information / インフォメーション

company pfofile / 会社概要

Blog / ブログ

works / ワークス

renovation/conversion

renovation / conversion

保存再生 ・ 改修

February 1st, 2021

Sakura City Art Museum

       

Kanagawa Prefecture Government New Building Renovation

 

Kanagawa Prefecture Government Main Building and The Second Annex

 

Gunma Kaikan Hall Renovation
 

 

Sakura City Museum of Art Entrance Hall (Kawasaki Bank Sakura Branch) 

 

Oiso Town Museum of History Exhibition Renewal
 

       

Osaka University Hall
 
 

 

Odakyu Shinjuku Concourse Renewal
 

 

Nara Terminal Station Building of
Kintetsu Electrical Railway

 

Bunka Gakuin / BS11
 
 

 

Nagoya Terminal Building of
Kintetsu Electrical Railway
 

       

TORANOMON DOBASHI Building

 

Mie Prefectural Art Museum
 

 

Central Public Hall, Osaka
 

 

No.1 Dinning Hall, Rikkyo University

 

The National Museum of Modern Arts, Tokyo 

     

Saitama Prefecture Chichibu Special Support School 

 

Sakura City Art Museum
 

 

Kobe City Museum
 

 

 

 

 

Seismic Isolation Retrofit of The Kanagawa Prefecture Government New Building

神奈川県庁新庁舎 免震改修+増築

April 28th, 2018




本計画の目的は、災害時における事業継続性の強化である。東日本大震災を機に耐震・津波対策として、既存3庁舎共に地下の電気関係室を地上に再配置した。新庁舎は地上にエネルギーセンター棟を増築した後、地下1階柱頭免震化を行い駐車場に改変した。併せて地上階の既存不適格分改修及び設備更新を行った。これらを居ながら工事で業務を継続し引越しを繰返す複雑な計画となった。
エネルギーセンター棟は電気関係室を3,4階に新設、下部に津波の避難場所となるぺデストリアンデッキを設置、本庁舎キングの塔を正面に望む新たな都市景観が生まれた。
このたび、仮に1棟が被災しても他庁舎からの電源がバックアップ可能となった。横浜の歴史的景観の継承と同時に、非常時の冗長性を備える庁舎に改変することも本計画の特徴である。

information:
竣工年:2018年
所在地:神奈川県
用途:県庁舎
建築面積:4,257㎡
延床面積:42,081㎡
階数:地下1階 地上13階 塔屋2階
構造:SRC造一部S造(エネルギーセンター棟:S造一部SRC造)

collaboration:
構造計画研究所

press:
新建築 2018/04

>> *神奈川県庁本庁舎・第二分庁舎 改修 (2018)
>> *神奈川県庁第二分庁舎 (1993)
>> *神奈川県庁新庁舎 (1966)

(photograph)
小川重雄


information:
year: 2018
location: Kanagawa, Japan
building type: Prefectural office building
BA: 4,257 sqm
GFA: 42,081 sqm
floor: B1F/13F/Penthouse2F
structure: SRC+S (Energy Center Building: S+SRC)

collaboration:
KOZO KEIKAKU ENGINEERING Inc.

press:
SHINKENCHIKU 2018/04

>> *Renewal of The Kanagawa Prefecture Government Main Building and The Second Annex (2018)
>> *Kanagawa New Prefectural Offices (1993)
>> *New Administration Office of The Kanagawa Prefecture (1966)

(photograph)
Shigeo Ogawa

Renewal of the Kanagawa Prefecture Government Main Building and The Second Annex

神奈川県庁本庁舎・第二分庁舎 改修

April 28th, 2018




(第二分庁舎改修工事)
本建物は平成2年に弊社にて設計された県庁舎である。耐震・津波対策として地下電気関係室と受水槽を地上へ再配置し、耐震性を強化するため制振ダンパーの設置を行った。また、内装改修、サッシ改修なども併せて行う計画となった。
(本庁舎電気室棟・受水槽棟新築工事)
津波対策として本庁舎中庭内に設備棟を別棟で増築し、電気関係室、受水槽を想定浸水高さより上へ配置する計画。また、本庁舎建物についても衛生設備(便所)、空調設備の改修を行った。

