information / インフォメーション

company pfofile / 会社概要

Blog / ブログ

works / ワークス

housing complex

BRANZ Rokubancho

BRANZ 六番町

December 1st, 2019

concept:

千代田区六番町に建つ分譲集合住宅。
六番町は日本有数の邸宅街であるが、近年ではオフィスや商業施設が混在し建物の高層高密化が進んでいる。本計画では、建物を高層化することによって、建物前面にかつてのお屋敷を彷彿させる大きな前庭を創出し、高密度な都市の中に緑豊かな空間を実現させた。
外観は水平な庇を重ねたような彫の深い表情とすることで、和の要素を用いつつ積層する美しさを表現し、六番町に相応しい高層住宅の佇まいをデザインした。

information:

竣工年:2019年 2月
所在地:東京都千代田区
用途:集合住宅
建築面積:585.72 ㎡
延床面積:6,392.96 ㎡
階数:地上15階
構造:RC造一部S造

media:
近代建築 2020/03
建築ジャーナル 東日本版 2020/01

award:
GOOD DESIGN AWARD 2019

(photograph)
SS東京 (1,3,4,5,6,7,8)
坂倉建築研究所 (2)


concept:

information:

year: 2019/02
location: Tokyo, Japan
building type: Housing complex
BA: 585.72 m2
GFA: 6,392.96 m2
floor: 15F
structure: RC / S

media:
KINDAI KENCHIKU 2020/03
KENCHIKU JOURNAL (East Japan Edition) 2020/01

award:
GOOD DESIGN AWARD 2019

(photograph)
SS Tokyo (1,3,4,5,6,7,8)
Sakakura Associates (2)

BRANZ Roppongi Iikurakatamachi

BRANZ 六本木飯倉片町

December 1st, 2019

concept:

港区六本木飯倉片町に建つ分譲集合住宅。
飯倉片町は、変わり続ける六本木という街の中で今もなお歴史・文化の蓄積を色濃く残す場所である。本計画では、エントランスの石積み壁やアイアンワークの照明等、街の風景や歴史を形作る要素により建物内外を細やかにデザインすることで、地域固有の価値観を建築に反映させた。
外観は、石の水平ラインと縦型窓をリズミカルに配置することで建物ボリュームを一体的にまとめ、建物全体が一つの大邸宅のように感じられるデザインとし、六本木の賑わいの中に落ち着きのある住環境を実現した。

information:

竣工年:2019年 2月
所在地:東京都港区
用途:集合住宅
建築面積:1,101.06 ㎡
延床面積:5,523.32 ㎡
階数:地上5階 / 地下1階
構造:RC造

media:
近代建築 2020/03
建築ジャーナル 東日本版 2020/01

(photograph)
坂倉建築研究所 (1)
読売広告社 (2,3)
SS東京 (4,5,6)


concept:

information:

year: 2019/02
location: Tokyo, Japan
building type: Housing complex
BA: 1,101.06 m2
GFA: 5,523.32 m2
floor: 5F / B1F
structure: RC

media:
KINDAI KENCHIKU 2020/03
KENCHIKU JOURNAL (East Japan Edition) 2020/01

(photograph)
Sakakura Associates (1)
Yomiko Advertising (2,3)
SS Tokyo (4,5,6,7)

Prime Maison Egotanomori

プライムメゾン江古田の杜

December 30th, 2018

concept:

江古田の森公園に隣接した敷地における、まちづくりのプロジェクト。子育て世帯向け住宅、高齢者向け住宅、単身者向け住宅、老人ホームといった多種多様な住居に、保育所、学童クラブ、地域開放型レストラン、子育て支援施設、コンビニ、薬局を併設している。
豊かな緑地を有する江古田の杜を保全、拡充させ、まちの外周に環状緑地帯を形成し、「緑のリング」と位置づけた。「緑のリング」は、まちの暮らしを豊かにする地域の共有財産となる。また、地域に開放した共用空間「リブインラボ」をまちの中心に計画。「リブインラボ」は、地域住民の食堂、イベント活動の場、防災時の屋内避難場所等としての機能を担い、エリアマネジメントの拠点となる。人と人、人とまちの結び付きを育み、江古田の杜と共に永く愛されるまちを目指した。

information:

竣工年:2018年8月
所在地:東京都中野区
用途:子育て世帯向け住宅、サービス付き高齢者向け住宅、単身者向け住宅、老人ホーム、保育所、学童クラブ、子育て支援施設、店舗、薬局
建築面積: 6,884 ㎡
延床面積:41,548 ㎡
階数:地下1階、地上14階
構造:S造一部RC造

awards:
都市景観大賞2019 都市空間部門 優秀賞 (「都市景観の日」実行委員会 国土交通省 後援)
第39回 緑の都市賞 国土交通大臣賞 (都市緑化機構, 国土交通省 環境省 東京都 後援)
GOOD DESIGN AWARD 2019 特別賞 / グッドフォーカス賞 [地域社会デザイン]

media:
新建築 2020/02
建築ジャーナル 東日本版 2019/08

(photograph)
川澄・小林研二写真事務所 (1,2,3,5,6,7,8,9,10)
坂倉建築研究所 (4)


concept:

information:

year: 2018/8
location: Tokyo, Japan
building type: condominiums (for childcare household, elderlies, and singles) , nursing homes, restaurant, childcare support facility, convenience store, pharmacy
BA: 6,884 m2
GFA: 41,548 m2
floor: B1F / 14F
structure: S/RC

awards:
The Townscape Award 2019 Urban space category:Excellence Award (Minister of Land, Infrastructure, Transport and Tourism)
39th Green City Award 2019 "Minister of Land, Infrastructure, Transport and Tourism Award" (Organization for Landscape and Urban Green Infrastructure)
GOOD DESIGN AWARD 2019 - Special Award / Good Focus Award [Design of Community Development]

media:
SHINKENCHIKU 2020/02
KENCHIKU JOURNAL (East Japan Edition) 2019/08

(photograph)
Kawasumi - Kobayashi Kenji Photograph Office (1,2,3,5,6,7,8,9,10)
Sakakura Associates (4)

TSI Shinjuku Tower

TSI 新宿タワー

July 25th, 2018

concept:

西新宿に位置する住居、貸しオフィス、商業施設からなる複合ビルの計画。
オーナーが服飾関係者であることから「衣」をコンセプトに外観デザインした。
アルミ縦ルーバー手すりの取り付け角度を変化させながら、建物全体を覆い、光の陰影で布の持つ繊細さと揺らぎを表現した。また足元をウイングで切って、中の機能がかいまみえることで、都市の中に華やかさを「衣」で演出した。 

information:

竣工年:2018年1月
所在地:東京都新宿区
用途:共同住宅 店舗 事務所 倉庫
建築面積: 1,468 ㎡
延床面積:21,310 ㎡
階数:地上24階 / 地下1階
構造:RC造 一部S造
設計・監理 : 積水ハウス 東日本特建支店
デザイン監修 : 坂倉建築研究所

(photograph)
SS東京



concept:

A mixed-use commercial complex including residential and commercial facilities located in among the skyscrapers of Shinjuku area.
The owner is in the apparel industry, which inspired the concept of “clothing” for the exterior.
The whole building was covered with multiple vertical slats with different mounting angles, and the delicacy and movement of fabrics were expressed by shadow or absence of light. By cutting the base area in a wing shape and offering a glimpse of the functions inside, the city’s splendor was staged as “clothing”.

information:

year: 2018/01
location: Tokyo, Japan
building type: Housing complex, Commercial, Shared office, storage
BA : 1,468 sqm
GFA: 17,000 sqm
floor: 24F / B1F
structure: RC / S
Design and construction supervision : Sekisui House, LTD. East Japan-Tokken Building Project Branch
Design supervision : Sakakura Associates

(photograph)
SS Tokyo

Kaigan 2-chome Project - Canal Front Shibaura

海岸2丁目計画 (カナルフロント芝浦)

May 5th, 2018

concept:

都心の運河に面した唯一無二の立地。
メゾネット住戸・ファミリータイプ住戸等のバリエーションを、単に階別に水平展開するのではなく、立体展開する。
運河対岸の引きの視線に対して「都心特有のとても小さな賃貸住戸の反復」を感じさせてしまうのではなく、立面の複雑性が住戸同士の境目を消失させるような効果を生み出す。
運河側の大梁を千鳥状に抜き、2層分のスケールのストラクチャーとした点が設計の最大の特徴である。
意匠と構造が統合された設計により、新たな水辺の景観とライフスタイルを実現する空間構築の、合理的なプロトタイプの提案を目指した。

information:

竣工年:2018年
所在地:東京都港区
用途:集合住宅
建築面積:459㎡
延床面積:4198㎡
階数:地上12階
構造:RC造

awards:
グッドデザイン賞 2018

(photograph)
SS東京

concept:

A housing complex project on a rare location which faces a canal in the middle of Tokyo.
The intentional removal of girders on the canal side makes the most notable characteristic of this project and made it possible to integrate its design with the structure.
The habitats are not simply arranged in a monotonous manner, but instead, each of them fills the floors not only horizontally but also vertically to create a rather complex composition that almost as if to blur the boundary lines between the units and avoids to have a look of a repeating pattern of elements in its outward appearance.
This apartment building could be a prototype of a space composition of varied unit types for various residents and their lifestyles as well as being a new part of the waterside scenery.

information:

year: 2018
location: Tokyo, Japan
building type: housing complex
BA: 459 m2
GFA: 4198 m2
floor: 12F
structure: RC

awards:
GOOD DESIGN AWARD 2018

(photograph)
SS Tokyo

Garden Block Minamiaoyama

ガーデンブロック南青山

April 30th, 2018

concept:

表参道交差点の賑わいから少し奥まった閑静な低層住宅街に建つ賃貸集合住宅。
計画地の南側が高台のため、崖下隣地の既存樹林を借景として取り込む計画とした。
各階の外部共用廊下に面する中庭は、自然光,自然換気,(避難,法的緩和措置) に寄与し、緑豊かな周辺環境に寄り添う空間を目指した。

information:

竣工年:2018年
所在地:東京都港区
用途:集合住宅
建築面積:118 ㎡
延床面積:380 ㎡
階数:地上4階
構造:RC造

(photograph)
新井隆弘

concept:

A project for a rental apartment built in a quiet, low-rise residential area where recessed back from the bustle of the Omotesando .
We planned to borrow the neighboring garden to make it work as a landscape where sitting at the bottom of the hill to the south side of the site.
The courtyard facing the external common corridor on each floor contributes to acquire natural light, natural ventilation, (evacuation, legal mitigation action), and aiming at a space snuggling up to the surrounding green environment.

information:

year: 2018
location: Tokyo, Japan
building type: housing complex
BA: 118 sqm
GFA: 380 sqm
floor: 4F
structure: RC

(photograph)
Takahiro Arai

Grande Maison Yamaashiya

グランドメゾン山芦屋

May 1st, 2017

concept:

六甲山系の麓、大阪湾を望む斜面地に、かつて沢山の木々に囲まれた1軒の御屋敷があり、そのいかにも芦屋らしい従前の佇まいを継承しながら、なるべく地形に手を加えない方針で計画した22戸の集合邸宅。造成は最小限に、地上に見える建物ボリュームを抑え、出来るだけ既存の植栽を残すようにした。残念ながらこれらの木々はあまり残らなかったが、道路沿いや敷地内空地には至る所に植栽を施し、南側のファサード(基壇部)やアプローチ部分には石積みと植栽と御影の石段等でその佇まいを演出した。敷地南東側の道路沿いにある一際大きな石積みは従前からここにあったもの、西側道路沿いの石積みも既存の積み石を再利用して再現したものである。

information:

竣工年:2017年5月
所在地:兵庫県芦屋市
用途:集合住宅
建築面積:1,045㎡
延床面積:3,901㎡
階:地上3階、地下2階
構造:RC造

media:

近代建築 2018年3月号

(photograph)
伸和

concept:

At the foot of Mt. Rokko, you can look out on the slopes of Osaka Bay. There is an apartment surrounded by lots of trees. It inherits the former Ashiya style as much as possible and plans to develop 22 houses without terrain damage. In order to minimized development and suppress the visibility of the building volume on the ground, it leaves the existing plants as much as possible. Unfortunately, these trees won’t be left too much, but it will be planted along empty spaces in roads and open spaces, with stonework, plantation and granite steps on the southern façade and entrance. The large-scale stonework on the southeastern side of the block has been from the past and the stonework on the west side was reproduced by reusing existing stones.
information:

year: 2017/5
location: Hyogo,Japan
building type: Housing complex
BA: 1,045 sqm
GFA: 3,901 sqm
floor: 3F/B2F
structure: RC

media:

KINDAIKENCHIKU 2018/03

(photograph)
Shinwa

Suzhou Yuqin Garden

蘇州 裕沁庭

December 31st, 2016

concept:
中国 蘇州市における高級住宅街区の計画。
東西2つの街区において、超高層棟とタウンハウスからなる約3200戸で構成される。
中国のライフスタイルを尊重し、かつ日本の住宅仕様や空間性を取り入れた居住環境を目指した。
弧を描きながら配置した建物と緑地帯が緩やかに風景を繋ぎ、古都蘇州に呼応する象徴的な街を実現している。

information:
竣工年:東区 2016年 , 西区 2020年
所在地:中国江蘇省蘇州市
用途:集合住宅
敷地面積:177,490 ㎡(東区 78,127 ㎡, 西区 99,363 ㎡)
延床面積:約60万 ㎡
階:地上31階、地下2階
構造:RC

>> *太倉 裕沁庭 (2016)

(photograph)
積水ハウス(撮影:加納永一)

-------------------------------------

concept:
A project for a housing complex in Suzhou, China.
The project includes plotting 16 ultra-high-rise buildings and townhouses, resulting in a total of about 3,200 dwelling units, on the site divided into two, the east and west sides.
It aims for living environments that incorporate the elements from Japanese housing in them whilst respecting the indigenous lifestyle in China.
The buildings are arranged in arcs with green areas providing gentle connections within the landscape to create a symbolic residential area.

information:
year: East 2016 , West 2020
location: Suzhou, Jiangsu, China
building type: Housing complex
site area:177,490 sqm(East 78,127 sqm , West 99,363 sqm)
GFA: 600,000 sqm
floor: 31F/B2F
structure: RC

>> *Taicang Yuqin Garden (2016)

(photograph)
Sekisui House ( Photographer : Eiichi Kano )

-------------------------------------

concept:
本作品是位于中国苏州的高档住宅街区。
街区的东西方向两侧由超高层公寓以及别墅所组成,共可容纳约3200户住户。
设计在理解中国的居住文化上,融入了日本住宅的品质以及日本空间的独有特性。
沿弧线排列的建筑及其绿化,与周围的风景柔和相连,成为该区域的象征之一。

information:
完成:东区 2016 , 西区 2020
地址:中华人民共和国 江苏省 苏州市
用途:公寓
占地面积:177,490 sqm(东区 78,127 sqm , 西区 99,363 sqm)
总楼地板面积:约600,000 sqm
规模:地上31层,地下2层
结构:钢筋混凝土结构

>> *太倉 裕沁庭 (2016)

(photograph)
积水住宅( 摄影师: 加纳永一 )

Taicang Yuqin Garden

太倉 裕沁庭

December 30th, 2016

concept:
中国 上海市に隣接する江蘇省太倉市中心地区の集合住宅計画。
葉脈をイメージして舗道をめぐらせた緑豊かなランドスケープの中、柔らかい曲線を描いて住棟を配置し、遠くからでも視認性が高く、ランドマークとなるデザインとした。

information:
竣工年: 2016年
所在地: 中国江蘇省太倉市
用途: 集合住宅
敷地面積: 78,476 ㎡
延床面積: 195,468 ㎡
階数: 地上23階、地下1階
構造: RC

press:
ランドスケープデザイン No.120 2018年 6月号

awards:
2019年中国土木工程詹天佑奖优秀住宅小区金奖 (中国土木工程学会)
上海市優秀住宅工程設計項目一等賞(上海市勘察設計行業協会)
グッドデザイン賞 2018

