information / インフォメーション

company pfofile / 会社概要

Blog / ブログ

works / ワークス

Landscape

landscape

ランドスケープ

February 1st, 2021

     

MUKAWA HOUSE
 

 

Prime Maison Shimokitazawa
 

 

BRANZ Rokubancho
 

 

Prime Maison Egotanomori
 

 

PROUDCITY Kaga Gakuen-dori
 

       

Suzhou Yuqin Garden
 

 

Taicang Yuqin Garden
 

 

Avadina Hills Phuket
 

 

Azabu Gardens
 

 

Casa Bell Ohira Uni
 

       

Casa Bell Ohira
 

 

Furue Central Cemetery
 

 

PROUD Yokohama-Yamate
 

 

Shinyurigaoka Legato Place
 

 

Nishinomiya Marina Park City
 

       

Bunka Gakuin / BS11
 

 

Forest Nanpeidai
 

 

National Olympic Memorial Youth Center

 

Gifu College of Nursing
 

 

Otsuka Museum of Art
 

       

Shinjuku Southern Terrace
 

 

Kazusa Academia Hall
 

 

Inami Culture Center
 

 

Sendai City Tomizawa Site Museum

 

University of Shizuoka for Culture and Arts

       

The University of Shiga Prefecture

 

Ashiya City Museum of Art and History

 

Chigasaki Pool
 

 

Owani Ajara Plateau Spa Garden Utopia

 

The International Garden and Greenery EXPO Osaka

       

Kinsui /
Hoshino Resort KAI Tsugaru

 

Ohan /
Hoshino Resort KAI Hakone

 

Mayflower Golf Club
 

 

Setagaya Health Village, Nakano Village

 

Tokyo Metropolitan University Arakawa Campus

       

Gunma Prefectural Women's College

 

Maebashi Municipal Office
 

 

Naguri Genki Plaza
 

 

Saitama Prefectural Outdoor Activity Center

 

Miyazaki Prefectural Comprehensive Youth Center

       

West Plaza of Shinjuku Station and Parking Lots

 

Toray Basic Research Laboratory

 

International House of Japan
 

 

 

 

MUKAWA HOUSE

むかわハウス

August 16th, 2020

concept:

2018年9月6日の北海道胆振東部地震で損壊した社員寮と出張用宿泊施設を一つの建物として建替える復興プロジェクト。

寮生と出張滞在者が一つ屋根の下、共に暮らすかたちとして「シェア」の考え方を採用。3階建の1階部分全てをシェアスペースとして配置した多彩な空間は吹抜や、大開口を持つ階段室などにより、建物全体としてゆるやかにつながる。
日影を抑える3階建南北軸配置のシンプルな箱型の建物に防災性と強靭性を考慮した設計を施し、有事には町民が避難所として利用することも想定。
プロジェクトのテーマとして掲げたNEXUS(つながり・絆)が「シェア」の考え方を通じて育まれ、むかわの地に新しい活気を生み出すことを期待している。

information:

竣工年:2020年 8月
所在地:北海道勇払郡むかわ町
用途:集合住宅(社員寮、社員宿泊施設)
建築面積:1,459.53 ㎡
延床面積:3,971.06 ㎡
階数:地上3階
構造:RC造

collaboration:

五洋建設建築設計部

media:
近代建築 2021/04

(photograph)
株式会社ITイメージング


concept:

Reconstruction project to replace a company dormitory damaged by the Hokkaido Eastern Iburi earthquake in 2018 with a new plan which accommodates the functions of both a dormitory and temporary accommodations for business trips.

It features the idea of "share" for the boarders and visitors who would spend time together under the same roof.
The plan apportions the whole ground floor to various common spaces which are carefully connected through stairwells with the entire building.
The three-story box-shaped building, placed on the north-south axis to minimize the shadow it casts, is built with resilience to natural disasters and capable of acting as a shelter for the neighborhood residents. We hope "NEXUS" will form its meanings through the idea of "share" and make MUKAWA livelier.

information:

year: 2020/08
location: Mukawa-cho yufutsu-gun, Hokkaido, japan
building type: Housing complex
BA: 1,459.53 m2
GFA: 3,971.06 m2
floor: 3F
structure: RC

collaboration:

Penta-Ocean Construction Co., Ltd.

media:
KINDAI KENCHIKU

(photograph)
IT IMAGING

Prime Maison Shimokitazawa

プライムメゾン下北沢

December 20th, 2019

concept:

下北沢の閑静な住宅地・代沢で、家族向賃貸マンションを単身者向ワンルームマンションに建替える計画。

従前建物の「おもかげ」とまちなみを尊重した佇まいと、近傍の北沢川緑道の「うつろい」を踏襲した環境を創出するとともに、「中庭」を設けることで入居者同士のさりげない交流が誘発され、その様子が近隣住民にも垣間見えるような場づくりを意識した。
低層住宅地における高密度なワンルームマンションが近隣住民に親しまれ、優しい街並みを形成する住環境を実現した。

information:

竣工年:2019年 12月
所在地:東京都世田谷区
用途:集合住宅
建築面積: 837.51 ㎡
延床面積:2,824.18 ㎡
階数:地下1階 地上3階
構造:RC造

media:
近代建築 2021/04

award:
GOOD DESIGN AWARD 2020 グッドデザイン賞

(photograph)
坂倉建築研究所 (1)
SS東京 (2,3,4,5,6)


concept:

information:

year: 2019/12
location: Tokyo, Japan
building type: Housing complex
BA: 837.51 m2
GFA: 2,824.18 m2
floor: B1F/3F
structure: RC

media:
KINDAI KENCHIKU

award:
GOOD DESIGN AWARD 2020

(photograph)
Sakakura Associates (1)
SS Tokyo (2,3,4,5,6)

BRANZ Rokubancho

BRANZ 六番町

December 1st, 2019

concept:

千代田区六番町に建つ分譲集合住宅。
六番町は日本有数の邸宅街であるが、近年ではオフィスや商業施設が混在し建物の高層高密化が進んでいる。本計画では、建物を高層化することによって、建物前面にかつてのお屋敷を彷彿させる大きな前庭を創出し、高密度な都市の中に緑豊かな空間を実現させた。
外観は水平な庇を重ねたような彫の深い表情とすることで、和の要素を用いつつ積層する美しさを表現し、六番町に相応しい高層住宅の佇まいをデザインした。

information:

竣工年:2019年 2月
所在地:東京都千代田区
用途:集合住宅
建築面積:585.72 ㎡
延床面積:6,392.96 ㎡
階数:地上15階
構造:RC造一部S造

media:
近代建築 2020/03
建築ジャーナル 東日本版 2020/01

award:
GOOD DESIGN AWARD 2019

(photograph)
SS東京 (1,3,4,5,6,7,8)
坂倉建築研究所 (2)


concept:

information:

year: 2019/02
location: Tokyo, Japan
building type: Housing complex
BA: 585.72 m2
GFA: 6,392.96 m2
floor: 15F
structure: RC / S

media:
KINDAI KENCHIKU 2020/03
KENCHIKU JOURNAL (East Japan Edition) 2020/01

award:
GOOD DESIGN AWARD 2019

(photograph)
SS Tokyo (1,3,4,5,6,7,8)
Sakakura Associates (2)

IRAPH SUI, A LUXURY COLLECTION HOTEL, MIYAKO OKINAWA

イラフ SUI ラグジュアリーコレクションホテル 沖縄宮古

December 31st, 2018

concept:

サンゴ礁に囲まれた離島の岬に建つ、インターナショナルブランドのホテル。
ゲストの心をリセットし、非日常的な驚きをもたらす工夫として、ロビーや客室からの眺望の拡がりやそのシークエンスに様々な工夫を盛り込み、各エリアでのゲストに劇的な視点と快適な滞在空間を用意している。環境資源である伊良部島の自然と屋内外一体となるようなデザインを実現させた。

information:

竣工年:2018年 11月
所在地:沖縄県宮古島市
用途:ホテル
建築面積:1787 ㎡
延床面積:5498 ㎡
階数:地上4階、地下1階
構造:RC造一部S造

media:
近代建築 2019/09

(photograph)
SUNフォート企画


concept:

An international brand hotel located on a cape of a remote island surrounded by coral reefs.
To bring extraordinary experiences for the guests and reset their minds, we achieved various ideas of scenic views from the lobby, guest rooms and the sequences between them and also designed comfortable stay spaces for the vacationers in each area. The design that integrates the indoor and outdoor filled with nature of Irabu Island, as an environmental resource, has been realized.

information:

year: 2018/11
location: Irabu island, Okinawa Japan
building type: Hotel
BA: 1787 m2
GFA: 5498 m2
floor: 4F / B1F
structure: RC / S

media:
KINDAI KENCHIKU 2019/09

(photograph)
SUN FORT planning office

Prime Maison Egotanomori

プライムメゾン江古田の杜

December 30th, 2018

concept:

江古田の森公園に隣接した敷地における、まちづくりのプロジェクト。子育て世帯向け住宅、高齢者向け住宅、単身者向け住宅、老人ホームといった多種多様な住居に、保育所、学童クラブ、地域開放型レストラン、子育て支援施設、コンビニ、薬局を併設している。
豊かな緑地を有する江古田の杜を保全、拡充させ、まちの外周に環状緑地帯を形成し、「緑のリング」と位置づけた。「緑のリング」は、まちの暮らしを豊かにする地域の共有財産となる。また、地域に開放した共用空間「リブインラボ」をまちの中心に計画。「リブインラボ」は、地域住民の食堂、イベント活動の場、防災時の屋内避難場所等としての機能を担い、エリアマネジメントの拠点となる。人と人、人とまちの結び付きを育み、江古田の杜と共に永く愛されるまちを目指した。

information:

竣工年:2018年8月
所在地:東京都中野区
用途:子育て世帯向け住宅、サービス付き高齢者向け住宅、単身者向け住宅、老人ホーム、保育所、学童クラブ、子育て支援施設、店舗、薬局
建築面積: 6,884 ㎡
延床面積:41,548 ㎡
階数:地下1階、地上14階
構造:S造一部RC造

media:
新建築 2020/02
建築ジャーナル 東日本版 2019/08

awards:
都市景観大賞2019 都市空間部門 優秀賞 (「都市景観の日」実行委員会 国土交通省 後援)
第39回 緑の都市賞 国土交通大臣賞 (都市緑化機構, 国土交通省 環境省 東京都 後援)
GOOD DESIGN AWARD 2019 - BEST100 / 特別賞 / グッドフォーカス賞 [地域社会デザイン]

(photograph)
川澄・小林研二写真事務所 (1,2,3,5,6,7,8,9,10)
坂倉建築研究所 (4)


concept:

information:

year: 2018/8
location: Tokyo, Japan
building type: condominiums (for childcare household, elderlies, and singles) , nursing homes, restaurant, childcare support facility, convenience store, pharmacy
BA: 6,884 m2
GFA: 41,548 m2
floor: B1F / 14F
structure: S/RC

media:
SHINKENCHIKU 2020/02
KENCHIKU JOURNAL (East Japan Edition) 2019/08

awards:
The Townscape Award 2019 Urban space category:Excellence Award (Minister of Land, Infrastructure, Transport and Tourism)
39th Green City Award 2019 "Minister of Land, Infrastructure, Transport and Tourism Award" (Organization for Landscape and Urban Green Infrastructure)
GOOD DESIGN AWARD 2019 - Best 100 / Special Award / Good Focus Award [Design of Community Development]

(photograph)
Kawasumi - Kobayashi Kenji Photograph Office (1,2,3,5,6,7,8,9,10)
Sakakura Associates (4)

The Garden Oriental Osaka The Music Hall West / Waiting Room

ザ・ガーデンオリエンタル大阪 ザ ミュージックホール ウェスト / 待合棟

November 1st, 2017

concept:

旧大阪市公館をブライダル施設等へ改修した「ザ・ガーデンオリエンタル大阪」に新たに独立型チャペル「ミュージックホールウェスト」と待合棟を計画した。
チャペルは池の上に大きな屋根が浮いたような外観とした。この軒の低い切妻屋根により、別棟や周囲の散策路への視線をカットし、プライベート感を確保しつつも、池や周囲の緑といった豊かな外部環境を感じられる内部空間となっている。また、ホール正面には耐風材を兼ねた集成材の格子と特注の工芸ガラスを採用し、結婚式にふさわしい象徴的な内部空間を演出した。
待合棟はチャペルと外部仕上げを揃え、スケール感を調整することで、2棟で一体的な場所になるよう計画した。

information:

竣工年:2017年11月
所在地:大阪府大阪市
用途:ブライダル施設
建築面積:105㎡/155㎡
延床面積:147㎡/185㎡
階数:1階
構造:RC+S併用造

(photograph)
志摩大輔

concept:

THE GARDEN ORIENTAL OSAKA, a wedding facility rebuilt in the original Osaka Embassy, has built newly independent chapel ”MUSIC HALL WEST” and waiting room. The church looks like a large roof that floats above the pond. With the low roof of the triangular roof, the outside sight can be cut off to ensure privacy and be experienced the rich external environment of the ponds and plants. In addition, in the front of the lobby, the laminated wood latticework, which is also a wind-resistant material and custom glass process makes the interior space symbolic for a wedding. The outside wall of waiting room wall and church use the same material, adjust the scale of feeling, so that the two buildings can be formed a complete view.

information:

year: 2017/11
location: Osaka, Japan
building type: Bridal
BA: 105 sqm / 155 sqm
GFA: 147 sqm / 185 sqm
floor: 1F
structure: RC/S

