information / インフォメーション

company pfofile / 会社概要

Blog / ブログ

works / ワークス

2011 -

ISUZU PLAZA

ISUZU PLAZA

October 18th, 2017

concept:

いすゞ自動車創立80周年記念事業の一環として計画された企業ミュージアム。
敷地はいすゞ自動車藤沢工場の隣接地。
当方設計のものづくりサービストレーニングセンターとPLAZA annexの3棟を同一敷地に配置している。
「運ぶを支える」「くるまづくり」「歴史」の3つのテーマゾーンを有機的に関連付けるため、2層の展示室中央に大きな吹抜けを設け、スキップフロアの断面形式を採用。
3階には来客をもてなすための質感の高い会議室と応接室を大きな屋上緑化に開いた形で設けた。
大空間が求められる建物構成に対して鉄骨V字柱を採用し、合理的架構とダイナミックな外観を実現。
工場の歴史と共にこの地を見守ってきた桜の大樹を残した外部空間と相まって、いすゞと地域がつながるオープンな環境を創出した。

information:

竣工年:2017年4月
所在地:神奈川県藤沢市
用途:展示場
建築面積:3163.95㎡
延床面積:5884.43㎡
階:地上3階
構造:S造

(photograph)
川澄・小林研二写真事務所

concept:

This is a corporate museum planned as one part for Isuzu Motors’80th anniversary commemoration project.
The site is adjacent to Isuzu Fujisawa factory.
It is on the same site with Isuzu Monozukuri Service Training Center and PLAZA annex.
In order to organically attach three theme zones of “Support for Carrying”, “Car-making” and “History” we adopted open spaces centering on the void and cross-sectional form of the skip floor on the 2nd floor of the exhibition space.
The conference room and the reception on the 3rd floor are designed with highquality texture and opened to the large rooftop landscape for entertaining the guests.
V-shaped Steel columns are adopted for the building structure for providing large space.
Realizing rational structure and dynamic external appearance at the same time.
Our design left the existed big cherry that has guarded this region with the history of the factory. An open environment is created by connecting with Isuzu and this region.

information:

year: 2017/4
location: Kanagawa, Japan
building type: Museum
BA: 3163.95㎡
GFA: 5884.43㎡
floor: 3F
structure: S

(photograph)
Kawasumi・Kobayashi Kenji Photograph Office

PLAZA annex

PLAZA annex

October 10th, 2017

concept:

いすゞの教育研修拠点であるものづくりサービストレーニングセンター(当方設計)に世界各地、日本全国から訪れるいすゞグループの研修生に宿泊してもらうための施設であり、一般向けのビジネスホテルとしても機能する宿泊施設。
隣接するISUZU PLAZA(当方設計)からも利用できるランドスケープに開かれたカフェと食堂を1階に設け活気ある場を形成。
客室はツインルーム39室で構成し、快適な二人使いのために3点セットのユニットバスでは無くセパレートされた水廻りとし勉強のしやすいロングカウンターを設けた。
最上階(7階)にはシャワーブースのみの客室を補完する共同の浴場を設け、懇親に使える畳敷きの「富士の間」を配置。ここからは隣接するいすゞの工場と富士山を望むことが出来る。

information:

竣工年:2017年4月
所在地:神奈川県藤沢市
用途:ホテル
建築面積:531.73㎡
延床面積:2009.89㎡
階:地上7階
構造:S造

(photograph)
川澄・小林研二写真事務所

concept:

This accommodation is a facility not only open to Isuzu group world-wide trainees from Isuzu Monozukuri Service Training Center (designed by SAKAKURA ASSOCIATES),but also open to general public as a business hotel.
A café and cafeteria are on the 1st floor sharing the same landscape view with the corporate museum, ISUZU PLAZA (designed by SAKAKURA ASSOCIATES). The site provides a dynamic ambience for users.
Guest rooms are consisted of 39 twin-room type rooms. All of them have separate toilet with bathroom instead of “unit bath”. The long counter for each room is easy for users as a learning space.
Large shared bathroom is situated on the top floor (7th floor) to complement the rooms with only shower booths. Also here has a room with spread tatami mats can also be used for social gathering and relaxation. We call this place “Fuji no ma” where users can get a panoramic view of the neighboring Isuzu Fujisawa factory and Mt. Fuji from here.

