information / インフォメーション

company pfofile / 会社概要

Blog / ブログ

works / ワークス

housing complex

Kaigan 2-chome Project

海岸2丁目計画

May 5th, 2018

concept:

都心の運河に面した唯一無二の立地。
メゾネット住戸・ファミリータイプ住戸等のバリエーションを、単に階別に水平展開するのではなく、立体展開する。
運河対岸の引きの視線に対して「都心特有のとても小さな賃貸住戸の反復」を感じさせてしまうのではなく、立面の複雑性が住戸同士の境目を消失させるような効果を生み出す。
運河側の大梁を千鳥状に抜き、2層分のスケールのストラクチャーとした点が設計の最大の特徴である。
意匠と構造が統合された設計により、新たな水辺の景観とライフスタイルを実現する空間構築の、合理的なプロトタイプの提案を目指した。

information:

竣工年:2018年
所在地:東京都港区
用途:集合住宅
建築面積:459㎡
延床面積:4198㎡
階数:地上12階
構造:RC造

(photograph)
SS東京

concept:

A housing complex project on a rare location which faces a canal in the middle of Tokyo.
The intentional removal of girders on the canal side makes the most notable characteristic of this project and made it possible to integrate its design with the structure.
The habitats are not simply arranged in a monotonous manner, but instead, each of them fills the floors not only horizontally but also vertically to create a rather complex composition that almost as if to blur the boundary lines between the units and avoids to have a look of a repeating pattern of elements in its outward appearance.
This apartment building could be a prototype of a space composition of varied unit types for various residents and their lifestyles as well as being a new part of the waterside scenery.

information:

year: 2018
location: Tokyo, Japan
building type: housing complex
BA: 459 m2
GFA: 4198 m2
floor: 12F
structure: RC

(photograph)
SS Tokyo

GRANDE MAISON YAMAASHIYA

グランドメゾン山芦屋

May 1st, 2017

concept:

六甲山系の麓、大阪湾を望む斜面地に、かつて沢山の木々に囲まれた1軒の御屋敷があり、そのいかにも芦屋らしい従前の佇まいを継承しながら、なるべく地形に手を加えない方針で計画した22戸の集合邸宅。造成は最小限に、地上に見える建物ボリュームを抑え、出来るだけ既存の植栽を残すようにした。残念ながらこれらの木々はあまり残らなかったが、道路沿いや敷地内空地には至る所に植栽を施し、南側のファサード(基壇部)やアプローチ部分には石積みと植栽と御影の石段等でその佇まいを演出した。敷地南東側の道路沿いにある一際大きな石積みは従前からここにあったもの、西側道路沿いの石積みも既存の積み石を再利用して再現したものである。

information:

竣工年:2017年5月
所在地:兵庫県芦屋市
用途:集合住宅
建築面積:1,045㎡
延床面積:3,901㎡
階:地上3階、地下2階
構造:RC造

media:

近代建築 2018年3月号

(photograph)
伸和

concept:

At the foot of Mt. Rokko, you can look out on the slopes of Osaka Bay. There is an apartment surrounded by lots of trees. It inherits the former Ashiya style as much as possible and plans to develop 22 houses without terrain damage. In order to minimized development and suppress the visibility of the building volume on the ground, it leaves the existing plants as much as possible. Unfortunately, these trees won’t be left too much, but it will be planted along empty spaces in roads and open spaces, with stonework, plantation and granite steps on the southern façade and entrance. The large-scale stonework on the southeastern side of the block has been from the past and the stonework on the west side was reproduced by reusing existing stones.
information:

year: 2017/5
location: Hyogo,Japan
building type: Housing complex
BA: 1,045㎡
GFA: 3,901㎡
floor: 3F/B2F
structure: RC

media:

KINDAIKENCHIKU 2018/3

(photograph)
Shinwa

Suzhou Yuqin Garden

蘇州 裕沁庭

December 31st, 2016

concept:
中国 蘇州市における高級住宅街区の計画。
東西2つの街区において、超高層棟とタウンハウスからなる約3200戸で構成される。
中国のライフスタイルを尊重し、かつ日本の住宅仕様や空間性を取り入れた居住環境を目指した。
弧を描きながら配置した建物と緑地帯が緩やかに風景を繋ぎ、象徴的な街を実現している。

information:
竣工年:2016年
所在地:中国江蘇省蘇州市
用途:集合住宅
延床面積:約60万㎡
階:地上31階、地下2階
構造:RC

>> *太倉 裕沁庭 (2016)