(photograph)
Daisuke Shima

Suzhou Yuqin Garden

蘇州 裕沁庭  姑苏裕沁庭

December 31st, 2016

concept:
中国 蘇州市における高級住宅街区の計画。
東西2つの街区において、超高層棟とタウンハウスからなる約3200戸で構成される。
中国のライフスタイルを尊重し、かつ日本の住宅仕様や空間性を取り入れた居住環境を目指した。
弧を描きながら配置した建物と緑地帯が緩やかに風景を繋ぎ、古都蘇州に呼応する象徴的な街を実現している。

information:
竣工年:東区 2016年 , 西区 2020年
所在地:中国江蘇省蘇州市
用途:集合住宅
敷地面積:177,490 ㎡(東区 78,127 ㎡, 西区 99,363 ㎡)
延床面積:約60万 ㎡
階:地上31階、地下2階
構造:RC

>> *太倉 裕沁庭 (2016)

(photograph)
積水ハウス(撮影:加納永一)

-------------------------------------

concept:
A project for a housing complex in Suzhou, China.
The project includes plotting 16 ultra-high-rise buildings and townhouses, resulting in a total of about 3,200 dwelling units, on the site divided into two, the east and west sides.
It aims for living environments that incorporate the elements from Japanese housing in them whilst respecting the indigenous lifestyle in China.
The buildings are arranged in arcs with green areas providing gentle connections within the landscape to create a symbolic residential area.

information:
year: East 2016 , West 2020
location: Suzhou, Jiangsu, China
building type: Housing complex
site area:177,490 sqm(East 78,127 sqm , West 99,363 sqm)
GFA: 600,000 sqm
floor: 31F/B2F
structure: RC

>> *Taicang Yuqin Garden (2016)

(photograph)
Sekisui House ( Photographer : Eiichi Kano )

-------------------------------------
concept:
本作品是位于中国苏州的高档住宅街区。
街区的东西方向两侧由超高层公寓以及别墅所组成,共可容纳约3200户住户。
设计在理解中国的居住文化上,融入了日本住宅的品质以及日本空间的独有特性。
沿弧线排列的建筑及其绿化,与周围的风景柔和相连,成为该区域的象征之一。

information:
姑苏裕沁庭
完成:东区 2016 , 西区 2020
地址:中华人民共和国 江苏省 苏州市
用途:公寓
占地面积:177,490 sqm(东区 78,127 sqm , 西区 99,363 sqm)
总楼地板面积:约600,000 sqm
规模:地上31层,地下2层
结构:钢筋混凝土结构

>> *太倉 裕沁庭 (2016)

(photograph)
积水住宅( 摄影师: 加纳永一 )

Taicang Yuqin Garden

太倉 裕沁庭  太仓 裕沁庭

December 30th, 2016

concept:
中国 上海市に隣接する江蘇省太倉市中心地区の集合住宅計画。
葉脈をイメージして舗道をめぐらせた緑豊かなランドスケープの中、柔らかい曲線を描いて住棟を配置し、遠くからでも視認性が高く、ランドマークとなるデザインとした。

information:
竣工年: 2016年
所在地: 中国江蘇省太倉市
用途: 集合住宅
敷地面積: 78,476 ㎡
延床面積: 195,468 ㎡
階数: 地上23階、地下1階
構造: RC

press:
ランドスケープデザイン No.120 2018年 6月号

awards:
2019年中国土木工程詹天佑奖优秀住宅小区金奖 (中国土木工程学会)
上海市優秀住宅工程設計項目一等賞(上海市勘察設計行業協会)
グッドデザイン賞 2018

>> *蘇州 裕沁庭 (2018)

(photograph)
積水ハウス(撮影:加納永一)

-------------------------------------

concept:
A plan for a residential project at the center of Taicang City in Jiangsu Province, adjoining Shanghai.
Paved roads are built in a pattern that resembles leaf veins, through a rich green landscape.
The residential buildings are arranged in a gentle curve that is recognizable from far away. A project that would become a landmark in the area.

information:
year: 2016
location: Taicang, Jiangsu, China
building type: Housing complex
site area: 78,476 ㎡
GFA: 195,468 sqm
floor: 23F/B1F
structure: RC

press:
LANDSCAPE DESIGN No.120 2018/06

awards:
2019 Tien-yow Jeme Civil Engineering Prize (China Civil Engineering Society)
The Excellent Housing Design Award 2018:First Prize (Shanghai Exploration & Design Trade Association
GOOD DESIGN AWARD 2018

>> *Suzhou Yuqin Garden (2018)

(photograph)
Sekisui House ( Photographer : Eiichi Kano )