information:

year: 2017/4
location: Kanagawa, Japan
building type: Hotel
BA: 531.73㎡
GFA: 2009.89㎡
floor: 7F
structure: S

(photograph)
Kawasumi・Kobayashi Kenji Photograph Office

Special Nursing Home SHIMACHOU HANANOSATO

特別養護老人ホーム 島町花の郷

August 21st, 2017

concept:

さいたま市内の住宅地に建つ定員144名の特別養護老人ホーム。バルコニーの斜め軒天と横格子手摺を建物四周に回すことで、どの方角から見ても表裏が無く認識しやすいこの街のランドマークとなるような外観デザインとした。1階の地域交流スペースは様々なイベントが出来るよう障子で自由に仕切れるフレキシブルな空間とした。2~4階は入居者の居住空間があり、天井高さに変化をつけて住宅のスケール感に近づけることで、介護士の働きやすい環境を整えながらも親しみやすい居住空間を目指した。内装には事業主の故郷である高知県の木材を天井や手摺で多用し、上品でありながらも木の香りがする親しみやすい空間とした。

information:

竣工年:2017年2月
所在地:埼玉県さいたま市
用途:特別養護老人ホーム
建築面積:1647.51㎡
延床面積:6198.86㎡
階:地上4階
構造:S造

(photograph)
川澄・小林研二写真事務所

concept:

This building is a special nursing home with a capacity of 144 people located in residential areas in Saitama. By turning the diagonal ceiling of the balcony and the horizontal grid handrail all around the building, we designed the appearance to be the landmark of this city which is easy to recognize without any obverse side looking from any direction. The space on the1st floor where local residents can also use corresponded to make various events possible by making it a flexible space that can be freely partitioned by "SHOJI". The 2nd to 4th floors are living space. We changed the height of the ceiling variously in order to bring it closer to the scale feeling of the house. We aimed for a familiar living space while setting up an easy-to-work environment for caregivers. We used a lot of wood from KOCHI prefecture, the hometown of client, on the ceiling and handrails. We made a familiar space that is elegant and still smells of wood.

information:

year: 2017/2
location: Saitama, Japan
building type: Special Nursing Home
BA: 1647.51㎡
GFA: 6198.86㎡
floor: 4F
structure: S

(photograph)
Kawasumi・Kobayashi Kenji Photograph Office

Villa M

M邸

August 21st, 2017

concept:

豊かな緑に囲繞された洋風別荘。そこで過ごす穏やかな、日常の喧騒とは対極的な時間を、重厚かつ静的な佇まいで表現した。土地特有の地表面湿度に対し特徴的除湿対策を施し、大地との接地性が高い叙情的外観を創出した。また、特注アイアン製照明や、格子窓、材料の素材感を、優雅さと現代性の釣り合いの中で纏め上げた。

information:

竣工年:2016年7月
所在地:長野県 北佐久郡
用途:個人住宅
建築面積:223㎡
延床面積:224㎡
階:地上1階
構造:木造一部S造

(photograph)
小川重雄写真事務所

concept:

The western-style villa situates among the rich greenery. The steady and static appearance expresses the calm and gentle time opposite to everyday life. Characteristic dehumidification measures against land-specific humidity of ground were applied to create a lyrical appearance compatible with the ground. Custom made iron-made lighting, wooden latticed windows, material texture combines elegance and modernity.

information:

year: 2016/7
location: Nagano, Japan
building type: Private Residence
BA: 223㎡
GFA: 224㎡
floor: 1F
structure: W/S

