information / インフォメーション

company pfofile / 会社概要

Blog / ブログ

works / ワークス


May 28th, 2018


News
最新情報

 


Latest Works
最新作品

 


Works List
作品一覧

 


Company Information
会社概要

 


Recruit
採用情報






***

2018.10

2018年度 グッドデザイン賞

October 3rd, 2018

*海岸2丁目計画
*太倉 裕沁庭

が 2018年度 グッドデザイン賞 を受賞しました。

>> GOOD DESIGN AWARD [ 海岸2丁目計画 ]
>> GOOD DESIGN AWARD [ 太倉 裕沁庭 ]


*Kaigan 2-chome Project
*Taicang Yuqin Garden

won the GOOD DESIGN AWARD 2018.

>> GOOD DESIGN AWARD [ Kaigan 2-chome Project ]
>> GOOD DESIGN AWARD [ Taicang Yuqin Garden ]

2018.9

「建築家・坂倉準三 パリ‐東京 : 生き続ける建築」展

September 6th, 2018

アンスティチュ・フランセ東京(日仏学院東京) にて、
「建築家・坂倉準三 パリ‐東京 : 生き続ける建築」展が開催されています。
2018年9月6日(木)~10月21日(日)

Exhibition "J. SAKAKURA ARCHITECTE PARIS – TOKIO : une architecture vivante"
is being held in Institut français du Japon – Tokyo
Through September 6, 2018 – October 21, 2018

>> Detail

2018.7

太倉 裕沁庭 - 上海市優秀住宅工程設計項目一等賞

July 11th, 2018

太倉 裕沁庭が、
上海市優秀住宅工程設計項目一等賞(上海市勘察設計行業協会)に選出されました。

Taicang Yuqin Garden
won The Excellent Housing Design Award 2018:First Prize,
SHANGHAI EXPLORATION & DESIGN TRADE ASSOCIATION.

太仓 裕沁庭
2018年度上海市优秀住宅工程设计项目一等奖, 上海市勘察设计行业协会.

>> Detail

Taicang Yuqin Garden

Taicang Yuqin Garden

2018.6

「建築からまちへ 1945-1970 戦後の都市へのまなざし」展

June 10th, 2018

国立近現代建築資料館にて、
「平成30年度収蔵品展 建築からまちへ 1945-1970 戦後の都市へのまなざし」展が開催されています。
(2017年6月10日-2017年9月10日)

坂倉準三が携わった渋谷や新宿などの都市計画が紹介されています。

Exhibition "Collection Showcase 2018 From Architecture to Urbanism 1945-1970 Perspectives on Urban Design in the Postwar Era"
is being held in National Archives of Modern Architecture, Agency for Cultural Affairs.
Through June 6, 2018 – September 9, 2018

Contents of Shibuya, Shinjuku and other urban design projects Junzo Sakakura envisaged are also featured.

>> Detail

2018.5

近代建築 2018年5月号

May 10th, 2018

海岸2丁目計画
近代建築 2018年5月号 に掲載されました。

Kaigan 2-chome Project
appeared in " KINDAI KENCHIKU " May. 2018.

>> Detail

Kaigan 2-chome Project

海岸2丁目計画

May 5th, 2018

concept:

都心の運河に面した唯一無二の立地。
メゾネット住戸・ファミリータイプ住戸等のバリエーションを、単に階別に水平展開するのではなく、立体展開する。
運河対岸の引きの視線に対して「都心特有のとても小さな賃貸住戸の反復」を感じさせてしまうのではなく、立面の複雑性が住戸同士の境目を消失させるような効果を生み出す。
運河側の大梁を千鳥状に抜き、2層分のスケールのストラクチャーとした点が設計の最大の特徴である。
意匠と構造が統合された設計により、新たな水辺の景観とライフスタイルを実現する空間構築の、合理的なプロトタイプの提案を目指した。

information:

竣工年:2018年
所在地:東京都港区
用途:集合住宅
建築面積:459㎡
延床面積:4198㎡
階数:地上12階
構造:RC造

awards:
グッドデザイン賞 2018

(photograph)
SS東京

concept:

A housing complex project on a rare location which faces a canal in the middle of Tokyo.
The intentional removal of girders on the canal side makes the most notable characteristic of this project and made it possible to integrate its design with the structure.
The habitats are not simply arranged in a monotonous manner, but instead, each of them fills the floors not only horizontally but also vertically to create a rather complex composition that almost as if to blur the boundary lines between the units and avoids to have a look of a repeating pattern of elements in its outward appearance.
This apartment building could be a prototype of a space composition of varied unit types for various residents and their lifestyles as well as being a new part of the waterside scenery.