-------------------------------------

concept:
本作品是位于江苏省太仓市内中心地区的高档住宅区。
如同植物的叶脉一般向四方徐徐延展的景观步道,以及枝繁叶茂的绿化中沿弧线排列的建筑,成为该地区极具识别度的地标。

information:
太仓 裕沁庭
完成: 2016
地址: 中华人民共和国 江苏省 太仓市
用途: 公寓
占地面积: 78,476 sqm
总楼地板面积: 195,468 sqm
规模: 地上23层,地下1层
结构: 钢筋混凝土结构

press:
LANDSCAPE DESIGN No.120 2018/06

awards:
2019年中国土木工程詹天佑奖优秀住宅小区金奖 (中国土木工程学会)
2018年度上海市优秀住宅工程设计项目一等奖 (上海市勘察设计行业协会)
GOOD DESIGN AWARD 2018

>> *苏州 裕沁庭 (2018)

(photograph)
积水住宅( 摄影师: 加纳永一 )

Island City Teriha Terrace Forest Casa

アイランドシティ 照葉テラス フォレストカーサ

July 22nd, 2016

concept:

敷地は、人口島である福岡アイランドシティ。
南側の緑地を囲むように配置された分譲集合住宅であり、最上階の大きな庇、奥行3mのバルコニーは、陰影のある、彫りの深い表情を生みだしている。
人工木による縦桟手摺は、部材向きをランダムとすることで、シンプルな構成のファサードとしながら、単調な表情とならない工夫をしている。
エントランスは木を基調とした落ち着いた空間とし、水盤を渡り、緑へと続くシークエンスを計画している。

information:

竣工年:2016年7月
所在地:福岡県福岡市
用途:集合住宅
建築面積:1450㎡
延床面積:8720㎡
階:地上8階
構造:RC造

collaboration:
醇建築まちづくり研究所
メイ建築研究所

press:
新建築 2018/11別冊 "臨海住宅地の誕生 - 福岡市のシーサイドももちとアイランドシティを通じて考える"

awards:
第11回建築九州賞 奨励作品

(photograph)
ハシモト写真


concept:

The site is a part of an artificial island, Fukuoka island-city.
The housing complex, sited to surround a green space in the south part of the site, owns an exterior design profitably textured with lights and shadows rendered by its broad overhanging eaves and balconies of 3m depth.
The sequence of handrails with randomly arranged vertical frames, finished with artificial wood, executes a simple but notable façade. The entrance space decorated with wood relates with the pathway across a basin to the verdant foliage.

information:

year: 2016/7
location: Fukuoka, Japan
building type: Condominium
BA: 1450㎡
GFA: 8720㎡
floor: 8F
structure: RC

collaboration:
JUN Architectural Regional Planning Consultants 
M.A.Y.ARCHITECTS OFFICE

press:
SHINKENCHIKU 2018/11 Extra issue "The Birth of Seaside Residential Area"

awards:
Encouragement Award in the 11th Kenchiku-Kyushu Award

(photograph)
Hashimoto Photograph

PROUDCITY KAGA GAKUEN-DORI

プラウドシティ加賀学園通り

March 31st, 2016

concept:

板橋区加賀1丁目に建つ363戸の分譲集合住宅。
加賀という地名は加賀藩前田家の下屋敷があったことに由来する。
この大規模集合住宅のデザインにあたり、加賀に因んだ和の要素を取り入れた。
居住者が住まいに愛着を感じられるよう、遠くから見ても、自分の「いえ」を視認しやすくするため、全体の統一感を守りつつも、住戸毎にデザインを少しずつ変え、生活が街に表出する外観としている。
また住棟に挟まれた中庭には武蔵野の自然林を彷彿させる緑豊かな庭を設けた。この庭は地域の方も四季の彩りを見て楽しめるようゲートをガラスとし、またセキュリティを部分的に解除することで、地域の方を招いてイベントを行えるよう配慮している。

information:

竣工年:2016年3月
所在地:東京都 板橋区
用途:集合住宅
建築面積:4,586.67㎡
延床面積:33,388.45㎡
階:地上15階
構造:RC造一部S造

award:

グッドデザイン賞 2017

(photograph)
川澄・小林研二写真事務所

concept:

A large condominium building comprised of 363 units in Kaga, Itabashi-ku, was designed by incorporating the essence of Japanese culture and using the exterior as a dynamic expression of an individual lifestyle. The unique design of the building helps residents identify their unit even from far away. In addition, green curtain walls can be installed by using the hooks found on each balcony to make the units even more distinguishable from one another. The inner court features lush greenery evocative of the natural forests of Musashino.

information:

year: 2016/3
location: Tokyo, Japan
building type: Condominium
BA: 4,586.67㎡
GFA: 33,388.45㎡
floor: 15F
structure: RC/S

award:

Good Design Award 2017

(photograph)
Kawasumi Kobayashi Kenji Photograph Office

Avadina Hills Phuket

Avadina Hills Phuket

September 1st, 2015

concept:

プーケット西海岸の分譲別荘群開発計画。40エーカーの広大な敷地に21棟の別荘を計画、最初の1棟がショービラとして完成した。
ハイエンドなリゾートプロジェクトが多数進行するプーケットにおいても、大胆な空間構成と、同時に日本の緻密な建設技術に裏打ちされた繊細なディテールデザインに於いて、際立った計画である。

information:

竣工年:2015年8月
所在地:タイ国プーケット島
用途:分譲別荘
建築面積:-
延床面積:1,782㎡
階:地上2階 地下1階
構造:RC造一部S造

collaboration:

KAJIMA DESIGN
ORIGINAL VISION

award:
14th Thailand Property Awards 2019 - Best Luxury Housing Development (Phuket) / Best Housing Development (2019 Thailand)

press:
I'm home. No.109 2021/01

(photograph)
FOTOTECA



concept:

Development of private villas on the west coast of Phuket. 21 luxurious villas are spaciously laid out over 40 acres of land. Completion of the whole development scheduled around 2020, this villa opened in advance as a “show villa” for previewing. Among countless high-end resort developments in Phuket, this project will stand out for the boldness and intensity in its space design, along with its delicate and sophisticated details accomplished by reliable construction techniques.

information:

year: 2015/8
location: Phuket, Thailand
building type: Villa Development
BA: -
GFA: 1,782㎡
floor: 2F/B1F
structure: RC/S

collaboration:

KAJIMA DESIGN
ORIGINAL VISION

award:
14th Thailand Property Awards 2019 - Best Luxury Housing Development (Phuket) / Best Housing Development (2019 Thailand)

press:
I'm home. No.109 2021/01

(photograph)
FOTOTECA

Saito Area #54 Green Space Administration Building

彩都地区54号緑地管理棟

November 1st, 2014

concept:

山間に開発されたニュータウン、彩都地区における緑地管理を目的とした公園施設。また、管理機能にとどまらず、地域のコミュニティ施設、集会所、子育て支援施設等、フレキシブルな機能に対応する事がもとめられた。斜面すれすれ、三角形の敷地に戸建住宅を思わせる2方片流れの三角屋根を3つ並べ、リズミカルなシルエットでまとめる事で、背景の山並みに調和させながら、住宅地域からの眺望確保にも配慮している。室内からは大阪平野が一望できるよう、南側は雁行したガラス開口と、ガラス手摺のバルコニーで構成され、建物が丘の上に浮かんでいるかのように持ち出した形状とした。

information:

竣工年:2014年11月
所在地:大阪府箕面市
用途:緑地管理棟
建築面積:620㎡
延床面積:583㎡
階数:地上1階
構造:S造

(photograph)
UR

concept:

This is a park facility designed to manage the green areas in the newly developed town areas of the mountains. It attempts to respond the flexible features such as local community facilities, meeting venues, childcare facilities and more. Tilted slopes and three shed roofs give the impression that it is a detached house on a triangular site, through a rhythmic silhouette, reconciled with the background mountains and considered securing views from residential areas. You can browse on the view of the Osaka Plain from inside. The flying-geese glass openings and a glass handrail balcony are on the south side. The building looks like floating on the mountains.

information:

year: 2014/11
location: Osaka, Japan
building type: Administration Building
BA: 620 sqm
GFA: 583 sqm
floor: 1F
structure: S

(photograph)
UR

Nakano Campus Building No.2, Tokyo Polytechnic University

東京工芸大学中野キャンパス2号館

March 1st, 2014

concept:

住宅密集地に建つ大学校舎。エントランス部には近隣に開かれたゲートとして、上部を緑化した大きな庇を設けた。その下に置かれたガラス張りのメディアラウンジは、大学の活動を見せるショーケースとして機能する。地下1 階に設けた、中庭と一体となった「プレイス」は、学生が食事、展示、創作活動などの様々な活動に利用できる空間である。

information:

竣工年:2014年3月
所在地:東京都 中野区
用途:大学
建築面積:992.37㎡
延床面積:3,622㎡
階:地上4階、地下1階
構造:S/RC/SRC造

>> *東京工芸大学中野キャンパス3号館 (2011)

(photograph)
川澄・小林研二写真事務所

concept:

A university located in a densely-built residential area. Large eaves covered with greenery at the entrance is provided as an open gate to the neighborhood, and the glazed Media Lounge under the eaves behaves as a "show case" of university's activity. The "Place", integrated with the Court Yard, on the basement floor is a space which prepared for the various student activities such like dining, exhibitions, and creations.