information:
竣工年:2018年
所在地:神奈川県
用途:県庁舎
建築面積:3,151㎡ / 1,248㎡
延床面積:18,388㎡ / 14,244㎡
階数:地下1階 地上5階 塔屋4階 / 地下2階 地上9階 塔屋1階
構造:SRC造、一部RC造 / SRC造、一部S造

collaboration:
構造計画研究所

press:
新建築 2018/04

>> *神奈川県庁新庁舎 免震改修+増築 (2018)
>>*神奈川県庁第二分庁舎 (1993)
>>*神奈川県庁新庁舎 (1966)

(photograph)
神奈川県
小川重雄


information:
year: 2018
location: Kanagawa, Japan
building type: Prefectural office building
BA: 3,151 sqm / 1,248 sqm
GFA: 18,388 sqm / 14,244 sqm
floor: B1F, 5F, Penthouse4F / B2F, 9F, Penthouse1F
structure: SRC, RC / SRC, S

collaboration:
KOZO KEIKAKU ENGINEERING Inc.

press:
SHINKENCHIKU 2018/04

>> *Seismic Isolation Retrofit and Extension of The Kanagawa Prefecture Government New Building (2018)
>> *Kanagawa New Prefectural Offices (1993)
>> *New Administration Office of The Kanagawa Prefecture (1966)

(photograph)
Kanagawa Prefecture
Shigeo Ogawa

Gunma Kaikan Hall Renovation

群馬会館ホール改修

December 13th, 2017

佐藤功一の設計による公会堂建築(昭和5年 / 1930年竣工)の2階ホール部分等の内装・設備の全面改修。
設計・監理担当の協同組合群馬県建築設計センター(株式会社石井設計ほか)に協力し意匠監修を行った。
また、竣工当初のホール内装のイメージの復原を図っている。
1983年の改修部分(設計監理:坂倉建築研究所・群馬県建築設計センターJV)の1階広間や3階貴賓室等の内装は継承し、設備機器の改修を行った。

information:
竣工年:2017年
所在地:群馬県前橋市
用途:公会堂
建築面積:1,318 ㎡
延床面積:4,473 ㎡
階数:地下1階 地上4階
構造:RC造

award:
第27回 BELCA賞 ロングライフ部門

(photograph)
川澄・小林研二写真事務所 (内観)
坂倉建築研究所 (外観)


information:
year: 2017
location: Gunma, Japan
building type: Public Hall
BA: 1,318 sqm
GFA: 4,473 sqm
floor: B1F / 4F
structure: RC

award:
The 27th BELCA Award (Building and Equipment Long-life Cycle Association Award) " Long-life Field "

(photograph)
Kawasumi - Kobayashi Kenji Photograph Office (interior)
Sakakura Associates (exterior)

Sakura City Museum of Art Entrance Hall (Seismic Retrofit of Kawasaki Bank Sakura Branch)

佐倉市立美術館エントランスホール(旧川崎銀行佐倉支店 耐震改修)

November 1st, 2017




旧川崎銀行佐倉支店は矢部又吉の設計で1918年に建てられた。その後1937年以降は佐倉市の施設とされ、1994年に隣接して佐倉市立美術館(設計:坂倉建築研究所)が建設された際に、そのエントランスホールとされた。
2013年に耐震診断を行い、2017年に煉瓦壁を内側からRC補強する工事を実施した。補強のために内装は一旦すべて撤去し、工事前と同じ意匠を復旧している。
千葉県指定有形文化財

information:
竣工年:2017年
所在地:千葉県佐倉市
用途:美術館
建築面積:96 ㎡
延床面積:96 ㎡
階数:1階
構造:煉瓦造(RC補強)

>> *佐倉市立美術館 (1994)

(photograph)
坂倉建築研究所


information:
year: 2017
location: Sakura Chiba
building type: Museum
BA: 96 sqm
GFA: 96 sqm
floor: 1F
structure:

>> *Sakura City Museum of Art (1994)

(photograph)
Sakakura Associates

Oiso Town Museum of History Exhibition Renewal

大磯町郷土資料館 展示リニューアル

June 30th, 2016

concept:

2013年、県立大磯城山公園(旧三井別邸跡地)に旧吉田茂邸跡地が統合されたのを機に、1988年に開館した大磯町郷土資料館の展示リニューアルを行った。大磯の別荘文化を軸に展示内容のキュレーションに踏み込んだ提案として「三井別邸 城山荘」の欄間部材が京都・安井杢工務店に保管されていることを発掘、同社とのコラボレーションによりエントランスホールに復元展示を実現した。

information:

竣工年:2016年6月
所在地:神奈川県大中郡大磯町
用途:展示施設
建築面積:-
延床面積:-
階:地上2階、地下2階
構造:RC造

collaboration
空環計画研究所

>> *大磯町郷土資料館 (1988)

(photograph)
小川重雄写真事務所

concept:

The merge of the site for Yoshida Shigeru's old residence into Ooisojoyama Park in 2013 occasioned Oiso Municipal Museum (opened in 1988) to renew its exhibits and layout.
The proposal for its exhibits of the history in Oiso-machi as a villa distinct led to a discovery of a partial piece of a RANMA (an openwork screen above openings), which originally decorated "Jouzansou" the second house of Mitsui`s, at YASUIMOKU KOUMUTEN in Kyoto and made the display on the RANMA restoration in the entrance hall happen in cooperation with the company.

information:

year: 2016/6
location: Kanagawa, Japan
building type: Museum
BA: -
GFA: -
floor: 2F/B2F
structure: RC

collaboration
SPACE ENVIRONMENT PLANNING INSTITUTE

>> *Oiso Town Museum of History (1988)

(photograph)
Shigeo Ogawa

Osaka University Hall

大阪大学会館 改修

February 28th, 2011

concept:

大阪大学のシンボルとなる、旧制浪速高校時代のイ号館(1928年竣工)を大学創立80周年記念として保存・再生。
講堂は創建当初の意匠を再現しながら光天井に改修し、明るく機能的な空間として再生した。
登録有形文化財(2004年)

information:

竣工年: 2011年
所在地: 大阪府 豊中市
用途: 大学施設
建築面積: ---
延床面積: 4,352㎡
階: 地上5階
構造: RC造

award:

平成25年度 第23回BELCA賞 ベストリフォーム部門 (公益社団法人ロングライフビル推進協会)

(photograph)
大阪大学:1-3 / ヤマギワ:4



concept:

The hall was originally constructed in 1928 as the main hall of Naniwa Senior High School, the predecessor of Osaka University.
In commemoration of the 80th anniversary of the founding of the university, this symbolic building was preserved and restored.
While recreating the original design of the lecture hall, the ceiling was renewed to add top lighting for a bright and functional space.
Registered tangible cultural property (2004).

information:

year: 2011
location: Osaka, Japan
building type: University
BA: ---
GFA: 4,352㎡
floor: 5F
structure:RC

award:

23rd BELCA Award 2013: Best Renovation (Building and Equipment Long-life Cycle Association)

(photograph)
Osaka University:1,2,3 / Yamagiwa:4

Odakyu Shinjuku Concourse Renewal

小田急新宿駅リニューアル

February 27th, 2011

concept:

新宿駅西口から南口へ至る小田急エリア全体のリニューアル。
利用者動線を見直しカフェなどのアメニティ施設を再配置、エリアを特徴づけるデザインモチーフとして、箱根をイメージさせる柔らかな素材をガラスで覆った柱などが採用された。

information:

竣工年: 2007-2011年
所在地: 東京都 新宿区
用途: ---
建築面積: ---
延床面積: ---
階: ---
構造: ---

(photograph)
竹中工務店総務部総務課写真室:1,2,4
スタジオバウハウス:3
坂倉建築研究所:5



concept:

Comprehensive renewal of the Odakyu area from the west exit to the south exit of Shinjyuku Station in Tokyo.
User circulation was reviewed to relocate cafes and other amenities.
As an image motif to characterize the area, the renovation adopted glass covered pillars clad in a soft material reminiscent of the resort area of Hakone.

information:

year: 2007-2011
location: Tokyo, Japan
building type: Concourse
BA: ---
GFA: ---
floor: ---
structure: ---

(photograph)
Takenaka Corporation:1,2,4
Studio BAUHAUS:3
Sakakura Associates:5

Nara Terminal Station Building of Kintetsu Electrical Railway

近鉄奈良ターミナルビル

March 18th, 2009

concept:

奈良遷都1300年に合わせ、1970年竣工の駅ビルの耐震補強と改装を実施。
広場に面する東側ファサードを全面ガラスとし、全体の塗装色も明るくしてイメージを一新した。

information:

竣工年: 1970/2009年
所在地: 奈良県 奈良市
用途: 事務所(旧ホテル)/展示場/店舗
建築面積: -
延床面積: 6,617㎡
階: 地上8階、地下1階、棟屋3階
構造: S造+SRC造

(photograph)
SS東京



concept:

In commemoration of the 1300th anniversary of the transfer of the national capital to the city of Nara, renovation and seismic reinforcement of a station building completed in 1970.
The east side facade facing the plaza was completely glazed, and the area was given a new image by repainting in brighter colors.

information:

year: 1970/2009
location: Nara, Japan
building type: Office/Exhibition Hall/Shop
BA: -
GFA: 6,617㎡
floor: 8F/B1F Penthouse3F
structure: S+SRC

(photograph)
SS Tokyo

Bunka Gakuin / BS11

文化学院 / BS11

February 28th, 2008

concept:

西村伊作が1921年に創設し、自ら設計した文化学院校舎の建替え。
低層部をBS放送局、高層部を文化学院とした複合建築。
旧校舎の象徴であったアーチ部分のイメージを継承したエントランスとした。
旧校舎は、耐震補強を施した上で一部を保存した。

information:

竣工年: 2008年
所在地: 東京都 千代田区
用途: 専修学校 / テレビスタジオ
建築面積: 1,053 ㎡
延床面積: 9,198 ㎡
階: 地上14階、地下1階
構造: S造一部SRC造

(photograph)
SS東京



concept:

A reconstruction of Bunka Gakuin university, founded in 1921 by educator and architect Isaku Nishimura, who designed the original building.
A multi-purpose building with a broadcast satellite station in the low-rise section and the university in the high-rise section.
The design of the entrance inherits the arches that were a symbolic feature of the original building.
Part of the original building has been retained after seismic reinforcement.

information:

year: 2008
location: Tokyo, Japan
building type: College
BA: 1,053 sqm
GFA: 9,198 sqm
floor: 14F/B1F
structure: S/SRC

(photograph)
SS Tokyo

Nagoya Terminal Building of Kintetsu Electrical Railway

名古屋近鉄ターミナルビル

February 28th, 2007

concept:

名古屋駅前周辺の再開発に合わせて1966年竣工の駅ビルを改装。
当初からのダブルスキンを利用して照明とサインを組み込み、ファサードを一新した。

information:

竣工年: 1966/2007年
所在地: 愛知県 名古屋市
用途: 駅コンコース/駐車場/店舗
建築面積: 1,590㎡
延床面積: 20,126㎡
階: 地上10階、地下3階、棟屋3階
構造: SRC造+S造

press:

新建築 1967/03

(photograph)
アーキフォトKATO



concept:

Renovation of a terminal building completed in 1966, in conjunction with redevelopment of the area around Nagoya Station.
The facade was renovated, incorporating lighting and signage while using the original double skin.

information:

year: 1966/2007
location: Aichi, Japan
building type: Station Concourse/Parking/Shop
BA: 1,590㎡
GFA: 20,126㎡
floor: 10F/B3F Penthouse3F
structure: SRC+S

press:

SHINKENCHIKU 1967/03

(photograph)
Archi Photo KATO

Toranomon Dobashi Building

虎ノ門土橋ビル 改修

February 27th, 2007

concept:

築45年のビルを耐震改修し、外壁・内装をリニューアルした。
通りに面する2面はアルミパンチングメタルを用いた外皮で覆い、外部からの視線を遮蔽し、内部からの視線は透過させる外皮は、眺める角度や時間、距離により表情を変化させる。

information:

竣工年: 2007年
所在地: 東京都港区
用途: 共同住宅/店舗
建築面積: 74㎡
延床面積: 284㎡
階: 地上5階、地下1階
構造: RC造+S造

(photograph)
川澄・小林研二写真事務所



concept:

Seismic reinforcement of a 45-year-old building, with interior and exterior renewal.
The two street facing sides were clad in punched aluminum metal to shield them from external lines of sight while permitting lines of sight from the interior.
The expression of the building varies depending on the angle, time of day, and distance from which it is viewed.

information:

year: 2007
location: Tokyo, Japan
building type: Residence/Shop
BA: 74㎡
GFA: 284㎡
floor: 5F/B1F
structure: RC+S

(photograph)
Kawasumi Kenji Kobayashi Photo Office

Mie Prefectural Art Museum

三重県立美術館 増改築

February 28th, 2002

concept:

1982年開館の美術館に展示室、美術館教育施設と収蔵庫を増築。
自然と共生する既存施設の特色を継承し調和を図りつつ、新たな機能やバリアフリー化など、新しい時代に対応する美術館を目指した。

information:

竣工年: 2002年
所在地: 三重県 津市
用途: 美術館
建築面積: 5,955㎡
延床面積: 10,665㎡
階: 地上2階、地下1階
構造: SRC造一部RC造+S造

award:

平成15年 照明普及賞 優秀施設賞 (照明学会)

(photograph)
センターフォト



concept:

An extension of the Mie Prefectural Art Museum, which opened in 1982. The extension added exhibition rooms and educational space as well as storage for the collection.
It inherits the harmony with nature that characterizes the existing building, while adding new functions and meeting the requirement of a new era, such as barrier-free access.

information:

year: 2002
location: Mie, Japan
building type: Museum
BA: 5,955㎡
GFA: 10,665㎡
floor: 2F/B1F
structure: SRC/RC+S造

award:

Good Lighting Award 2003 (The Illuminating Engineering Institute of Japan)

(photograph)
Center Photo

Central Public Hall, Osaka

大阪市中央公会堂

February 27th, 2002

concept:

1918年完成した大阪の近代を代表する建築の保存・再生。
既存建物を仮設杭で持ち上げ、その下に免震装置を設置することで、建物本体の耐震補強を最小限に抑え、歴史的意匠を損なうことなく耐震性能を確保した。
機能上のリニューアルも、当初意匠を保存しつつ、現代のホールとして十分な機能をもつよう整備した。
重要文化財 (2002年)

information:

竣工年: 2002年
所在地: 大阪府大阪市
用途: 公会堂
建築面積: 2,330㎡
延床面積: 9,461㎡
階: 地上3階、地下2階
構造: RC造+Sレンガ造

設計JV:坂倉・平田・青山・新日設設計共同企業体

award:

公募型プロポーザル (入選1995.11)
日本建築学会賞(業績) (2006)
第45回 建築業協会賞 特別賞 (2004)
日本建築協会特別賞 (2004)
日本免震構造協会賞特別賞 (2004)
読者と選ぶ「建築と社会」賞大賞 (2003)
照明普及賞 (2002)
全建賞 (2004)
公共建築賞特別賞 (2008)

collaboration:

設計JV:坂倉・平田・青山・新日設設計共同企業体

(photograph)
多比良誠: 1
伸和: 2-5



concept:

Preservation and restoration of one of the most important examples of early modern architecture in Osaka, completed in 1918.
The existing building was lifted up with temporary piles and seismic isolation equipment was installed underneath.
This allowed seismic reinforcement to be held to a minimum, securing seismic performance without impairing the historical design of the building.
A functional renewal was also carried out, allowing the building to function as a contemporary hall while preserving its original design.
The building is an important cultural property (2002).