information:

year: 2018
location: Tokyo, Japan
building type: housing complex
BA: 459 m2
GFA: 4198 m2
floor: 12F
structure: RC

awards:
GOOD DESIGN AWARD 2018

(photograph)
SS Tokyo

Seismic Isolation Retrofit of The Kanagawa Prefecture Government New Building

神奈川県庁新庁舎 免震改修+増築

April 28th, 2018

concept:

本計画の目的は、災害時における事業継続性の強化である。東日本大震災を機に耐震・津波対策として、既存3庁舎共に地下の電気関係室を地上に再配置した。新庁舎は地上にエネルギーセンター棟を増築した後、地下1階柱頭免震化を行い駐車場に改変した。併せて地上階の既存不適格分改修及び設備更新を行った。これらを居ながら工事で業務を継続し引越しを繰返す複雑な計画となった。
エネルギーセンター棟は電気関係室を3,4階に新設、下部に津波の避難場所となるぺデストリアンデッキを設置、本庁舎キングの塔を正面に望む新たな都市景観が生まれた。
このたび、仮に1棟が被災しても他庁舎からの電源がバックアップ可能となった。横浜の歴史的景観の継承と同時に、非常時の冗長性を備える庁舎に改変することも本計画の特徴である。

information:

竣工年:2018年
所在地:神奈川県
用途:県庁舎
建築面積:4,257㎡
延床面積:42,081㎡
階数:地下1階 地上13階 塔屋2階
構造:SRC造一部S造(エネルギーセンター棟:S造一部SRC造)

collaboration:
構造計画研究所

press:
新建築 2018年 4月号

>> *神奈川県庁本庁舎・第二分庁舎 改修 (2018)
>> *神奈川県庁第二分庁舎 (1993)
>> *神奈川県庁新庁舎 (1966)

(photograph)
小川重雄

concept:

information:

year: 2018
location: Kanagawa, Japan
building type: Prefectural office building
BA: 4,257 sqm
GFA: 42,081 sqm
floor: B1F/13F/Penthouse2F
structure: SRC+S (Energy Center Building: S+SRC)

collaboration:
KOZO KEIKAKU ENGINEERING Inc.

press:
SHINKENCHIKU April. 2018.

>> *Renewal of The Kanagawa Prefecture Government Main Building and The Second Annex (2018)
>> *Kanagawa New Prefectural Offices (1993)
>> *New Administration Office of The Kanagawa Prefecture (1966)

(photograph)
Shigeo Ogawa

Renewal of the Kanagawa Prefecture Government Main Building and The Second Annex

神奈川県庁本庁舎・第二分庁舎 改修

April 28th, 2018

concept:
(第二分庁舎改修工事)
本建物は平成2年に弊社にて設計された県庁舎である。耐震・津波対策として地下電気関係室と受水槽を地上へ再配置し、耐震性を強化するため制振ダンパーの設置を行った。また、内装改修、サッシ改修なども併せて行う計画となった。
(本庁舎電気室棟・受水槽棟新築工事)
津波対策として本庁舎中庭内に設備棟を別棟で増築し、電気関係室、受水槽を想定浸水高さより上へ配置する計画。また、本庁舎建物についても衛生設備(便所)、空調設備の改修を行った。

information:
竣工年:2018年
所在地:神奈川県
用途:県庁舎
建築面積:3,151㎡ / 1,248㎡
延床面積:18,388㎡ / 14,244㎡
階数:地下1階 地上5階 塔屋4階 / 地下2階 地上9階 塔屋1階
構造:SRC造、一部RC造 / SRC造、一部S造

collaboration:
構造計画研究所

press:
新建築 2018年 4月号

>> *神奈川県庁新庁舎 免震改修+増築 (2018)
>> *神奈川県庁第二分庁舎 (1993)
>> *神奈川県庁新庁舎 (1966)

(photograph)
神奈川県
小川重雄

concept:

information:
year: 2018
location: Kanagawa, Japan
building type: Prefectural office building
BA: 3,151 sqm / 1,248 sqm
GFA: 18,388 sqm / 14,244 sqm
floor: B1F, 5F, Penthouse4F / B2F, 9F, Penthouse1F
structure: SRC, RC / SRC, S

collaboration:
KOZO KEIKAKU ENGINEERING Inc.

>> *Seismic Isolation Retrofit and Extension of The Kanagawa Prefecture Government New Building (2018)
>> *Kanagawa New Prefectural Offices (1993)
>> *New Administration Office of The Kanagawa Prefecture (1966)

(photograph)
Kanagawa Prefecture
Shigeo Ogawa

2018.4

婦人画報 2018年6月号

April 28th, 2018

熱海S邸が、婦人画報 No.1379 2018年6月号 に掲載されました。
Atami S Residence appeared in “FUJINGAHO” No.1379 June. 2018.
>> Detail

Atami S Residence

Atami S Residence