information:

year: 2014/3
location: Tokyo, Japan
building type: University
BA: 992.37㎡
GFA: 3,622㎡
floor: 4F/B1F
structure: S/RC/SRC

>> *Nakano Campus Building No.3, Tokyo Polytechnic University (2011)

(photograph)
Kawasumi Kenji Kobayashi Photo Office

Fujisawa Clinic

藤沢の診療所

June 1st, 2013

concept:

某企業の生産施設内診療所である。
防災拠点として質実剛健な佇まいを目指し、壁式RC造の頑強な建物とした。
外観は“壁”と“屋根”のシンプルな構成である。
建物をL型に囲う高さ1.9mの壁が、壁外からの視線を制御し、ハイサイドライトから光のみ取り入れる。
同時に壁内には、落ち着いた中庭を創出した。
昨今、医療施設へのメンタルケアニーズの高まりに対し、木、光や視線の操作による居心地の良さを追求した。

information:

竣工年: 2013年
所在地: 神奈川県 藤沢市
用途: 診療所
建築面積: 515㎡
延床面積: 479㎡
階: 地上1階
構造: RC造

(photograph)
川澄・小林研二写真事務所



concept:

A clinic located inside of the production facility of a certain company.
The appearance is a simple composition of “walls” and “roof”, and substantial building of the wall-type RC structures with the aim of disaster prevention facilities that shapes simplicity and fortitude.
The L-shaped wall of 1.9m height is to control the line of sight from the outside, and take in only the natural light from the high-side.
On the other hand, we created a calmed courtyard on the inner side of the wall.
Nowadays, to the increasing demand of mental care to medical facilities, we investigated the coziness by controlling the line of sight, natural light, and the wood materials.

information:

year: 2013
location: Kanagawa, Japan
building type: Clinic
BA: 515㎡
GFA: 479㎡
floor: 1F
structure: RC

(photograph)
Kawasumi Kenji Kobayashi Photo Office

Vanke Kunshan Project

万科昆山プロジェクト

March 13th, 2013

concept:

上海近郊、上海蟹で有名な陽澄湖の広大な湿地帯に計画された12タイプの別荘群。水辺を敷地の中まで呼び込み、自然界にみられる分岐や伸縮、浮遊、屈折などの生態にインスピレーションを受け、周囲の生態系に溶け込むような建物をめざした。

information:

竣工年: 進行中
所在地: 中国 昆山市
用途: 住宅/集合住宅
建築面積: ---
延床面積: 約70万㎡
階: 住宅:地上2階地下1階/集合住宅:地上4階
構造: RC造一部S造



concept:

A second house project featuring 12 design types for the vast wetlands area around Yangcheng Lake, a lake in the suburbs of Shanghai that is famous for its crab.
The designs bring the waterside world inside the site, using techniques inspired by natural processes such as branching, expanding, shrinking, floating, and bending.
A project with buildings that blend into the ecology of the surrounding area.

information:

year: in progress
location: Kunshan, China
building type: Residence/Apartment
BA: ---
GFA: 700,000㎡
floor: Residence:2F/B1F Apartment:4F
structure: RC/S

Nifco Technology Development Center

ニフコ技術開発センター

February 28th, 2013

concept:

豊かな緑が残る北側は前面ガラスカーテンウォールと立体的な吹抜の構成による開放的な空間とし、日射の強い南側はダブルスキンで太陽熱を空調に利用している。
南北の異なる環境を活かし、居住性と環境負荷低減を両立させる建築を目指した。

information:

竣工年: 2013年
所在地: 神奈川県 横須賀市
用途:研究施設
建築面積: 3,546㎡
延床面積:14,442㎡
階: 地上7階、地下1階
構造: S造+RC造+SRC造

award:

平成25年度 第57回 神奈川建築コンクール 優秀賞 (神奈川県)
平成25年度 第5回よこすか景観賞 景観デザイン部門 (横須賀市)
第27回 日経ニューオフィス賞推進賞 (NOPA 一般社団法人ニューオフィス推進協会)

(photograph)
川澄・小林研二写真事務所



concept:

The north side features open spaces with a high atrium and a glass curtain wall facade looking out on abundant greenery, while the south side features a double skin to utilize heat from the strong sunlight for air conditioning.
Taking advantage of the differing environments on the north and south sides, the architecture aims for enhanced habitability and a lower environmental load.

information:

year: 2013
location: Kanagawa, Japan
building type: Research Institute
BA: 3,546㎡
GFA: 14,442㎡
floor: 7F/B1F
structure: S+RC+SRC

award:

The 57th Kanagawa Architecture Concours 2013 Excellent Award (Kanagawa Prefectural Government)
The 5th Yokosuka Urban Design Award 2013 (Yokosuka City)
The 27th Nikkei New Office Promotion Award (New Office Promotion Association)

(photograph)
Kawasumi Kenji Kobayashi Photo Office

FineFlats Kuzuha The Residence

ファインフラッツ樟葉 ザ・レジデンス

March 1st, 2012

concept:

スクエアな敷地に馴染むよう住棟をコの字型に配置し、外周に対しては住宅の開⼝部やバルコニーを解放的に設え、構造部材のサイズや形状を吟味することで⼒強さと繊細さを表現するファサードとした。建物に囲まれた中庭空間は住宅への単純なアクセスだけではなく、回廊や集会室、⽔盤を絡めたランドスケープを施すことで、⾃然環境を楽しみながら移動し、時には⼈々のコミュニティ形成の場となるような空間デザインとしている。

information:

竣工年:2012年3月
所在地:大阪府枚方市
用途:集合住宅
建築面積:2,322㎡
延床面積:9,102㎡
階数:地下1階、地上5階
構造:RC造

(photograph)
坂倉建築研究所

concept:

In order to blend the square-shaped site, the house is configured in a U-shape, which the opening portion of the house and the balcony are open at the periphery, and the appearance of strength and slimness are expressed through careful review of the size and shape of the structural member. The courtyard space surrounded by the building is not only a gateway to housing, but also a landscape design connected with corridors, meeting rooms and water features. It can be enjoyed while the movement of the natural environment and is also a communication place for residents.

information:

year: 2012/3
location: Osaka, Japan
building type: housing complex
BA: 2,322㎡
GFA: 9,102㎡
floor: 5F/B1F
structure: RC

(photograph)
Sakakura Associates

Nakano Campus Building No.3, Tokyo Polytechnic University

東京工芸大学中野キャンパス3号館

February 28th, 2011

concept:

都心の狭小地に立地する大学のため、日影規制や斜線制限で生まれるセットバック部を共用空間として立体的に構成する「都市型立体キャンパス」を提案。
外装には、ひねり加工をしたアルミルーバーにより、熱環境負荷の低減と、隣地への視線の制御を行っている。

information:

竣工年: 2011年
所在地: 東京都 中野区
用途: 大学
建築面積: 1,532㎡
延床面積: 5,815㎡
階: 地上5階、地下1階
構造: S造一部SRC造

award:

グッドデザイン賞 2011

>> *東京工芸大学中野キャンパス2号館 (2014)

(photograph)
川澄・小林研二写真事務所



concept:

The university is located on a circumscribed site in the city center.
While complying with sunlight and slope regulations, the proposal for a “three-dimensional urban campus” utilizes the required setbacks as common space.
The exterior cladding of aluminum louvers with twist processing reduces the thermal environmental load and controls the line of sight to adjacent properties.

information:

year: 2011
location: Tokyo, Japan
building type: University
BA: 1,532㎡
GFA: 5,815㎡
floor: 5F/B1F
structure:S/SRC

award:

Good Design Award 2011

>> *Nakano Campus Building No.2, Tokyo Polytechnic University (2014)

(photograph)
Kawasumi Kenji Kobayashi Photo Office

Azabu Gardens

麻布ガーデンズ

March 6th, 2010

concept:

豊富な緑と共に建つ、都心の集合住宅。
外国人の居住を想定したグローバルな価値観を有しながら、日本的な空間性や意匠を取り入れている。
開放的かつ立体的な空間構成により、敷地内外に寄与する長期的価値を備えた生活環境を実現した。
日本の集合住宅として初の米国LEED認証取得物件。

information:

竣工年: 2010年
所在地: 東京都 港区
用途: 集合住宅
建築面積: 819㎡
延床面積: 5,272㎡
階: 地上5階、地下2階
構造: RC造

award:

グッドデザイン賞 2010
平成23年度 港区景観街づくり賞
平成23年度 港区みどりの街づくり賞

(photograph)
ナカサアンドパートナーズ



concept:

An apartment building intended for foreign residents of Japan, located in a quiet residential district in central Tokyo.
While sharing global values and envisaging the residential style of foreign residents, the building incorporates the spatial features and design philosophy of Japan.
This was the first Japanese housing project to obtain American LEED certification.

information:

year: 2010
location: Tokyo, Japan
building type: Apartment
BA: 819 sqm
GFA: 5,272 sqm
floor: 5F/B2F
structure:RC

award:

Good Design Award 2010
Minato Urban Design Award 2011
Minato Green Urban Design Award 2011

(photograph)
Nacasa & Partners