(photograph)
加納永一

-------------------------------------

concept:
A planning project for a housing complex in Suzhou, China.
The project includes plotting 16 ultra-high-rise buildings and townhouses, resulting in a total of about 3,200 dwelling units, on the site divided into two, the east and west sides.
It aims for living environments that incorporate the elements from Japanese housing in them whilst respecting the indigenous lifestyle in China.
The buildings are arranged in arcs with green areas providing gentle connections within the landscape to create a symbolic residential area.

information:
year: 2016
location: Suzhou, Jiangsu, China
building type: Housing complex
GFA: 600,000㎡
floor: 31F/B2F
structure: RC

>> *Taicang Yuqin Garden (2016)

(photograph)
Eiichi Kano

-------------------------------------

concept:
本作品是位于中国苏州的高档住宅街区。
街区的东西方向两侧由超高层公寓以及别墅所组成,共可容纳约3200户住户。
设计在理解中国的居住文化上,融入了日本住宅的品质以及日本空间的独有特性。
沿弧线排列的建筑及其绿化,与周围的风景柔和相连,成为该区域的象征之一。

information:
完成:2016
地址:中华人民共和国 江苏省 苏州市
用途:公寓
总楼地板面积:约600,000m2
规模:地上31层,地下2层
结构:钢筋混凝土结构

>> *太倉 裕沁庭

(photograph)
加纳永一

Taicang Yuqin Garden

太倉 裕沁庭

December 30th, 2016

concept:
中国 上海市に隣接する江蘇省太倉市中心地区の集合住宅計画。
葉脈をイメージして舗道をめぐらせた緑豊かなランドスケープの中、柔らかい曲線を描いて住棟を配置し、遠くからでも視認性が高く、ランドマークとなるデザインとした。

information:
竣工年:2016年
所在地:中国江蘇省太倉市
用途:集合住宅
延床面積:195,468㎡
階:地上23階、地下1階
構造:RC

press:
ランドスケープデザイン No.120 2018年 6月号

>> *蘇州 裕沁庭 (2016)

(photograph)
加納永一

-------------------------------------

concept:
A plan for a residential project at the center of Taicang City in Jiangsu Province, adjoining Shanghai.
Paved roads are built in a pattern that resembles leaf veins, through a rich green landscape.
The residential buildings are arranged in a gentle curve that is recognizable from far away. A project that would become a landmark in the area.

information:
year: 2016
location: Taicang, Jiangsu, China
building type: Housing complex
GFA: 195,468㎡
floor: 23F/B1F
structure: RC

press:
LANDSCAPE DESIGN No.120 2018/06

>> *Suzhou Yuqin Garden (2016)

(photograph)
Eiichi Kano

-------------------------------------

concept:
本作品是位于江苏省太仓市内中心地区的高档住宅区。
如同植物的叶脉一般向四方徐徐延展的景观步道,以及枝繁叶茂的绿化中沿弧线排列的建筑,成为该地区极具识别度的地标。

information:
完成:2016
地址:中华人民共和国 江苏省 太仓市
用途:公寓
总楼地板面积:195,468m2
规模:地上23层,地下1层
结构:钢筋混凝土结构

press:
LANDSCAPE DESIGN No.120 2018/06

>> *苏州 裕沁庭

(photograph)
加纳永一

Island City Teriha Terrace Forest Casa

アイランドシティ 照葉テラス フォレストカーサ

July 22nd, 2016

concept:

敷地は、人口島である福岡アイランドシティ。
南側の緑地を囲むように配置された分譲集合住宅であり、最上階の大きな庇、奥行3mのバルコニーは、陰影のある、彫りの深い表情を生みだしている。
人工木による縦桟手摺は、部材向きをランダムとすることで、シンプルな構成のファサードとしながら、単調な表情とならない工夫をしている。
エントランスは木を基調とした落ち着いた空間とし、水盤を渡り、緑へと続くシークエンスを計画している。

information:

竣工年:2016年7月
所在地:福岡県福岡市
用途:集合住宅
建築面積:1450㎡
延床面積:8720㎡
階:地上8階
構造:RC造

collaboration:

醇建築まちづくり研究所
メイ建築研究所

(photograph)
ハシモト写真

concept:

The site is a part of an artificial island, Fukuoka island-city.
The housing complex, sited to surround a green space in the south part of the site, owns an exterior design profitably textured with lights and shadows rendered by its broad overhanging eaves and balconies of 3m depth.
The sequence of handrails with randomly arranged vertical frames, finished with artificial wood, executes a simple but notable façade. The entrance space decorated with wood relates with the pathway across a basin to the verdant foliage.

information:

year: 2016/7
location: Fukuoka, Japan
building type: Condominium
BA: 1450㎡
GFA: 8720㎡
floor: 8F
structure: RC

collaboration:

JUN Architectural Regional Planning Consultants 
M.A.Y.ARCHITECTS OFFICE

(photograph)
Hashimoto Photograph

PROUDCITY KAGA GAKUEN-DORI

プラウドシティ加賀学園通り

March 31st, 2016

concept:

板橋区加賀1丁目に建つ363戸の分譲集合住宅。
加賀という地名は加賀藩前田家の下屋敷があったことに由来する。
この大規模集合住宅のデザインにあたり、加賀に因んだ和の要素を取り入れた。
居住者が住まいに愛着を感じられるよう、遠くから見ても、自分の「いえ」を視認しやすくするため、全体の統一感を守りつつも、住戸毎にデザインを少しずつ変え、生活が街に表出する外観としている。
また住棟に挟まれた中庭には武蔵野の自然林を彷彿させる緑豊かな庭を設けた。この庭は地域の方も四季の彩りを見て楽しめるようゲートをガラスとし、またセキュリティを部分的に解除することで、地域の方を招いてイベントを行えるよう配慮している。

information:

竣工年:2016年3月
所在地:東京都 板橋区
用途:集合住宅
建築面積:4,586.67㎡
延床面積:33,388.45㎡
階:地上15階
構造:RC造一部S造

award:

グッドデザイン賞 2017

(photograph)
川澄・小林研二写真事務所

concept:

A large condominium building comprised of 363 units in Kaga, Itabashi-ku, was designed by incorporating the essence of Japanese culture and using the exterior as a dynamic expression of an individual lifestyle. The unique design of the building helps residents identify their unit even from far away. In addition, green curtain walls can be installed by using the hooks found on each balcony to make the units even more distinguishable from one another. The inner court features lush greenery evocative of the natural forests of Musashino.

information:

year: 2016/3
location: Tokyo, Japan
building type: Condominium
BA: 4,586.67㎡
GFA: 33,388.45㎡
floor: 15F
structure: RC/S

award:

Good Design Award 2017

(photograph)
Kawasumi Kobayashi Kenji Photograph Office

ADONIS

ADONIS

March 1st, 2015

concept:

歴史を感じさせる町、本郷に建つ集合住宅。スケール感を落とした構成と、一枚ごとに表情の異なるタイルや木質材料を施した外観により、街並みに調和し年月の中で風合いを増す建物を目指した。
周囲は建物が密集しているため、窓の開け方にメリハリを付け、プライバシーを確保しながら光や風を感じられる快適な住空間を提案している。

information:

竣工年:2015年3月
所在地:東京都 文京区
用途:集合住宅
建築面積:209.12㎡
延床面積:1,496.86㎡
階:地上8階
構造:RC造一部S造

(photograph)
平剛

concept:

We built this apartment complex in Hongo Town where the buildings with their own history exist. The apartment’s exterior achieved to blend into the existing street harmoniously by dividing the building into small volumes and also employing handwork tiles and wooden materials as the external wall finish material. Because of the closely packed surrounding, it have clear distinctions between open and closed spaces, and it creates comfortable living spaces with natural lights and breeze while it keeps residents' privacy.

information:

year: 2015/3
location: Tokyo, Japan
building type: Apartment
BA: 209.12㎡
GFA: 1,496.86㎡
floor: 8F
structure: RC/S