information:

year: 2002
location: Osaka, Japan
building type: Public Hall
BA: 2,330 sqm
GFA: 9,461 sqm
floor: 3F/B2F
structure: RC+S Brick

award:

Architectural Institute of Japan Award 2006
45th Building Contractors Society Prize, Special Prize (2004)
Architecture Associates of Japan Award, Special Prize(2004)
Japan Sciety of Seismic Isolation, Special Prize(2004)
Lighting Installation Award(2002)
Japan Construction Engineers Association Award(2004)
Public Buildings Award, Special Prize(2008)

(photograph)
Makoto Taira: 1
SHINWA: 2-5

No.1 Dinning Hall, Rikkyo University

立教大学第一食堂 増改築

January 1st, 2002

concept:

1918年建築のレンガ造学生食堂の耐震補強を含む増改築。
厨房棟を新たにRC造で建て、既存食堂ホールの地震力をこの厨房棟で支える工法を採用。
食堂棟は既存木造小屋組みと細い引っ張り鋼材で地震力を伝播することで、清々しい空間が再現されている。

information:

竣工年: 2002年
所在地: 東京都 豊島区
用途: 大学/学生食堂
建築面積: 779㎡
延床面積: 998㎡
階: 地上2階
構造: RC造

award:

BELCA賞ベストリフォーム部門

(photograph)
メディア・ユニット 大野繁



concept:

Seismic reinforcement and expansion of a brick student dining hall built in 1918.
A new kitchen wing was built in reinforced concrete, using a design that increased the seismic resistance of the dining hall.
The dining hall was reinforced with existing wooden roof trusses and steel tension materials to transmit seismic force, recreating the original refreshing dining space.

information:

year: 2002
location: Tokyo, Japan
building type: University Cafeteria
BA: 779㎡
GFA: 998㎡
floor: 2F
structure:RC

award:

Building and Equipment Long-life Cycle Association Award, Best Renovation

(photograph)
MEDIA UNIT Shigeru Ono

The National Museum of Modern Arts, Tokyo

東京国立近代美術館 増改築

February 27th, 2001

concept:

谷口吉郎の設計で1969年に竣工した日本を代表する近代建築の耐震補強を含む大規模な増改築。
増築建物が既存本館を支える特殊な構造形式を採用し、展示空間のフレキシビリティーの確保と、列柱とピロティーで構成された外観イメージの保存に成功している。

information:

竣工年: 2001年
所在地: 東京都 千代田区
用途: 美術館
建築面積: 3,327㎡
延床面積: 14,439㎡
階: 地上4階、地下1階
構造: RC造+S造

award:

公募型プロポーザル(入選1998.10)
建築業協会賞特別賞(2005)
国土交通省営繕技術コンクール最優秀賞
BELCA賞ベストリフォーム部門
公共建築賞優秀賞(2008)



concept:

A large-scale seismic reinforcement and expansion of one of the leading examples of modern architecture in Japan, a museum designed by architect Yoshiro Taniguchi and completed in 1969.
The expansion adopts a special structure designed to reinforce the existing building.
It provides additional flexibility in exhibition space, and successfully preserves the exterior appearance, characterized by colonnade and pilotis.

information:

year: 2001
location: Tokyo, Japan
building type: Museum
BA: 3,327㎡
GFA: 14,439㎡
floor: 4F/B1F
structure: RC+S

award:

Building Contractors Society Prize, Special Prize(2005)
MLIT Building and Repairing Competition, First Prize
Building and Equipment Long-life Cycle Association Award, Best Renovation
Public Buildings Award, Prize for Excellence(2008)

Saitama Prefecture Chichibu Special Support School

埼玉県立秩父特別支援学校

March 6th, 2000

concept:

既存の知的障害養護学校を肢体不自由校併設のため一部解体し、新たに管理棟・知的障害教室棟・肢体不自由教室棟などを増築。
これにより、施設全体の空間の再構築と全体の視覚化を行った。

information:

竣工年: 2000年
所在地: 埼玉県 秩父市
用途: 特別支援学校(養護学校)
建築面積: 5,870㎡
延床面積: 8,590㎡
階: 地上2階、地下1階
構造: RC造

(photograph)
SS東京



concept:

An existing school for the mentally disadvantaged was partially demolished to add facilities for the physically disadvantaged, and new buildings were added for administration, mentally disadvantaged classrooms, and physically disadvantaged classrooms.
The renovation spatially reconfigured the facility as a whole and made it visually more comprehensible.

information:

year: 2000
location: Saitama, Japan
building type: School for Handicapped Children
BA: 5,870㎡
GFA: 8,590㎡
floor: 2F/B1F
structure:RC

(photograph)
SS Tokyo

Sakura City Museum of Art

佐倉市立美術館

February 28th, 1994

concept:

旧川崎銀行佐倉支店(1918年竣工)をエントランスホールとして保存・再生し、その奥に美術館を新築。
美術館の4フロアをつなぐ吹抜けと、その中の軽快な階段をデザイン上のアクセントとした。
旧銀行部分は県指定文化財(1991年)

information:

竣工年: 1994年
所在地: 千葉県 佐倉市
用途: 美術館
建築面積: 975㎡
延床面積: 5,137㎡
階: 地上5階、地下2階、搭屋1階
構造: SRC造

>> *佐倉市立美術館エントランスホール(旧川崎銀行佐倉支店 耐震改修) (2017)

(photograph)
アトム写真



concept:

The museum preserves the former Kawasaki Bank Sakura Branch building (completed in 1918) as its entrance hall, with a new building behind it.
The art museum has a central void connecting its four floors, accented by a light and airy stairway.
The former bank building is a designated cultural property of Chiba Prefecture (1991).

information:

year: 1994
location: Chiba, Japan
building type: Museum
BA: 975㎡
GFA: 5,137㎡
floor: 5F/B2F Penthouse1F
structure:SRC

>> *Sakura City Museum of Art Entrance Hall (Seismic Retrofit of Kawasaki Bank Sakura Branch) (2017)

(photograph)
Atom Photo

Kobe City Museum

神戸市立博物館

February 28th, 1982

concept:

神戸の旧居留地に建つ旧横浜正金銀行(1935年竣工)を保存し、増築部分と共に博物館として再生。
建物自体も展示の一つと考え、旧意匠を継承しながら、旧営業室には階段を新設する等、エントランスホールとして大胆に改装した。
登録有形文化財(1998年)

information:

竣工年: 1982年
所在地: 兵庫県 神戸市
用途: 博物館/美術館
建築面積: 2,562㎡
延床面積: 10,073㎡
階: 地上5階、地下1階、塔屋2階
構造: RC造+S造

press:
新建築 1983/03
建築文化 1983/03

award:
第2回 公共建築賞 優秀賞 (1990)
建設省「59年度まちづくり功労者」(1984)
照明学会賞(1983)
第30回 BELCA賞 ロングライフ部門 (2021)

(photograph)
不詳



concept:

The old building (completed in 1935) of the Yokohama Specie Bank in the former Kobe Foreign Settlement was preserved and converted into the museum together with new additions.
The building itself is conceived of as part of the exhibition.
While inheriting the design of the existing building, the renovation boldly added features such as a grand staircase in the main banking hall, which was converted into the entrance hall of the museum.
Registered tangible cultural property (1998).

information:

year: 1982
location: Hyogo, Japan
building type: Museum
BA: 2,562㎡
GFA: 10,073㎡
floor: 5F/B1F Penthouse2F
structure:RC+S

press:
SHINKENCHIKU 1983/03
KENCHIKU BUNKA 1983/03

award:
Public Buildings Award, Excellent Award(1990)
Ministry of Construction, Distinguished Service of Community Development (1984)
Lighting Technology Award (1983)
The 30th BELCA Award the long-life category (2021)

(photograph)
Unknown