information / インフォメーション

company pfofile / 会社概要

Blog / ブログ

works / ワークス

office

TSI Shinjuku Tower

TSI 新宿タワー

July 25th, 2018

information:

竣工年:2018年
所在地:東京都新宿区
用途:集合住宅 店舗 シェアオフィス
延床面積:約 17,000 ㎡
階数:地下1階 / 地上24階
構造:RC造

information:

year: 2018
location: Tokyo, Japan
building type: Housing complex, Commercial, Shared office
GFA: 17,000 sqm
floor: B1F / 24F
structure: RC

Seismic Isolation Retrofit of The Kanagawa Prefecture Government New Building

神奈川県庁新庁舎 免震改修+増築

April 28th, 2018

concept:

本計画の目的は、災害時における事業継続性の強化である。東日本大震災を機に耐震・津波対策として、既存3庁舎共に地下の電気関係室を地上に再配置した。新庁舎は地上にエネルギーセンター棟を増築した後、地下1階柱頭免震化を行い駐車場に改変した。併せて地上階の既存不適格分改修及び設備更新を行った。これらを居ながら工事で業務を継続し引越しを繰返す複雑な計画となった。
エネルギーセンター棟は電気関係室を3,4階に新設、下部に津波の避難場所となるぺデストリアンデッキを設置、本庁舎キングの塔を正面に望む新たな都市景観が生まれた。
このたび、仮に1棟が被災しても他庁舎からの電源がバックアップ可能となった。横浜の歴史的景観の継承と同時に、非常時の冗長性を備える庁舎に改変することも本計画の特徴である。

information:

竣工年:2018年
所在地:神奈川県
用途:県庁舎
建築面積:4,257㎡
延床面積:42,081㎡
階数:地下1階 地上13階 塔屋2階
構造:SRC造一部S造(エネルギーセンター棟:S造一部SRC造)

collaboration:
構造計画研究所

press:
新建築 2018年 4月号

>> *神奈川県庁本庁舎・第二分庁舎 改修 (2018)
>> *神奈川県庁第二分庁舎 (1993)
>> *神奈川県庁新庁舎 (1966)

(photograph)
小川重雄

concept:

information:

year: 2018
location: Kanagawa, Japan
building type: Prefectural office building
BA: 4,257 sqm
GFA: 42,081 sqm
floor: B1F/13F/Penthouse2F
structure: SRC+S (Energy Center Building: S+SRC)

collaboration:
KOZO KEIKAKU ENGINEERING Inc.

press:
SHINKENCHIKU April. 2018.

>> *Renewal of The Kanagawa Prefecture Government Main Building and The Second Annex (2018)
>> *Kanagawa New Prefectural Offices (1993)
>> *New Administration Office of The Kanagawa Prefecture (1966)

(photograph)
Shigeo Ogawa

Renewal of the Kanagawa Prefecture Government Main Building and The Second Annex

神奈川県庁本庁舎・第二分庁舎 改修

April 28th, 2018

concept:
(第二分庁舎改修工事)
本建物は平成2年に弊社にて設計された県庁舎である。耐震・津波対策として地下電気関係室と受水槽を地上へ再配置し、耐震性を強化するため制振ダンパーの設置を行った。また、内装改修、サッシ改修なども併せて行う計画となった。
(本庁舎電気室棟・受水槽棟新築工事)
津波対策として本庁舎中庭内に設備棟を別棟で増築し、電気関係室、受水槽を想定浸水高さより上へ配置する計画。また、本庁舎建物についても衛生設備(便所)、空調設備の改修を行った。

information:
竣工年:2018年
所在地:神奈川県
用途:県庁舎
建築面積:3,151㎡ / 1,248㎡
延床面積:18,388㎡ / 14,244㎡
階数:地下1階 地上5階 塔屋4階 / 地下2階 地上9階 塔屋1階
構造:SRC造、一部RC造 / SRC造、一部S造

collaboration:
構造計画研究所

press:
新建築 2018年 4月号

>> *神奈川県庁新庁舎 免震改修+増築 (2018)
>> *神奈川県庁第二分庁舎 (1993)
>> *神奈川県庁新庁舎 (1966)

(photograph)
神奈川県
小川重雄

concept:

information:
year: 2018
location: Kanagawa, Japan
building type: Prefectural office building
BA: 3,151 sqm / 1,248 sqm
GFA: 18,388 sqm / 14,244 sqm
floor: B1F, 5F, Penthouse4F / B2F, 9F, Penthouse1F
structure: SRC, RC / SRC, S

collaboration:
KOZO KEIKAKU ENGINEERING Inc.