(photograph)
Takeshi Taira

OFUNATO PUBLIC RESTORATION HOUSING

大船渡災害公営住宅

May 31st, 2014

concept:

東日本大震災の被災者のための住宅。
UR都市機構が宇津野沢・平林の2地区まとめてプロポーザルを行い、設計者に選定された。
岩手県におけるUR災害公営住宅の第一号として、基準住戸プランの見直しや基本仕様の策定を行い、
以後の設計施工物件のためのプロトタイプを設計した。
2地区共に軒下空間のある共用玄関を設け、外部空間と一体となった居住者の交流の場を実現している。

information:

竣工年:2014年5月
所在地:岩手県 大船渡市
用途:災害公営住宅
建築面積:624㎡(U)、370㎡(T)
延床面積:1,436㎡(U)、854㎡(T)
階:地上3階
構造:RC造
協同設計:SOY source 建築設計事務所

U=宇津野沢地区(写真右4枚)
T=平林地区(写真左4枚)

concept:

Public restoration housings for people who lost their houses to the Great East Japan Earthquake in the form of a proposal for both Utsunosawa and Tairabayashi area by the Urban Renaissance Agency (UR).
As the first UR's disaster public housing project, the apartment buildings were designed by Sakakura Associates to be prototypes for the following development of recovery in Iwate through the process of revising their general plans and decisions on specifications.
The entrances were designed to be open to the outside, with notable eaves above, to let the residents have comfortable spaces to socialize with each other.

information:

year: 2014/5
location: Iwate, Japan
building type: Public Restoration Housing
BA : 624sqm (U)、370sqm (T)
GFA: 1,436sqm (U)、854sqm (T)
floor: 3F
structure: RC
collaboration: SOY source architects

U=Utunozawa
T=Tairabayashi

THE PARKHOUSE DAIKANYAMA RESIDENCE

ザ・パークハウス代官山レジデンス

December 6th, 2013

concept:

代官山駅徒歩2分の位置にある13階建ての集合住宅。
建物は高層棟と低層棟で構成されており、白い壁面と格子のある壁面で構成された8角形の高層棟は、どの方向から見ても表の印象を作っている。
エントランスホールは木の匂いのする落ち着いた空間で、格子からは光が漏れ時の変化が感じられる。

information:

竣工年:2013年
所在地:東京都 渋谷区
用途:集合住宅
建築面積:342.11㎡
延床面積:2,445.48㎡
階:地上13階、地下1階
構造:RC造

award:

グッドデザイン賞 2014

(photograph)
川澄・小林研二写真事務所



concept:

This building is a condominium located in commercial districts and near residential districts.
This octagonal tower is combined with white walls and lattice into various function.
Even if a person sees it from different direction, it can be seen as the main facade.

information:

year: 2013
location: Tokyo, Japan
building type: Apartment
BA: 342.11㎡
GFA: 2,445.48㎡
floor: 13F/B1F
structure: RC

award:

Good Design Award 2014

(photograph)
Kawasumi Kenji Kobayashi Photo Office

ART COURT WASEDA

アールコート早稲田

July 1st, 2013

concept:

神田川と新目白通りに挟まれた、環境豊かで交通の便の良い場所に位置する集合住宅。
東側には椿山の眺望を楽しむガラスの連続窓、北側には神田川からの風が抜ける手摺、南側には日当たりの良い大きなバルコニーと、ロケーションに合わせてファサードデザインを変えて、都会に居ながらも自然の光や風が感じられる住まいをつくっている。

information:

竣工年: 2013年
所在地: 東京都 新宿区
用途: 集合住宅
建築面積: 565㎡
延床面積: 3,986㎡
階: 地上9階
構造: RC造

award:

グッドデザイン賞 2013

(photograph)
川澄・小林研二写真事務所



concept:

An apartment is easily accessible by public transport and has good nature.
The each façade has each design to take pleasant wind and sunlight into the building.

information:

year: 2013
location: Tokyo, Japan
building type: Apartment
BA: 565㎡
GFA: 3,986㎡
floor: 9F
structure:RC

award:

Good Design Award 2013

(photograph)
Kawasumi Kenji Kobayashi Photo Office