph)
川澄・小林研二写真事務所



concept:

The university is located on a circumscribed site in the city center.
While complying with sunlight and slope regulations, the proposal for a “three-dimensional urban campus” utilizes the required setbacks as common space.
The exterior cladding of aluminum louvers with twist processing reduces the thermal environmental load and controls the line of sight to adjacent properties.

information:

year: 2011
location: Tokyo, Japan
building type: University
BA: 1,532㎡
GFA: 5,815㎡
floor: 5F/B1F
structure:S/SRC

award:

Good Design Award 2011

>> *Nakano Campus Building No.2, Tokyo Polytechnic University (2014)

(photograph)
Kawasumi Kenji Kobayashi Photo Office

Osaka University Hall

大阪大学会館 改修

February 28th, 2011

concept:

大阪大学のシンボルとなる、旧制浪速高校時代のイ号館(1928年竣工)を大学創立80周年記念として保存・再生。
講堂は創建当初の意匠を再現しながら光天井に改修し、明るく機能的な空間として再生した。
登録有形文化財(2004年)

information:

竣工年: 2011年
所在地: 大阪府 豊中市
用途: 大学施設
建築面積: ---
延床面積: 4,352㎡
階: 地上5階
構造: RC造

award:

平成25年度 第23回BELCA賞 ベストリフォーム部門 (公益社団法人ロングライフビル推進協会)

(photograph)
大阪大学:1-3 / ヤマギワ:4



concept:

The hall was originally constructed in 1928 as the main hall of Naniwa Senior High School, the predecessor of Osaka University.
In commemoration of the 80th anniversary of the founding of the university, this symbolic building was preserved and restored.
While recreating the original design of the lecture hall, the ceiling was renewed to add top lighting for a bright and functional space.
Registered tangible cultural property (2004).

information:

year: 2011
location: Osaka, Japan
building type: University
BA: ---
GFA: 4,352㎡
floor: 5F
structure:RC

award:

23rd BELCA Award 2013: Best Renovation (Building and Equipment Long-life Cycle Association)

(photograph)
Osaka University:1,2,3 / Yamagiwa:4

Nishinomiya Yougai Elementary School

用海小学校

October 1st, 2010

concept:

限られた敷地内で、囲み型平面でコンパクトにまとめ、新校舎を配置した。教室だけにとどまらず、屋上緑化や木製デッキで仕上げた各所のテラスを、新たな教育活動の場として計画している。読書活動が盛んなこの学校で、児童が毎日通る昇降口脇に、吹抜けのある開放的な「まんなか図書館」を設け、児童にとって「本」をより身近なものにする工夫をした。

information:

竣工年:2010年10月
所在地:兵庫県西宮市
用途:小学校
建築面積:3,116㎡
延床面積:8,145㎡
階数:4階
構造:RC造、一部S造

(photograph)
SS大阪

concept:

On a limited place, the new school buildings are efficiently arranged on a flat surface, not only classrooms but also green roofs and wood decks as places for educational activities. In this flourishing of reading activity school, there is an expansive "hollow library" of an open ceiling apace next to the hatch where students pass each day, which can let children become more familiar with "books".

information:

year: 2010/10
location: Hyogo, Japan
building type: Bridal
BA: 3,116㎡
GFA: 8,145㎡
floor: 4F
structure: RC/S

(photograph)
SS Osaka

Bunka Gakuin / BS11

文化学院 / BS11

February 28th, 2008

concept:

西村伊作が1921年に創設し、自ら設計した文化学院校舎の建替え。
低層部をBS放送局、高層部を文化学院とした複合建築。
旧校舎の象徴であったアーチ部分のイメージを継承したエントランスとした。
旧校舎は、耐震補強を施した上で一部を保存した。

information:

竣工年: 2008年
所在地: 東京都 千代田区
用途: 専修学校 / テレビスタジオ
建築面積: 1,053 ㎡
延床面積: 9,198 ㎡
階: 地上14階、地下1階
構造: S造一部SRC造

(photograph)
SS東京



concept:

A reconstruction of Bunka Gakuin university, founded in 1921 by educator and architect Isaku Nishimura, who designed the original building.
A multi-purpose building with a broadcast satellite station in the low-rise section and the university in the high-rise section.
The design of the entrance inherits the arches that were a symbolic feature of the original building.
Part of the original building has been retained after seismic reinforcement.

information:

year: 2008
location: Tokyo, Japan
building type: College
BA: 1,053 sqm
GFA: 9,198 sqm
floor: 14F/B1F
structure: S/SRC

(photograph)
SS Tokyo

Osaka University of Arts

大阪芸術大学 (10号館、クラブハウス、芸術劇場、撮影所等)

February 28th, 2006

concept:

「芸術劇場」は舞台芸術の出演側と裏方の両方の実習に使える、本格的な劇場である。
他の建物も芸術大学の各専攻ごとに特化した、本格的な実習ができる施設である。
外観においては、モノトーンの既存キャンパスの中に、新しい景観を創り出すこと意図した。

information:

竣工年: 2000~2006年
所在地: 大阪府 南河内郡 河南町
用途: 大学/クラブハウス/芸術劇場/ブリッジ等
建築面積: 2,974㎡
延床面積: 12,991㎡
階: 地上1階
構造: S造

award:

照明普及賞(2005)

(photograph)
SS大阪



concept:

The Performing Arts Theater is a full-scale theater that can be used for practical learning on both the production side and the backstage side.
Other buildings in the project are also full-scale learning facilities, each according to the field of specialization.
The exterior of the theater is an interesting and colorful addition to the subdued, monotone atmosphere of the existing campus.

information:

year: 2000~2006
location: Osaka, Japan
building type: University/Clubhouse/Theater/Bridge
BA: 2,974㎡
GFA: 12,991㎡
floor: 1F
structure:S

award:

Lighting Installation Award (2005)

(photograph)
SS Osaka

Seijo Kindergarten

成城幼稚園

February 28th, 2005

concept:

教室が廊下に沿ってずらっと並ぶ“紋切型の園舎”ではなく、教室を園児にとっての“家”と見立て学年ごとに分節。
その隙間から光や風が入り豊かな園庭の樹木を望む、内を外とが融合した、心地よい教育環境のあり方を模索した。

information:

竣工年: 2005年
所在地: 東京都 世田谷区
用途: 幼稚園
建築面積: 1,061㎡
延床面積: 1,317㎡
階: 地上2階、地下1階
構造: RC造一部SRC造

(photograph)
SS東京



concept:

Instead of a standard arrangement of classrooms along corridors, the classrooms were regarded as “homes” for the students and segmented by academic year.
Between the segments are green inner gardens with planted with trees that bring in light and air and blend interior and exterior, for a friendly and comfortable educational environment.

information:

year: 2005
location: Tokyo, Japan
building type: Kindergarten
BA: 1,061㎡
GFA: 1,317㎡
floor: 2F/B1F
structure:RC/SRC

(photograph)
SS Tokyo

Ichikawa Child Consultation Center of Chiba Prefecture

千葉県市川児童相談所

March 6th, 2004

concept:

本施設は、複雑化し多様化する児童問題に対応出来るこれからの児童相談所の一指針となることを目指した。
「安心」「プライバシー」「癒し」を設計のテーマとし、中庭形式や開口部ルーバー等の採用により周辺環境との調和も図った。

information:

竣工年: 2004年
所在地: 千葉県市川市
用途: 児童相談所
建築面積: 1,220㎡
延床面積: 2,298㎡
階: 地上3階
構造: RC造+S造

(photograph)
川澄・小林研二写真事務所



concept:

This facility aims to become a model for the child consultation centers of the future, responding to the increasingly diverse and complex issues faced by children.
The themes of the design were “Reassurance”, “Privacy”, and “Healing”.
Harmony with the surrounding environment were secured through features such as the inner courtyard plan and the use of louvers over openings.

information:

year: 2004
location: Chiba, Japan
building type: Child Consultation Center
BA: 1,220㎡
GFA: 2,298㎡
floor: 3F
structure: RC+S

(photograph)
Kawasumi Kenji Kobayashi Photo Office

University of Tokyo, Kashiwa Campus, General Research and Experiment Building

東京大学大学院新領域創成科学研究科基盤科学系研究棟

April 1st, 2002

concept:

東京大学の本郷、駒場の2つのキャンパスに続く柏新キャンパスに計画された、新領域の研究・実験施設である。
新物質系専攻、先端エネルギー工学専攻、情報基盤学専攻、複雑理工学専攻の研究・実験施設と事務部門をもつ施設として計画されている。

information:

竣工年: 2002年
所在地: 千葉県 柏市
用途: 研究施設
建築面積: 500㎡
延床面積: 16,900㎡
階: 地上7階地下1階
構造: RC造+SRC造+S造

(photograph)
不詳



concept:

A project for the Kashiwa campus of the University of Tokyo, following projects for the university’s Hongo and Komaba campuses.
The facility support research and experiments in fields such as new materials, advanced energy engineering, information systems, and complexity engineering, with spaces for both research and administration.

information:

year: 2002
location: Chiba, Japan
building type: Research Institute
BA: 500㎡
GFA: 16,900㎡
floor: 7F/B1F
structure:RC+SRC+S

(photograph)
Unknown

No.1 Dinning Hall, Rikkyo University

立教大学第一食堂 増改築

January 1st, 2002

concept:

1918年建築のレンガ造学生食堂の耐震補強を含む増改築。
厨房棟を新たにRC造で建て、既存食堂ホールの地震力をこの厨房棟で支える工法を採用。
食堂棟は既存木造小屋組みと細い引っ張り鋼材で地震力を伝播することで、清々しい空間が再現されている。

information:

竣工年: 2002年
所在地: 東京都 豊島区
用途: 大学/学生食堂
建築面積: 779㎡
延床面積: 998㎡
階: 地上2階
構造: RC造

award:

BELCA賞ベストリフォーム部門

(photograph)
メディア・ユニット 大野繁



concept:

Seismic reinforcement and expansion of a brick student dining hall built in 1918.
A new kitchen wing was built in reinforced concrete, using a design that increased the seismic resistance of the dining hall.
The dining hall was reinforced with existing wooden roof trusses and steel tension materials to transmit seismic force, recreating the original refreshing dining space.

information:

year: 2002
location: Tokyo, Japan
building type: University Cafeteria
BA: 779㎡
GFA: 998㎡
floor: 2F
structure:RC

award:

Building and Equipment Long-life Cycle Association Award, Best Renovation

(photograph)
MEDIA UNIT Shigeru Ono