>> *Seismic Isolation Retrofit and Extension of The Kanagawa Prefecture Government New Building (2018)
>> *Kanagawa New Prefectural Offices (1993)
>> *New Administration Office of The Kanagawa Prefecture (1966)

(photograph)
Kanagawa Prefecture
Shigeo Ogawa

Ands Corporation Nara Factory Entrance Design

アンズコーポレーション奈良工場 エントランスデザイン

July 18th, 2015

concept:

化粧品工場の来客エリアのデザイン。エントランスは限られたスペースでありながら、屋外の大きな風景との連続性、アールの壁や斜めに切り込む天井ラインによる視線の誘導、奥へと繋がる空間の気配が、開放感と奥行き、そして期待感を生み出す。白の空間から大胆に切り替えられた黒のコーナーは上階の応接エリアへの導入部。

information:

竣工年:2015年7月
所在地:奈良県 葛城市
用途:工場
階:地上6階
構造:S造

(photograph)
ヴィブラフォト

concept:

Design of the entrance and the reception area of a cosmetics factory.
The entrance space is not quite large, but a scene before your eyes changes with each turn, giving you a feeling of expectation, and also with a large scale view of outside, is felt larger than it really is. An area colored in contrastive black at the end of the entrance is an introduction to the reception area on the upper floor.

information:

year: 2015/7
location: Nara, Japan
building type: Factory
floor: 6F
structure: S

(photograph)
vibra photo

Isuzu Motors Manufacturing Service Training Center

いすゞ自動車ものづくりサービストレーニングセンター

December 1st, 2014

concept:

いすゞ自動車の自社工場隣接地に設けた、教育・研修の拠点施設。
実地訓練を主体とした「実習棟」と、座講を行う「教育厚生棟」の2棟を繋いだ構成。
様々な内部空間に対して求められる開口部を、機能と周辺環境に合わせて高さを変え、水平連続窓の形式で四周に廻し、2棟を外観上統合させている。
実習場は2層吹抜とし、イベント時等には観覧スペースとしての使い方も想定した2階通路を開放的な構成で組み込んだ。
教育厚生棟1階は、設備機器のレイアウトとリンクしたストライプパターンを天井全体に通し、エントランスホール・受付・ラウンジが一体感を持った開放的な空間となるようにデザインした。

information:

竣工年:2014年12月
所在地:神奈川県 藤沢市
用途:研修施設
建築面積:4,243㎡
延床面積:11,546㎡
階:地上4階
構造:SRC造一部RC造/S造

>> *ISUZU PLAZA (2017)
>> *PLAZA annex (2017)

(photograph)
川澄・小林研二写真事務所

concept:

-

information:

year: 2014/12
location: Kanagawa, Japan
building type: Training Facilities
BA: 4,243㎡
GFA: 11,546㎡
floor: 4F
structure: S/RC/SRC

>> *ISUZU PLAZA (2017)
>> *PLAZA annex (2017)

(photograph)
Kawasumi Kenji Kobayashi Photo Office

Saito Area #54 Green Space Administration Building

彩都地区54号緑地管理棟

November 1st, 2014

concept:

山間に開発されたニュータウン、彩都地区における緑地管理を目的とした公園施設。また、管理機能にとどまらず、地域のコミュニティ施設、集会所、子育て支援施設等、フレキシブルな機能に対応する事がもとめられた。斜面すれすれ、三角形の敷地に戸建住宅を思わせる2方片流れの三角屋根を3つ並べ、リズミカルなシルエットでまとめる事で、背景の山並みに調和させながら、住宅地域からの眺望確保にも配慮している。室内からは大阪平野が一望できるよう、南側は雁行したガラス開口と、ガラス手摺のバルコニーで構成され、建物が丘の上に浮かんでいるかのように持ち出した形状とした。

information:

竣工年:2014年11月
所在地:大阪府箕面市
用途:緑地管理棟
建築面積:620㎡
延床面積:583㎡
階数:地上1階
構造:S造

(photograph)
UR

concept:

This is a park facility designed to manage the green areas in the newly developed town areas of the mountains. It attempts to respond the flexible features such as local community facilities, meeting venues, childcare facilities and more. Tilted slopes and three shed roofs give the impression that it is a detached house on a triangular site, through a rhythmic silhouette, reconciled with the background mountains and considered securing views from residential areas. You can browse on the view of the Osaka Plain from inside. The flying-geese glass openings and a glass handrail balcony are on the south side. The building looks like floating on the mountains.

information:

year: 2014/11
location: Osaka, Japan
building type: Administration Building
BA: 620 sqm
GFA: 583 sqm
floor: 1F
structure: S

(photograph)
UR

Nifco Technology Development Center

ニフコ技術開発センター

February 28th, 2013

concept:

豊かな緑が残る北側は前面ガラスカーテンウォールと立体的な吹抜の構成による開放的な空間とし、日射の強い南側はダブルスキンで太陽熱を空調に利用している。
南北の異なる環境を活かし、居住性と環境負荷低減を両立させる建築を目指した。

information:

竣工年: 2013年
所在地: 神奈川県 横須賀市
用途:研究施設
建築面積: 3,546㎡
延床面積:14,442㎡
階: 地上7階、地下1階
構造: S造+RC造+SRC造

award:

神奈川建築コンクール優秀賞
国際海の手文化都市よこすか景観賞
第27回日経ニューオフィス賞推進賞

(photograph)
川澄・小林研二写真事務所



concept:

The north side features open spaces with a high atrium and a glass curtain wall facade looking out on abundant greenery, while the south side features a double skin to utilize heat from the strong sunlight for air conditioning.
Taking advantage of the differing environments on the north and south sides, the architecture aims for enhanced habitability and a lower environmental load.

information:

year: 2013
location: Kanagawa, Japan
building type: Research Institute
BA: 3,546㎡
GFA: 14,442㎡
floor: 7F/B1F
structure: S+RC+SRC

award:

Kanagawa Architectural Competition, Excellent Award
Yokosuka Urban Design Award
27th Nikkei New Office Promotion Award

(photograph)
Kawasumi Kenji Kobayashi Photo Office

ISUZU LINEX Ohira Office

いすゞライネックス大平事務所

November 1st, 2012

concept:

周辺の穏やかな環境に親和する木造建築で、事務所と休憩室からなる。
無垢材の架構に構造用合板をサンドイッチする形式とし、大スパンが必要となる事務室部分は1m成の梁型を形成する門型フレームにより、スパン8m、天井高4mの空間を構成した。
フレキシブルな事務室空間と木の暖かみを感じる休憩室の空間を両立している。

information:

竣工年: 2012年
所在地: 栃木県 栃木市
用途: 事務所
建築面積: 253㎡
延床面積: 231㎡
階: 地上1階
構造: 木造

(photograph)
川澄・小林研二写真事務所



concept:

The wooden architecture in which has resting room and office space according to the peaceful surrounding environment.
The form of structure is put the frame with using solid wood between the structural plywood.
The portal frame of the 1m beam configured the 8m of span, 4m of ceiling height for office which required a large span.
The construction combines the space of resting room to feel the warmth of wood and office space flexible.

information:

year: 2012
location: Tochigi, Japan
building type: Office
BA: 253 sqm
GFA: 231 sqm
floor: 1F
structure: Timber

(photograph)
Kawasumi Kenji Kobayashi Photo Office

Nihonbashi Muromachi Plaza Building

日本橋室町プラザビル

February 28th, 2007

concept:

江戸時代から東京の中心として栄えた日本橋室町に建つ地上10階建の賃貸オフィスビル。
高い機能性と更新性を持つ明るく開放的な執務空間の創出を目指した。
階高8mのガラス張りの開放的なエントランスと、横連装のガラスカーテンウォールが特徴。

information:

竣工年: 2007年
所在地: 東京都 中央区
用途: 事務所
建築面積: 423㎡
延床面積: 4,117㎡
階: 地上10階、地下1階
構造: S造+RC造

(photograph)
SS東京



concept:

The Nihonbashi Muromachi district has flourished as the center of Tokyo since the Edo period.
A 10-story multi-tenant office building in this district created bright and open working space with high functionality and renewability.
Distinctive features are the 8-meter tall entrance, fully glazed and welcoming, and the horizontal glass curtain walls.

information:

year: 2007
location: Tokyo, Japan
building type: Office
BA: 423㎡
GFA: 4,117㎡
floor: 10F/B1F
structure:S/RC

(photograph)
SS Tokyo

Urban Style Roppongi-Mikawadai

アーバンスタイル六本木三河台

March 6th, 2006

concept:

東京ミッドタウンの直近に計画された集合住宅、事務所、飲食店舗の複合ビル。
大規模再開発では得られない豊かさを備えた都市居住のあり方を提案した。
また、ファサードを分節化することで、ヒューマンスケールの街並みを意識した。

information:

竣工年: 2006年
所在地: 東京都 港区
用途: 集合住宅/事務所/飲食店
建築面積: 973㎡
延床面積: 4,496㎡
階: 地上5階、地下2階
構造: RC造

(photograph)
永石写真事務所



concept:

A mixed-use building project in the immediate vicinity of the Tokyo Midtown development, providing residences, office space, and spaces for restaurants.
It proposes an urban lifestyle with riches that cannot be obtained from large-scale developments.
Facades are segmented to provide a human-scale streetscape.

information:

year: 2006
location: Tokyo, Japan
building type: Apartment/Office/Restaurant
BA: 973㎡
GFA: 4,496㎡
floor: 5F/B2F
structure:RC

(photograph)
Nagaishi Photo Office