(photograph)
Shigeo Ogawa

Oiso Town Museum of History Exhibition Renewal

大磯町郷土資料館 展示リニューアル

June 30th, 2016

concept:

2013年、県立大磯城山公園(旧三井別邸跡地)に旧吉田茂邸跡地が統合されたのを機に、1988年に開館した大磯町郷土資料館の展示リニューアルを行った。大磯の別荘文化を軸に展示内容のキュレーションに踏み込んだ提案として「三井別邸 城山荘」の欄間部材が京都・安井杢工務店に保管されていることを発掘、同社とのコラボレーションによりエントランスホールに復元展示を実現した。

information:

竣工年:2016年6月
所在地:神奈川県大中郡大磯町
用途:展示施設
建築面積:-
延床面積:-
階:地上2階、地下2階
構造:RC造

collaboration
空環計画研究所

(photograph)
小川重雄写真事務所

concept:

-

information:

year: 2016/6
location: Kanagawa, Japan
building type: Museum
BA: -
GFA: -
floor: 2F/B2F
structure: RC

collaboration
SPACE ENVIRONMENT PLANNING INSTITUTE

(photograph)
Shigeo Ogawa

Omiya-koen Station

大宮公園駅

May 5th, 2016

concept:

大宮駅から2駅目の東武大宮公園駅の駅舎の建て替え。旧駅舎のイメージを継承して屋根のある平屋の駅舎とした。
駅前には大きなヒマラヤスギがあり、その木が駅のロータリーの中心となるように配棟した。
駅周辺には様々な文化施設があり、それらの観光の拠点となるようインフォメーションスペースを設けている。屋根は天然スレート、軒は木、壁は煉瓦タイルと素材に特徴があるが、駅周辺にある様々な文化施設から素材のイメージを引用して地域に馴染んた建物を目指した。

information:

竣工年:2016年4月
所在地:埼玉県さいたま市
用途:駅舎
建築面積:376㎡
延床面積:227㎡
階:地上1階
構造:RC造一部S造

(photograph)
スズキスタジオ

concept:

---

information:

year: 2016/4
location: Saitama, Japan
building type: Station
BA: 376㎡
GFA: 227㎡
floor: 1F
structure: RC/S

(photograph)
Suzuki Studio

PROUDCITY KAGA GAKUEN-DORI

プラウドシティ加賀学園通り

March 31st, 2016

concept:

板橋区加賀1丁目に建つ363戸の分譲集合住宅。
加賀という地名は加賀藩前田家の下屋敷があったことに由来する。
この大規模集合住宅のデザインにあたり、加賀に因んだ和の要素を取り入れた。
居住者が住まいに愛着を感じられるよう、遠くから見ても、自分の「いえ」を視認しやすくするため
全体の統一感を守りつつも、住戸毎にデザインを少しずつ変え、生活が街に表出する外観としている。
また住棟に挟まれた中庭には武蔵野の自然林を彷彿させる緑豊かな庭を設けた。
この庭は地域の方も四季の彩りを見て楽しめるようゲートをガラスとし、またセキュリティを部分的に解除することで
地域の方を招いてイベントを行えるよう配慮している。

information:

竣工年:2016年3月
所在地:東京都 板橋区
用途:集合住宅
建築面積:4,586.67㎡
延床面積:33,388.45㎡
階:地上15階
構造:RC造一部S造

(photograph)
川澄・小林研二写真事務所

concept:

A large condominium building comprised of 363 units in Kaga, Itabashi-ku, was designed by incorporating the essence of Japanese culture and using the exterior as a dynamic expression of an individual lifestyle. The unique design of the building helps residents identify their unit even from far away. In addition, green curtain walls can be installed by using the hooks found on each balcony to make the units even more distinguishable from one another. The inner court features lush greenery evocative of the natural forests of Musashino.

information:

year: 2016/3
location: Tokyo, Japan
building type: Condominium
BA: 4,586.67㎡
GFA: 33,388.45㎡
floor: 15F
structure: RC/S