>> *蘇州 裕沁庭 (2018)

(photograph)
積水ハウス(撮影:加納永一)

-------------------------------------

concept:
A plan for a residential project at the center of Taicang City in Jiangsu Province, adjoining Shanghai.
Paved roads are built in a pattern that resembles leaf veins, through a rich green landscape.
The residential buildings are arranged in a gentle curve that is recognizable from far away. A project that would become a landmark in the area.

information:
year: 2016
location: Taicang, Jiangsu, China
building type: Housing complex
site area: 78,476 ㎡
GFA: 195,468 sqm
floor: 23F/B1F
structure: RC

press:
LANDSCAPE DESIGN No.120 2018/06

awards:
2019 Tien-yow Jeme Civil Engineering Prize (China Civil Engineering Society)
The Excellent Housing Design Award 2018:First Prize (Shanghai Exploration & Design Trade Association
GOOD DESIGN AWARD 2018

>> *Suzhou Yuqin Garden (2018)

(photograph)
Sekisui House ( Photographer : Eiichi Kano )

-------------------------------------

concept:
本作品是位于江苏省太仓市内中心地区的高档住宅区。
如同植物的叶脉一般向四方徐徐延展的景观步道,以及枝繁叶茂的绿化中沿弧线排列的建筑,成为该地区极具识别度的地标。

information:
完成: 2016
地址: 中华人民共和国 江苏省 太仓市
用途: 公寓
占地面积: 78,476 sqm
总楼地板面积: 195,468 sqm
规模: 地上23层,地下1层
结构: 钢筋混凝土结构

press:
LANDSCAPE DESIGN No.120 2018/06

awards:
2019年中国土木工程詹天佑奖优秀住宅小区金奖 (中国土木工程学会)
2018年度上海市优秀住宅工程设计项目一等奖 (上海市勘察设计行业协会)
GOOD DESIGN AWARD 2018

>> *苏州 裕沁庭 (2018)

(photograph)
积水住宅( 摄影师: 加纳永一 )

Island City Teriha Terrace Forest Casa

アイランドシティ 照葉テラス フォレストカーサ

July 22nd, 2016

concept:

敷地は、人口島である福岡アイランドシティ。
南側の緑地を囲むように配置された分譲集合住宅であり、最上階の大きな庇、奥行3mのバルコニーは、陰影のある、彫りの深い表情を生みだしている。
人工木による縦桟手摺は、部材向きをランダムとすることで、シンプルな構成のファサードとしながら、単調な表情とならない工夫をしている。
エントランスは木を基調とした落ち着いた空間とし、水盤を渡り、緑へと続くシークエンスを計画している。

information:

竣工年:2016年7月
所在地:福岡県福岡市
用途:集合住宅
建築面積:1450㎡
延床面積:8720㎡
階:地上8階
構造:RC造

collaboration:
醇建築まちづくり研究所
メイ建築研究所

press:
新建築 2018/11別冊 "臨海住宅地の誕生 - 福岡市のシーサイドももちとアイランドシティを通じて考える"

awards:
第11回建築九州賞 奨励作品

(photograph)
ハシモト写真


concept:

The site is a part of an artificial island, Fukuoka island-city.
The housing complex, sited to surround a green space in the south part of the site, owns an exterior design profitably textured with lights and shadows rendered by its broad overhanging eaves and balconies of 3m depth.
The sequence of handrails with randomly arranged vertical frames, finished with artificial wood, executes a simple but notable façade. The entrance space decorated with wood relates with the pathway across a basin to the verdant foliage.

information:

year: 2016/7
location: Fukuoka, Japan
building type: Condominium
BA: 1450㎡
GFA: 8720㎡
floor: 8F
structure: RC

collaboration:
JUN Architectural Regional Planning Consultants 
M.A.Y.ARCHITECTS OFFICE

press:
SHINKENCHIKU 2018/11 Extra issue "The Birth of Seaside Residential Area"

awards:
Encouragement Award in the 11th Kenchiku-Kyushu Award

(photograph)
Hashimoto Photograph