(photograph)
Kawasumi Kobayashi Kenji Photograph Office

House K

K邸

December 1st, 2015

concept:

南側に墓地の緑が広がる住宅地に建つ。
軒を大きく伸ばすことで、日射遮蔽効果を上げるとともに、都会の喧騒の中で軽快な外観の印象を創出している。
恒久的な緑を享受するため、1Fの暖炉を中心としたリビングダイニングは13mのスパンのSRC梁を掛け、
鉄骨ポストで鉛直荷重のみを負担させることで、ワイドビューを確保した開放的な空間を目指した。

information:

竣工年:2015年11月
所在地:東京都渋谷区
用途:個人住宅
建築面積:192㎡
延床面積:523㎡
階:地上2階 地下1階
構造:RC造一部SRC造

(photograph)
小川重雄

concept:

A house located infront of cemetary green. The large eaves protect from sunlight and impress lightweight appearance in bustle of a large city.
To get the green wide view from the living room which has a fireplace in the center on 1st floor, the structure is a 13m span SRC beam and small steel posts to support the vertical load.

information:

year: 2015/11
location: Tokyo, Japan
building type: Private Residence
BA: 192㎡
GFA: 523㎡
floor: 2F/B1F
structure: RC/SRC

(photograph)
Shigeo Ogawa

Y HOUSE

Y邸

November 21st, 2015

concept:

“建築と庭”をテーマに六甲山の借景も含め敷地全体を余すところなく使い計画した住宅。
建物により分割された庭はエリアにより異なる趣を持ち、大きなガラス窓と吹抜けにより外部も含め水平、垂直に繋がれた大きな一続きの内部空間に様々な表情を与える。吹抜けに面して広がる小さなコンサートホールはこの住宅のもう1つのテーマとなっている。

information:

竣工年:2015年10月
所在地:兵庫県
用途:個人住宅
建築面積:339㎡
延床面積:564㎡
階:地上2階 地下1階
構造:RC造一部S造

(photograph)
ヴィブラフォト 浅田美浩



concept:

A private house commanding a panoramic view of the Rokko mountain range. In this house, the building and the gardens are inseparable from each other. Divided by the building, the gardens have varied characters according to the sizes and the locations. Connected horizontally and vertically through large glass windows and the open atrium, there’s no boundary between the rooms, the gardens and even the scenery far beyond. Small “concert hall” around the atrium is another main feature of this house.

information:

year: 2015/10
location: Hyogo, Japan
building type: Private House
BA: 339㎡
GFA: 564㎡
floor: 2F/B1F
structure: RC/S

(photograph)
ViBRAphoto YOSHIHIRO ASADA

Karuizawa Y Residence

軽井沢Y邸

September 1st, 2015

concept:

カラマツとモミジに囲まれた週末住宅。リビングスペースは上階へ持ち上げ、木々の葉や通り抜ける風を間近に共有する。
一方、寝室や浴室を含むプライベートスペースは90度向きを変えて下階の渡り廊下より接続し、樹影を受ける伸びやかな土地に浮かぶ。
豊かな自然に場を挿入し、その環境を存分に享受する住居を目指した。

information:

竣工年:2015年9月
所在地:長野県 北佐久郡
用途:個人住宅
建築面積:282㎡
延床面積:330㎡
階:地上2階
構造:RC造一部S造

(photograph)
小川重雄

concept:

The residence situates among the larch and maple trees. Locating its living space on the upper floor achieves to provide the residents the opportunity to feel close to nature with surrounding foliage and the wind through it. Adjacently the private spaces, including bedrooms and bathrooms, are connected perpendicularly to the lower floor and their volumes float above the spacious ground patterned with the shadows of trees. Placed carefully into such environment with rich nature, the residence is able to fully receive the benefit from it.

information:

year: 2015/9
location: nagano, Japan
building type: Private Residence
BA: 282㎡
GFA: 330㎡
floor: 2F
structure: RC/S

(photograph)
Shigeo Ogawa